ズブリゾローナ☆

今日で2月のレッスンが無事終了しました。
今月レッスンは、基本コース、郷土料理コースともに
コースメニューの最後には
ロンバルディア州の郷土菓子をつくりました。

☆ズブリゾローナ Sbrisolona


a0154793_16435313.jpg

いちおうナイフで等分にカットしましたが、
ところどころくずれてきます・・
でもこれは失敗ではないんですよ~
これで良いんです 笑
上手に焼けました♪

このお菓子の名前はくずれるという意味
が語源となっているのもナットクする
もろさです。

材料にとうもろこしや粗くカットしたアーモンドを使っているので、
ザラザラっとした食感や香ばしさがあとを引くんですよ~
口の中でほろほろっとくずれるクッキーのようなお菓子です。
カフェや紅茶にも
アマレットなどの食後酒にも合うんですよ~^^

現地では手で割りながら取り分ける
素朴なお菓子です☆



by isolala | 2019-02-28 17:06 | 教室の様子・メニュー | Trackback

オッソブーコ☆

2月はほんとうにあっという間に過ぎてしまいますね。
今月のレッスンも明日が最終日・・
アドバンスコースの教室メニューはロンバルディア州の
郷土料理を作りました。

下の写真はセコンド(メイン料理)
☆オッソブーコです。

a0154793_23011776.jpg



オッソブーコを直訳するとオッソは骨、ブーコは穴という意味です。
骨付きすね肉を煮込んで、骨の髄の部所を味わうロンバルディア州の
郷土料理です。

ミラノで食した時には、オッソブーコとサフランのリゾットを
いっしょに盛り付け、髄の部分を少しだけリゾットにかけてありました。
その盛り付け方が伝統的盛り付け方だそうです。

その時の写真がちょうどあったので、
のせておきますね。


a0154793_23151787.jpg





by isolala | 2019-02-27 23:16 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ミラノ風リゾット☆

今月の教室では、久しぶりにミラノ風リゾットを作りますよ~
別名サフランのリゾットとも呼ばれるのですが、
ミラノがあるロンバルディア州の郷土料理です。

☆リゾットアッラミラネーゼ Risotto alla milanese

a0154793_22160947.jpg

出来上がったリゾットをお皿に盛り、
お皿の底を軽くトントンとたたくと、上の写真のように広がります。
ミラノの某リストランテ風に平らに盛り付けてみました。
フォークで口に運ぶ都度に幸せでした(自画自賛です)


ミラノで何度かいただいたことがある
リゾットは、肉の出汁がしっかり効いていて、
見た目はシンプルでも
本当に美味しくて・・
調子に乗って食べていると、
バターやチーズがたっぷり使われて
いるためか・・
セコンド(メイン料理)を待つ間に、
いつのまにか満腹になってしまい;
セコンドが入らなくて・・・
ということになったことがあります。。。

というわけで、今月の教室のコースメニューのプリモには、
身体にやさしく、量を控えめに
でもお肉の出汁を使うというところは、
しっかり守りながら、ミラノ風リゾットを作りましょう。

そしてセコンドには、
オッソブーコOsso buco alla milanese
を作ります。
オッソブーコは、オッソが骨、ブーコが穴と言う意味で、
骨付すね肉の筒切りをじっくり煮込む郷土料理です。

下の写真は、骨なしのすね肉で作ったものです。
オッソブーコとは呼べないのですが・・・
見つけやすいすね肉を使った
煮込み料理は、基礎クラスで作ります。

☆オッソブーコ風・・リゾット添え

a0154793_22164077.jpg
郷土料理クラスは、
骨付きすね肉を使います☆




by isolala | 2019-02-17 22:09 | 教室の様子・メニュー | Trackback