タグ:食材・料理 ( 191 ) タグの人気記事

6月の様々な教室が無事終了しました☆

いつにも増して忙しくしている6月・・
気が付けば既に後半に突入していました;

ふりかえってみると・・・
今月の「文京アカデミー」も大盛況のうちに
無事終了しました。
「中部イタリアの伝統家庭料理」が
テーマでした。
受講生の皆さまは、お料理好きな方が多く、
それぞれ5名ずつ4つの調理台に分かれての
実習でしたが、時間内にすべてのグループが
3品を美味しく仕上げてくださいました。
来月も満員御礼となっております。
ありがとうございます。

そして、今月の「よみうりカルチャーえびす」のほうも
シリーズになっている「イタリアンで常備食」が
楽しい講座となりました。
ご参加の皆さま、毎回ご協力ありがとうございます。

さて、その合間に教室レッスン・・・
トスカーナ料理をテーマに行いました。

☆アンティパストのレバーのブルスケッタ
a0154793_17331187.jpg

復習レシピのトマトのブルスケッタと
盛り付けると彩が良いですね~

☆ズッキーニのリピエーニ
a0154793_17355914.jpg

旬のズッキーニの詰め物料理も好評でした。
(仕入れ状況で、黄色の可愛いズッキーニで作ったクラスもありました)
今月のドルチェはアンティパストが数品あったので、
時間の関係上、カンタンなビスコッティを作りました。
お決まりのヴィンサント(トスカーナ州の甘口ワイン)を添えたり、
チョコレートソースを添えたりしてみました。

以上、なんだか備忘録・・・
もっとまめにサクサクッと、短めなブログが望ましいデスネ(-_-;)

いそがしさに目が回った?今月もあと少し・・・
梅雨明けが待ち遠しいですね☆
[PR]

by isolala | 2016-06-23 17:58 | 料理・食材 | Trackback

バッサーノアスパラの保存食☆

5月の教室レッスンで使ったバッサーノアスパラ
の認証タグを並べて撮ってみました~
a0154793_1734557.jpg

アスパラのイラストの上の丸いマークは
DOP(原産地保護呼称)の印です。
アスパラは太ゴムで束ねられていることが多いのですが、
これは若柳の小枝で束ねてあるんですよ~

念のため余分に取り寄せたバッサーノアスパラ・・
食べてなくなるのがもったいなくて^^
ソットアチェート(酢漬け)にしてみました。
a0154793_17393756.jpg

a0154793_1740513.jpg

タグを処分するのも淋しいので、勝手に飾ったりして・・
大胆なアスパラ親善大使?でしょ(笑)
a0154793_17323050.jpg


ときどき眺めて頃合いを見計らって・・
試食する楽しみができました☆
[PR]

by isolala | 2016-06-01 17:44 | 教室の様子・メニュー | Trackback

バッサーノアスパラ親善大使?

今月の教室レッスンはアスパラ祭り・・・のような盛り上がりでした。
というのも、教室のコースメニューが、
アスパラづくしだったのです。

「5月はアスパラ料理にしま~す♪」と生徒さまに宣言して
月初めにイタリアに旅立ったのです。

イタリアのヴェネト州にあるバッサーノ・デル・グラッパ(以下バッサーノと表示)
に行く前は、なるべく見つけやすい食材を使うのを良しとしている
イゾラーラなので、北海道のホワイトアスパラを使うつもりでした。
ですが、
小さな町バッサーノで、あまりにもお世話になった方に
「「日本のシェフ向けに輸出してるよ~」
と聞いたので・・・・その時のようすはコチラ☆
今回は輸入業者さんに問い合わせ、取り寄せてみました。

☆バッサーノデルグラッパ産アスパラ
a0154793_1291770.jpg

イタリアで見たあのアスパラが、我が家に!
よく来たね~と感慨深いものがありました。

この際、アスパラをゴロンゴロンと入れて作ってみましたよ~
☆ホワイトアスパラのリゾット
a0154793_1313219.jpg

アルデンテのお米と柔らかいアスパラが
控えめに使ったバターとチーズでまとまってくれます。

メイン料理をテーブルの真ん中に置いて~
各自茹で卵をお皿に取り分けてくずし、ソースを作っていきます・・・
ベネツィアのロベルタ宅で習った、この作業を
皆さんも楽しんでくださいました。

☆アスパラと卵のバッサーノ風
a0154793_12593988.jpg

甘い香りのアスパラは柔らかく、後味に少し残る苦みの
バランスもよく美味しい・・・大好評でした。

で、今月のレッスンは、旅行帰りの私の熱弁からハジマリ(笑)
アスパラ祭りのようになったのデス。
レッスン中、生徒さんがつけてくれたあだ名は「アスパラ親善大使」
アスパラにそれほど強い思い入れがあったわけでもないのに、
旅行から帰ってきてからずっとアスパラ三昧^^

