えんどう豆のタリアテッレ

今の時期にだけ出回る、さやつきのえんどう豆を見つけたら
迷わず買ってきて、さやからお豆をはじき出します♪
最初はボウルにコーンと勢いよくはじけて・・・
お豆が弾むように積み重なっていく様子を見るのは心も弾んで・・
お料理のモチュベーションも上がるというものです~
和食の時は、季節感を表してくれる青々とした鮮やかな色を
意識してお料理することも多いのですが
洋食では、色はあまり気にしないで
煮込むことが多いように思います。

たとえば、こちらのパスタのえんどう豆は1時間弱、煮込んだんですよ~
緑色の鮮やかさは少し褪せますが、ほんとうに美味しくなります!
a0154793_22464797.jpg

今月のイゾラーラ料理教室では「よく煮込んだえんどう豆」を
味わっていただいてます!
そして生パスタです☆
a0154793_22262746.jpg

a0154793_22264516.jpg

とは言ってもパスタマシーンで簡単に・・・
えんどう豆とあえただけでも滋味深く美味しいのですが
折角の生パスタなので?相性の良い生ハムと少なめの生クリームで
あえたものがこちらです。
a0154793_22285793.jpg

このレシピは好評で、過去にも登場したクラスには、ほぐした蟹をあえて、
テーブルでEXVオリーブオイルを回しかけていただく、
こちらのレシピになってますよ~これもとっても好評です☆
a0154793_1017222.jpg

いずれにしてもお豆は1時間前後、煮込みます☆
煮込むとお豆がほくほくと美味しくなるからなんです。
この美味しさを1度味わうと、
和食、洋食に関わらず・・
えんどう豆のレシピが広がっていくと思いますよ~☆
[PR]

# by isolala | 2010-05-24 20:31 | 教室の様子・メニュー | Trackback

鯛のアクアパッザ

今月のイゾラーラ料理教室のセコンドは
☆鯛のアクアパッザ です♪
アクアパッザを作るときにいつも思い出すマンマがいます・・・
2007年、トスカーナの料理学院の授業のために
ナポリから出張してきた当時60代後半?のエネルギッシュな
料理の達人のマリーザのことです。
彼女のナポリ料理のおススメのレシピの中にもアクアパッザはありましたよ~

マリーザ(この友達のような呼び方じゃないと本気で怒るんです(笑))は
本当にお料理をするのが大好き!で、教えながらカンツォーネを歌いだしたり♪
踊りだしそうなくらいでした・・・ちょっと踊ってたかもしれません・・
こちらまで、楽しさが伝わってくる、ワクワクする授業でした。

今日のお教室でマリーザの楽しいエピソード等を話したせいか
懐かしくなって、当時の写真を見てみたら・・・アクアパッザの授業の様子を
撮ったものがありました!
コチラです。
a0154793_1434931.jpg

この時は黒鯛で作りました。
魚を丸ごと、オリーブオイルを敷いた鍋に投入、焼き目をつけたら
水をジャッと入れます。オイルと水が混ざって踊ります。
この調理法が「アクアパッザ」つまり「狂った水」と言われる理由です。
元々は漁師料理だそうです。オリーブやケッパーやトマトやパセリ等など
つぎつぎに投げ入れます・・この言い方しか思い浮かびません(笑)
この時も大胆に豪快に料理されました☆
出来上がった後は意外な位、丁寧に小骨まで除きます。
あんまり取れないんですけれども;一応丁寧に取って供しました。
フォークで小骨を除くのは大変で「お箸、欲しいよね。。。」っていいながら
取分けていたことを思い出しました。。。
a0154793_1461860.jpg

魚の皮がちょっと剥がれちゃってもマリーザは
「ヴァベーネ!モルトブオーノ!」→「だいじょうぶ、美味しいから!」
と何度も何度も繰り返し言いながら・・カンツォーネも口ずさみながら
みんなといっしょに、ニコニコ料理してました。
いいですね~このラフな感じ♪
それで、実際本当に、モルトブオーノ♪ とびっきりの美味しさだったんです☆

今月のイゾラーラ料理教室のセコンドは、
おもてなしにもなる☆鯛のアクアパッザ です。
本場の大胆で豪快な調理法は守りながら、
皮が剥がれないように等など、
ちょっとした工夫をしてます。
盛り付けはおもてなし用にと、ちょっとおしゃれにしていますが
家庭では調理したお鍋ごとテーブルに出しても全くOKですよ~
大まかに取分けた後は、勿論、銘々お箸を用意してます。
a0154793_2493752.jpg

カンツォーネは歌っていませんが皆さんと楽しく作ってますよ~☆
[PR]

