人気ブログランキング |

タグ:食材・料理 ( 219 ) タグの人気記事

2020年 明けましておめでとうございます!

2020年 明けましておめでとうございます。
お正月は、ここ数年心掛けている「がんばりすぎない
おせち料理」でお祝いしました。
元旦に間に合わせるために大晦日の夜遅くまで
作り続けたりせずに、まずはお重箱を満たし、
三が日の間に作りたいものを補足することにしています。


2020年 明けましておめでとうございます!_a0154793_23545595.jpg



今年は元旦の日に余裕があったので、
上の写真には写っていないのですが、
ローストビーフも加わりました。

トータルで・・お正月料理として作ったものは、
黒豆、数の子、ごまめ、八つ頭の煮物、たたきごぼう、
筑前煮、出汁巻き卵、さわらの西京焼き、
ぶりの照り焼き、きんかんのコンポート、
かぶの甘酢漬け、ローストビーフ、ゆり根のきんとん、
そしてお雑煮など。
買ったものは・・・
おさしみや紅白かまぼこ等でした。

おせち料理は、作り置きできる知恵が詰まった
伝統料理であることを毎年実感します。
おかげさまでエネルギーも充電できました。

今年も楽しく、まじめに食の探求いたします。
どうぞよろしくお願いします☆


by isolala | 2020-01-06 17:53 | お知らせ | Trackback

2019年クリスマスのコースメニュー終了☆

今月は例年通り、前倒しのレッスン日程でした。
試食タイムは毎年クリスマス会のようになります~^^
何度もミニパーティーを味わい、楽しませていただきました。

アンティパストとして、
☆サーモンのマリナート
☆スペックハムとリンゴのクロスティーニ
☆シャインマスカットの生ハム巻き 
その他

プリモ&セコンド(メイン料理)として
☆ティンバッロ ナポリ風

ドルチェは、カラブリア州の伝統菓子
☆ピッタンピリヤータ
を皆さんと実習しました。

「試食タイム」の様子↓


2019年クリスマスのコースメニュー終了☆_a0154793_11214764.jpg

ドルチェタイムにには、ピッタンピリアータをつまみながら
トンボラ(ビンゴゲーム)をして、盛り上がりましたよ~♪



2019年クリスマスのコースメニュー終了☆_a0154793_11280594.jpg


35年位前に、ローマテルミニ駅にあったおもちゃ屋さんで買ったゲームが
何かと役立ってくれています。

このおもちゃ屋さんは「終着駅」という古い映画に出てきたんですよ~
当時、イタリア映画ファンだった私が嬉々として買い求めたもの・・・
まさか料理教室イベントでこんなに役立ってくれるとは思ってもみませんでした^^
話がそれてしまいましたね;

ゲームとは言ってもビンゴゲームと同じでとてもシンプル。
ささやかな景品を用意したのですが、
皆さま、とっても喜んでくださいました♪

最後になりましたが、
メリークリスマス! そしてどうぞ良い年をお迎えください!
(Merry Cristmas and A happy new year !)
Auguri di Natale e Felice anno nuovo !





by isolala | 2019-12-25 12:04 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ティンバッロ ナポリ風☆

今月のメイン料理はティンバッロでした。
これは、タンバリンを意味するネーミングで、丸型で作るパスタ料理です。
ラザーニャのようにそれ1品でメインにもなる料理です。

過去の教室メニューに一度登場したことがある
ナポリのティンバッロ・・・その時は
シェフに習った料理をアレンジしたものでしたが、
今回は、ナポリのマンマが家庭で作っている料理を
さらに日本でも作りやすいようにアレンジしたティンバッロを
ご紹介しましたよ~☆

☆ティンバッロ ナポリ風 timballo di maccheroni alla napoletana


ティンバッロ ナポリ風☆_a0154793_12060937.jpg

アレンジしているとはいえ、マンマが守りたい 
核の部分は大事にしたレシピです。
それは、美味しい乾燥パスタ(できればグラニャーノ産)を使うこと。
タンバル型(太鼓型、円形の型)を使うこと。
そしてマンマの技が光る
美味しいラグーソースを作ること・・工夫して現地の味を再現してみました。

下の写真のティンバッロ、7名でおかわりしながら完食・・・
本当に嬉しい試食タイムでした☆



ティンバッロ ナポリ風☆_a0154793_12125904.jpg


使用した乾麺は、今年春の研修旅行から持ち帰った
カンデッレ・ルンゲ(長ろうそく)を一クラス2~3本ずつ使用。
足りない分は、比較的手に入りやすいグラニャーノ産
リガトーニを補充しましたよ~☆