今月は、バッサーノアスパラをどのクラスにも調達できて、
ホッとしました☆

そして、バッサーノ産アスパラのタグを捨てられません・・・
写真に撮ったので、次回アップしますね。

アスパラ大使のブログはあと一回続きます~
[PR]

by isolala | 2016-05-31 20:10 | Trackback

バッサーノのホワイトアスパラ見学②

旅行記の続きです。


2016年5月4日
アスパラ農家で、収穫の様子を見学した後、
ディレットーレはアスパラを束ねたものを持って
組合の工房に連れて行ってくださった。
下の写真は・・
☆バッサーノデルグラッパ産アスパラにDOP(保護原産地呼称)の
タグがつけられる瞬間・・
a0154793_21421693.jpg

これで完成品となり、出荷ok☆
a0154793_835982.jpg

工房の中を見学し、帰り際に「フィレンツェの友人にお土産にしたいから」と、
アスパラを買わせていただいた。
車で市場に戻る途中、ベネト州にはラディッキオタルティーボなど興味深い
野菜があることが話題になると「あっ、それも市場で扱ってるから
秋に来たら案内してあげるよ~」と、どこまでも明るく親切だった。
「チェントロ(中心地)まで送っていけなくてごめんね~
車を返さなくちゃいけないんだ」とすまなそうに言った。

市場からチェントロまで20分位、ホワイトアスパラを抱えて歩いていると
途中で後ろから、自転車にのったディレットーレが
「チャオ~またね~♪」と手を振りながら通り過ぎて行った。

広場の近くのリストランテで遅いランチをした。
ホワイトアスパラを使ったアンティパストとパスタを注文してみた。
どれも美味しかった。
メニューのメイン料理の欄には
「ホワイトアスパラと卵 バッサーノ風」があった。
昨夜、ロベルタの家で料理したものだ☆

駅まで歩き、駅前のバールでお茶をして、
市場や農家に行けたことを話すと、シニョーラも喜んでくださった。
荷物を引き取ってメストレ経由で16時12分のイタロ(特急列車)に乗った。

フィレンツェには18時5分に到着。
友人が住んでいることもあって、
駅に着いたら、ホッっとした☆


フィレンツェの様子はまた次回に~

旅行記つづく・・
[PR]

by isolala | 2016-05-22 21:54 | イタリア旅行’16 | Trackback

筍とそら豆のリゾット☆

今月の教室レッスンは、初日に旬菜レシピとして
たけのこ料理を加えました。
☆筍とそら豆のリゾット
a0154793_2338327.jpg

思った以上に好評だったため^^
すべてのレッスンで生たけのこを調達しました~
当日は、包丁の入れ方なども説明し、
皮をむいてぬかを入れて煮るところまでをデモンストレーション・・
実際に使うのは前夜に煮て、当日朝に水に
つけておいたものを料理しました。
a0154793_23485140.jpg

茹でたたけのこの切り方、使い分け、
保存方法なども説明し、
和食とイタリアンのコラボレッスン?
生徒の皆さまに喜んでいただけて、
お陰様で充実したレッスンになりました☆
[PR]

by isolala | 2016-04-30 23:50 | 教室の様子・メニュー | Trackback

静岡のトマト「アメーラ!」 

「アメーラ」という名のとっても美味しいトマト・・・
先日、農園訪問ができるチャンスに恵まれ
焼津にあるハウスを見学しました。

アメーラは静岡県で開発された高糖度のこぶりなトマトです。
以前、教室レッスンでも使いました~・・・その時のメニューはコチラ☆
とても甘く爽やかな酸味もあり、
凝縮したトマトの旨味が口いっぱいに広がるのです。
どうしてこんなに美味しいの?と思ってしまいます
・・・・その答えは今回の実地見学ではっきりしました☆

恵まれた自然環境の下・・・清潔なハウスの中で、
最新の技術を生かし「アメーラ」は育てられていました。
まずは苗専用の部屋を見学・・・
a0154793_1253191.jpg

苗の時にこのテラスと呼ばれる場所で大切に育てられます。
農薬を使わず、害虫や病気を防ぎ、
2週間ほど厳しく管理された苗は、この部屋から移動します。
a0154793_129630.jpg

ここで、潅水を最低限度まで抑えて、トマトに厳しさを与えます・・・
その試練に耐えながらトマトは自身を守るために栄養を蓄えます。
結果、甘み酸味を兼ね備えた凝縮したトマトになるそうです。
a0154793_1461552.jpg

何てけなげなんでしょうね・・・アメーラ、えらい!と声をかけてしまいました(笑)