# by isolala | 2010-05-18 23:52 | 教室の様子・メニュー | Trackback

プーリアのチコリア

先日、自由が丘のイタリアン「モンド」のシェフに、
思いがけずチコリアをたくさんいただきました☆
このお店は隠れ家のような雰囲気の素敵なリストランテです。
シェフのこだわりのプーリアの野菜、チコリアがタンポポや他の
草花とともに、お店の玄関のところで・・たくましく育ってました。
驚く私に「持って行っていいですよ~」とのありがたいお言葉。
ご親切にカッターで刈って、袋にたくさん詰めてくださいました~☆
遠慮なくいただいてきた「プーリアのチコリア」とは・・コチラです♪
a0154793_1413225.jpg

茹でた後、オリーブオイルとにんにく、塩・胡椒で炒め煮にしました。
パンとも合います~♪
a0154793_15534012.jpg

チコリアはいろいろな種類がありますが、このチコリアは
プーリアでのチコリアの味でした☆
やはり、乾燥そら豆のピュレにはこのチコリアが合うんですよね~☆
   
[PR]

# by isolala | 2010-05-09 15:25 | 料理・食材 | Trackback

ジャルディーノ ピッコロ (小さな庭)

昨日に続き今日も良いお天気でしたね♪
こんな爽やかな春の日は・・外で食事を楽しみたいですね。
というわけで、昨日に味をシメテ本日も遅い昼食を外で楽しみました♪
とっても小さな庭なんですが家の中より数倍、心地よく美味しいんです。
小さいながらも大いに活用したい庭なのですが・・実は1年のうちで
心地よく活用できるのは・・ほんの数日なんですよ~;
夏は暑いし、蚊も出るし・・冬は寒いし・・というわけで秋のほんの数日と
今日のような春のほんの数日・・というわけで、連休は束の間、我が家の
ミニガーデンで寛いでます~
何か食べ物がないと寛げないので(笑)今日もパスタです♪
a0154793_2322574.jpg

旬のエンドウ豆を使って、体に優しい感じに仕上げましたよ~
新玉ねぎ、春キャベツ、生ハムも入れて、
控え目にちょこっと生クリーム味で仕上げました☆

昼食とはいっても既に3時を過ぎてたので、家人はすっかり
リラックス&飲みモードに、、、
ひょんなことから、手に入った!プーリアのチコリアをソテーして
おつまみにしました・・・☆
こちらの写真の真ん中の緑のものデス。
a0154793_2332198.jpg

この味・・この苦み・・プーリアのチコリアと同じ!
その話のつづきは次回にいたしますね~♪
[PR]

# by isolala | 2010-05-02 22:46 | 料理・食材 | Trackback

ひよこ豆のパスタ

今日は昨夜から水につけておいたひよこ豆を使って
パスタを作りました♪
ひよこ豆はイタリア語ではチェーチと言いますが
その他にも・・エジプト豆、ガルバンゾーなどいろいろな
呼び名があります。その形から名付けられたひよこ豆っていう言い方が
可愛いので・・私はひよこ豆と呼ぶことが多いですね~
前夜から水に浸けるって言うと、大変そうですが・・
実は簡単なんです!水に浸けるだけなんですから(笑)
朝、台所に入ると・・
ちゃ~んと膨らんで色もベージュだったのが、
ちょっと黄味がかって、ひよこみたいに、ほこっとした姿になってるのをみると
何だか可愛く思えて、安心するのは私だけでしょうか・・?
多めに茹でて、ちょこっと和風に煮たものや、新玉ねぎとパセリのみじん切りと
合わせてイタリアンの豆サラダにしたり・・
いろいろパパッと作れちゃいます。冷蔵庫に入ってると安心です。
何がって・・美味しくて体にいいものが
とりあえず冷蔵庫に入ってるっていうことがです(笑)

今日は暖かくお天気も良かったので、外でいただきましたよ~
a0154793_04653.jpg

ひよこ豆と新玉ねぎと新きゃべつ、美味しいオリーブオイルを回しかけて・・☆

初物のさくらんぼがあったので食後に
簡単なドルチェも作りましたよ~
a0154793_0463743.jpg

外でいただくと、とにかく美味しさ倍増ですね・・☆

寒かったり、風が強かったりでお天気の定まらないこの頃でしたが
5月の連休、初日の今日は気持ちの良い、穏やかな暖かい1日でした・・☆
[PR]

# by isolala | 2010-05-01 23:29 | 料理・食材 | Trackback

時どき、有機野菜を使ってみる。

最近、「すべて無農薬の野菜・・」あるいは「産地直送の野菜・・」
「すべて有機野菜・・」など、こだわりの野菜で作られた料理がブームですね。
「産地から有機野菜を直送してもらっている」という方もいらっしゃるとは思いますが
毎日となると大変かもしれません・・。
私の場合はというと・・・なるべく、国産の農産物を使うようにはしています。
日々、安全で美味しい食事を作りたいとは思いますが
私の場合はラフな感じで、時どき、有機野菜を使ってます。