勿論、カンデッレという乾麺は折って使います。
折れたところににラグーソースが絡まって・・
表面のちょっとこげたところもまた噛めばかむほど・・
グラニャーノ産パスタの底力を皆で納得~(大げさ?・・ではないですよ~笑)






by isolala | 2019-12-23 11:25 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ピッタンピリアータ☆

今月のイゾラーラ料理教室のドルチェは
ピッタンピリアータというカラブリア州のお菓子を作っています。
地域によってはピッタンキウサともよばれているこのお菓子は
クリスマスから年始にかけて食べられている、
カラブリア州の伝統菓子です。

☆ピッタンピリアータPitta'mpigliata


ピッタンピリアータ☆_a0154793_12035626.jpg


今月の教室では生地から作っています。
水を使わず、ワインで練りこむ生地は、
保存が性が高く、いろいろなドライフルーツや
木の実も使うので、さらに保存性がアップ。
今の時季にぴったりですね^^

フォークとナイフで食べるより手で♪


ピッタンピリアータ☆_a0154793_12151425.jpg



カフェにもワインにも合うんですよ~☆





by isolala | 2019-12-16 12:21 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ラ・フランスのフルーツソース

先月もバタバタと過ごしているうちに
早くも師走;
先月の教室レッスン、カルチャーセンターでのレッスンともに、
おかげさまで、盛況のうちに終了しました。

両レッスンともに、旬の洋梨のフルーツソースを番外編で、
コンロのの片隅で~ちゃちゃっと作りましたよ~^^

素材のフルーツ感を残すために、最低限度の砂糖量で煮ます。
カボスの絞り汁を加えて仕上げました。
レッスンでは焼いたチーズと合わせましたが、
ヨーグルトやアイスクリームに添えても、
勿論ジャムのようにパンに乗せてもok♪


ラ・フランスのフルーツソース_a0154793_14244812.jpg
15分でできてしまう簡単さやすっきりと
した甘さが、好評でした☆

12月の教室メニューは、年末年始を意識して、つくりおきにもなる
おもてなしメニューを組み立てましたよ~
当日をお楽しみに~☆




by isolala | 2019-12-04 14:36 | 教室の様子・メニュー | Trackback

カネデルリ セージバターソース☆

先月、今月と2か月にわたって
イタリア最北の州であるトレンティーノ・アルトアディジェ州の
郷土料理をテーマに教室メニューを組み立てました。
10月は、カネデルリ インブロードを作りました(アップ済み)
これはスープ仕立てでしたが、11月のカネデルリは
お団子の詰め物もかえて、バターソース仕上げです。

☆カネデルリ セージバターソース 
 Canederli al burro


カネデルリ セージバターソース☆_a0154793_18433043.jpg


今月のセコンド(メイン)にはグーラッシュ(アップ済み)
ドルチェはオリーブオイルで作る焼き菓子を作ります。

そういえば・・先月のカネデルリ インブロードもメインのアルプス風肉じゃがも
お家で作った生徒さんから嬉しいライン報告いただきました。
ドルチェのアップルストゥルーデルもご家族に
好評なのですでに2回作った生徒さんも♪

イタリアの郷土料理が、案外簡単に作れて
日本の食卓にもなじんでいる様子に、
嬉しくなります。
今年5月に訪れたボルツァーノやメラーノの町も、
寒くなってきたことでしょう・・
ほっこりする家庭料理を囲む
食卓の風景が目にうかびます・・・☆



by isolala | 2019-11-15 15:29 | 教室の様子・メニュー | Trackback

グーラッシュ 南チロル風☆

今月の教室メニューのセコンド(メイン)に作るグーラッシュ・・
元々、グーラッシュはハンガリー料理(=グャーシュ)なのですが、
今のイタリア北東部が1919年以前には
オーストリア・ハンガリー帝国の一部だったことから、この料理が広まったようです。
現在は、フリウリ・ヴェネツィアジューリア州やトレンティーノ・アルトアディデ州の
家庭料理として定着しています。

先週末にレシピ用に作りましたよ~
グーラッシュ 南チロル風 Gulash tirolese

グーラッシュ 南チロル風☆_a0154793_12550216.jpg


7年くらい前に、フリウリ・ヴェネツィアジューリア州の郷土料理として
ご紹介したこともありました。
今回は、南チロルとも呼ばれているトレンティーノ・アルトアディジェ州の
郷土料理として登場です。
同じ北イタリアでも州が違うと調理法も少し異なるところが
興味深いところ。