その後アメーラルビンズというミニトマトのハウスも
見学させていただきました。
a0154793_12192754.jpg

近寄ると可愛い実をたくさんつけているのが分かります。
a0154793_12182728.jpg

一通り見学させていただいた後、
「アメーラ」を試食~^^
a0154793_12163525.jpg

パキッとした弾む皮の食感が印象的です。
コクのある甘みや爽やかな酸味が絶妙で・・・
アメーラと言う言葉の意味を思い出します~
静岡弁で「甘いでしょ」という意味だそうですが、

ホントに甘くておいしいです!
高級品のイメージがある「アメーラ」の意味を聞くと
ぐっと親しみを覚えます^^

下の写真は、この日、案内してくださった山崎さまです。
許可をいただいてますのでアップさせていただきます。
a0154793_12292418.jpg

日頃、手間をかけて真面目にトマト栽培に従事していらっしゃることが、
その丁寧な解説で伝わってきました。
本当にありがとうございました!

野菜や果物が育つところを知り、身近に感じ、
そして収穫していただくことは、本当にありがたく
嬉しいということを実感しました☆
[PR]

by isolala | 2016-03-31 13:57 | 料理・食材 | Trackback

あさりと春野菜のスパゲッティ☆ 

いよいよ春も真近・・・と思っていたら今日はまた
雨で寒くなりましたね。
今週から始まるレッスン、まだ寒いのですが、
春を待ちきれないレシピ・・・つまり春らしいレシピになってますよ~^^

☆あさりと春野菜のスパゲッティ
a0154793_17393074.jpg

ぷっくり大きくなりはじめたあさりと
春の野菜を合わせましょう☆
[PR]

by isolala | 2016-03-09 18:38 | 教室の様子・メニュー | Trackback

パスクアのトルタサラータ☆

今月のレッスンのコースメニューには、
トルタサラータを作ります。
☆パスクアのトルタサラータ
a0154793_22535218.jpg

英語のイースターは、復活祭を意味しますが、
イタリア語ではパスクアと言います。
キリストの復活を祝う宗教行事ですが
卵はシンボルになってますね。
復活祭のイタリアを想像して、何となく
今月のコースメニューにも卵料理を
組み入れてみました。

トルタサラータは塩味のトルタと言う意味です。
卵の他に春らしいアスパラも入れてみましたよ~
a0154793_22573968.jpg

カットする時に、楊枝が目印になって
卵の断面がきれいに出せます。
a0154793_23102054.jpg

卵にアスパラ・・もちろん合います^^
お楽しみに☆
[PR]

by isolala | 2016-03-08 23:51 | 教室の様子・メニュー | Trackback

旬のいちごのジャム☆

ちゃんと熟したいちごが出回ってきました。
スーパーで3パックを購入しました。
a0154793_14462248.jpg

いちご自体の甘みをチェックしないと^^な~んて・・ちょっとつまみながら、
実の形をとどめたタイプのジャムを作りましたよ~
a0154793_14505785.jpg

4個の瓶に旬のいちごの美味しさを閉じ込めました☆

とにかく今が作り時!
簡単にできることをお伝えしたくて・・・
今月は教室コースメニューにしばらくぶりの再登場です。

クラスによっては、
このジャムを使った
いちごのティラミスを作りますが
下の写真のように・・・
☆イゾラーラ風フレンチトースト
になるクラスもあります~
a0154793_1554035.jpg

オーブンで焼くカンタンすぎるフレンチトーストもきっと・・
案外役立つと思いますのでね☆
[PR]

by isolala | 2016-03-07 15:16 | 教室の様子・メニュー | Trackback

今月の教室レッスンレポート~☆

ほとんどの生徒さまには昨年アナウンス済みですが、
コースメニューの画像予告は、
勝手ながら今年から、アップしないこともありますので
ご了承くださいませ。

というのも、
イゾラーラ料理教室の生徒さんの中には
レッスンメニューは当日のお楽しみとして、
通って下さる方も多い
というのも理由のひとつです。
メニュー予告を楽しみにしてくださっている方も
勿論いらっしゃるので、
私も何とか当日以前にアップできるよう
心掛けてはいたのです;
が、ついついレッスン前日になってしまう
こともあった昨年・・・
思い切ってアップすることを定例にしない
ということで、
生徒さまのご同意をいただきました。

お言葉に甘えて、今年からはマイペースな
アップです^^

☆ラザーニャ ボローニャ風
a0154793_13352736.jpg

☆アマレッティのトルタ
a0154793_13374887.jpg

上2枚の写真は今月レッスンの
撮影タイムに紛れて撮らせていただきました。

今月は結局、
手打ち平麺で、カンネローニとラザーニャの
両方を作っています~当初はクラスによって
どちらかを作る予定でしたが、
材料が同じなので、この際一挙両得~?
量はひかえめに作っています~
・・・おかげさまで好評です!☆
[PR]

by isolala | 2016-02-24 13:57 | 教室の様子・メニュー | Trackback