野菜の味をダイレクトに味わう献立の場合や
スーパーの通常の野菜売り場の目当ての野菜が何となく元気がなさそうな場合、
有機野菜コーナーなどで買い求めたり・・
そんな時、必ず確認しているのは「有機JASマーク」です。
このマークを付けられる野菜は2年以上、農薬や化学肥料を使用しないで
土作りをされた畑で生産されたものです。いろいろな厳しい審査に
合格した野菜だけにこの「有機JASマーク」が認められるのです。
こちらの写真の左上「三つの重なった円のあるマーク」
を目安にしてます。
a0154793_1314790.jpg

このマークは左の丸い円が太陽、右側の重なっている丸は雲(雨)が植物を育む
ことを意味してるマークだそうです。
a0154793_1316456.jpg

今月のイゾラーラ料理教室のアンティパストにしている
☆乾燥そら豆のピュレ を絡めていただく野菜も
ダイレクトに野菜の味がくるメニューなので
取り入れてますよ~☆

日々続く、毎日の食事作り、臨機応変に・・ラフに!
安全で美味しいものを作りたいですね~☆
[PR]

# by isolala | 2010-04-25 13:20 | 料理・食材 | Trackback

子羊と新じゃがのオーブン焼き

今月のイゾラーラ料理教室のセコンド(メイン)は
☆子羊と新じゃがのオーブン焼き です。
子羊の「においがだめ」っていう人もいますが
このお料理は最終的には子羊のほのかな香りがして、
外側はパリッとしていて中はしっとりと柔らかく仕上げます。
今の季節の新じゃがといっしょにオーブンで焼きます。
こちらが焼きあがったものです。
a0154793_10421399.jpg

この写真のような天板を使わずに、
テーブルに出せるようなオーブン皿で
焼いてすぐにテーブルに置き、
銘々取り分ければ子羊の大好きな方はたくさん、苦手な方は
1切れだけ、なあんてことも自分で選べますね・・
今のところ子羊のほうも好評で、
苦手な方も「おかわり♪」となりますので、
教室ではこんな風に盛り付けてます。
a0154793_115129.jpg

いずれにしても、じゃがいもは人気です♪
じゃがいもは新じゃがにせずに普通の男爵いもを使っても
ほくほくとして美味しいのですが・・・
旬のものは勢いがあって、元気をもらえるような気がします。
春の野菜、今月はアンティパストにも☆そら豆のピュレ を
いろいろな春野菜に絡めていただいてます。
テーブルはすっかり春ですよ~
外がもう少し暖かくなってくれると嬉しいですね・・
もうすぐですよね☆
[PR]

# by isolala | 2010-04-19 10:52 | 教室の様子・メニュー | Trackback

教室、長野へ日帰りツアー

教室での希望者を募り、昨日、長野県東御市に行って来ました♪
目的地は玉村豊男氏の「ヴィラデスト ワイナリー」でした。
眼下に上田盆地を見渡し、北アルプスの稜線が見える
この丘に立った時、「きれい・・・」という
感嘆の声が広がりました。
ワイナリーの方に親切な説明をしていただきながら
「小学校の社会見学みたいねえ」なんて笑いながら散歩しました。
ホント楽しくて・・・こんな清々しい自然の中では
人は童心にかえりますね。
ワイン作りの説明を感心して聞いてるうちに、早く試飲したくなって・・
お腹もちょうど空いてきた頃、ヴィラデストカフェに到着。
ワーイ、ワーイ!ランチだ、ワインだ♪ と心の中で叫びながら・・
あらっ・・もしかしたら声に出してたかもしれませんね。
何しろ童心にかえってましたから(笑)

いよいよガーデンファームに隣接するカフェレストランへ入ると・・
何と玉村氏がいらしゃいました!
ファンの熱い視線にも;ハイテンションな振る舞いにも;
穏やかな雰囲気で、とても素敵な笑顔で、
対応して下さいましたよ~!