グーラッシュ 南チロル風☆_a0154793_12552972.jpg
             (日差しの加減で明るく写ってますが、上の写真と同じもの)


先月に引き続き、今月もトレンティーノ・アルトアディジェ州の家庭料理で
組み立てた教室メニューは、
身も心もほっこり温めてくれますよ~
人が集まるこれからの季節にも活躍してくれそうです☆




by isolala | 2019-11-13 13:40 | 教室の様子・メニュー | Trackback

南チロルの肉じゃが料理「グロステル」

今月のレッスンは、トレンティーノ アルト・アディジェ州の郷土料理が
テーマです。

メイン料理は、一見肉じゃが?と見間違えそうな
親しみを感じる素朴な料理・・グロステルを作ります。
現地のお店でもフライパンごと出てきましたよ~↓

南チロルの肉じゃが料理「グロステル」_a0154793_21590873.jpg

私も真似をして、
夕食に鍋ごと出してみました↓


南チロルの肉じゃが料理「グロステル」_a0154793_22035860.jpg



レッスンでは、下の写真のように銘々に盛りつけます~

☆南チロルのグロステル(Tiroler Grostl)


南チロルの肉じゃが料理「グロステル」_a0154793_22125047.jpg





この州は、スイスやオーストリアと接するイタリアの最北に位置しています。
南チロルともよばれ、駅などにもドイツ語とイタリア語の表記があり、
聞こえてくる言語もイタリア語だったり、ドイツ語だったり・・・
イタリア料理とは言っても、日本ではあまりポピュラーではないものがありました。
今年の5月に訪れたメラーノやボルツァーノやブレッサノーネの話を交えながら
レッスンを進められたらと思っています☆




by isolala | 2019-10-03 10:36 | 教室の様子・メニュー | Trackback

りんごのストゥルーデル☆

今月の教室コースメニューのドルチェは
りんごのストゥルーデルを作ります。
下の写真は
レシピ写真のため、焼いたものです~☆

りんごのストゥルーデル☆_a0154793_19200112.jpg


砂糖を振って、切り分けました~



りんごのストゥルーデル☆_a0154793_19202867.jpg


今年の5月に訪れた
トレンティーノ アルト・アディジェ州にある
ボルツァーノに住むマンマに習った方法で・・・
リンゴを炒めたり煮たりせず、直接
生地で包んで焼くので、時間もかからず、
あっさりした仕上がりになります。

☆りんごのストゥルーデル(Strudel di mela)

りんごのストゥルーデル☆_a0154793_19571183.jpg
外側はサクッと、そして中はしっとり~
美味しいリンゴのお菓子を焼きましょう♪

今月はイタリアの最北に位置する
トレンティーノ アルト・アディジェ州の
郷土料理をテーマにコースメニューを組み立てています☆





by isolala | 2019-10-01 23:21 | 教室の様子・メニュー | Trackback

真夏のイタリアン♪

やっと梅雨が明けそうな今日この頃ですが、
イゾラーラ料理教室の7月レッスンは、
暑い夏をイメージしたコースメニューを作っています。


小さな器に入れて、アンティパスト仕立てにした
☆佐賀産かぼちゃのヴェッルタータ(なめらかなスープ)


真夏のイタリアン♪_a0154793_21023508.jpg
・旅行土産のカルチョーフィのパテなどのブルスケッタ2種(写真ナシ)

そして、乾燥パスタ発祥の地と言われている
グラニャーノ産の美味しいパスタを冷たくして・・・

☆露地ものトマトとコラトゥーラ(イタリアの魚醤)のパスタ


真夏のイタリアン♪_a0154793_21225706.jpg

セコンドには、夏野菜をオリーブオイルで揚げ焼きにした後、
☆豚肉のコトレッタ ミラノ風
も揚げ焼きにして、大皿に盛りました。


真夏のイタリアン♪_a0154793_22103592.jpg



揚げ物に添える秘伝のソースとともに
つくりおきのお料理もお伝えしました☆


真夏のイタリアン♪_a0154793_22152825.jpg

そしてドルチェとして
☆スイカのグラニータ


真夏のイタリアン♪_a0154793_22424886.jpg


旬の食材を使った真夏のイタリアン♪
が、おかげさまで好評です☆

8月はお教室レッスンはお休みです。
さて、私の夏休みの宿題?は、
最近買い換えたパソコンに慣れることなんですよ~;


暑さもこれからが本番ですね。
皆さま、夏バテなさらず、どうぞお元気で
お過ごしください。



by isolala | 2019-07-24 23:56 | 教室の様子・メニュー | Trackback