さあ、お待ちかねのランチです。
シードルで乾杯しました~♪
最初は☆ほうれんそうのスープでした。
a0154793_2055036.jpg

すっきりと美味しいシャルドネのワインとともに、
こちらの前菜は☆菜の花のゼリー等、白いカップの中には
バーニャカウダソースと美味しい野菜
a0154793_20404032.jpg

次にメルローのワインとピノ・ノワールのワインとともに
主菜は☆鮭のポワレ
これにも美味しい野菜添え
a0154793_2173951.jpg

a0154793_21165789.jpg

デザートも美味しかったなあ・・
a0154793_21181327.jpg

全てがこの地域で生産された安全で元気な素材を使った
美味しいお料理を堪能しました☆

日帰りの旅でもいろいろなことができますねえ・・!
内容の濃い、楽しく充実した1日となりました。
皆さん、幸せな1日をありがとうございました☆
[PR]

# by isolala | 2010-04-12 20:42 | 教室イベント | Trackback

プーリアの郷土料理

季節の変わり目で寒い日も多いのですが いろいろなところで
桜が満開です♪
淡いピンクの花びらが幾重にも重なってホント
美しいですね。
4月のイゾラーラ料理教室は、春野菜をたっぷり使います♪
イタリアの地図でいうと、かかとの部分にあたる
プーリア州の郷土料理
☆乾燥そら豆のピュレ に元気な野菜を合わせます・・・

プーリアでは このピュレに'チコリア'
という野菜を合わせることが多いのですが
この野菜は日本では見つけにくいので
比較的見つけ易いエンダイブを使います。
a0154793_22441896.jpg

手前にあるお皿のものがソテーしたものです。

プーリアでのチコリアに近いものは
プンタレッレなどもあります・・日本でも見つけ易くなればいいのですが
今のところエンダイブのほうがいくらか、見つけ易いので
これををオリーブオイルでソテーします。チコリアによく似た味ですよ~

今回は「乾燥そら豆を使う」ということは守り、
チコリアに似た、苦みのある野菜として
エンダイブも紹介しますが
その他には自由に~
a0154793_22525060.jpg

ブルスケッタにしても美味しいし、ちょっと苦みのある
ベルギーチコリにのせても美味しいです。
EXVオリーブオイルをタラリ~とかけて・・
a0154793_2371519.jpg


小松菜、蕪の茎、ブロッコリー、菜花、しし唐やピーマンをミニトマトと
いっしょにソテーしたもの等など、その季節に見つけ易い野菜をどうぞ。

ホントに、茹で野菜や炒め野菜がたくさん摂れて
季節の変わり目ですが、体調すこぶる整いますよ~☆
[PR]

# by isolala | 2010-04-04 23:14 | 教室の様子・メニュー | Trackback

乾燥そら豆のピュレ と 野菜

今日は昨夜から水に戻しておいた乾燥そら豆を柔らかく煮て、
ピュレ状にしてオリ-ブオイルを加え、いろいろな野菜に、からめていただきました♪
来月のイゾラーラ料理教室では、昨年プーリアで購入した乾燥そら豆を使って
プーリアの伝統料理である☆乾燥そら豆のピュレと野菜のコントルノ を作ります。
このイタリアの乾燥そら豆を日本で見かけたことがなかったので、念のため、
教室用にイタリアで買ったお豆は保管中ですが・・・
「乾燥そら豆はどこで買えるのですか?他のもので代用する場合は?」
などの質問が予想されますので、質問にお答えできるように昨年から、
日本で買える乾燥そら豆を使って、いろいろ試してましたよ~♪
プーリアの歴史や文化を背景に、その土地の人々に長い年月をかけて
引き継がれてきた、こういった伝統料理を
イゾラーラ料理教室で紹介する場合、
伝統料理のスピリッツはくずさずに、でも身近に取り入れるには?
どこまでアレンジしてもいいものなのか?などをよく考えます・・・。
プーリアでステイしたお宅には、乾燥そら豆やひよこ豆などは
大きな袋に常備してありました。
平野の多いプーリアでは土壌を生かしてオリーブの樹木や野菜もよく育つのでしょう・・
美味しい野菜とオリーブオイルと・・・安価で滋養があり保存のきく豆を
ピュレ状にして・・
この組み合わせは必然のコンビネーションに思えます。

イタリアの乾燥そら豆ではないのですが、煮かたに工夫をして美味しくできた乾燥そら豆の
調理前の写真はコチラです。
a0154793_042171.jpg

一晩水に戻すと随分ふくらみますね。
手前のお皿の左3個が乾燥、右3個がふくらんだ状態です。
この後、皮をとって、コトコト煮ます。
今日の夕飯時に野菜にからめていただきました♪
丸い器のピュレ状のものはこれで約1人分なんですよ~
a0154793_0161358.jpg

来月の料理教室用には、プーリアの空港で買ったコチラ(皮なし)を使います~♪
a0154793_019951.jpg

滋養豊かなお豆をたっぷり、そして春の野菜をたくさん摂って・・・
プーリアの風を感じられるかもしれませんね~(笑)♪
[PR]

# by isolala | 2010-03-29 00:31 | 教室の様子・メニュー | Trackback