豚肉を低温調理でロースト・・・☆

気が付けば、いつのまにか秋が深まって、
朝夕、寒くなってきて、このまま冬になっていきそうに寒い今日この頃。

今月の’よみうりカルチャーえびす’での「つくりおきイタリアン」
のテーマは・・・

低温調理の
☆豚肉のロースト

a0154793_13244033.jpg
作りたては厚めに切ってご試食いただきました。
つくりおきしたものは、ハムのような使い方ができます。
当日は、持参したものをうす切りにして、
サンドイッチやサラダにしました。

豚肉の低温調理をテーマにした講座が
お陰様でとても好評でした☆

そして、今月のイゾラーラ料理教室は
バジリカータ州マテーラから持ち帰った
テラコッタのお鍋が大活躍してくれました。

イゾラーラ料理教室の皆さまの関心が高い・・
それとも私の郷土料理への熱量が高かったのか、
引き続き、来月もバジリカータ州をテーマに
教室のコースメニューを組み立てますよ~☆
じゃがいもといんげんの煮物や
熱々のスープパスタや
ハーブを効かせた仔羊のローストなど、
滋味深いお料理を作りましょう~~☆



[PR]

by isolala | 2018-10-31 13:34 | 外部仕事 | Trackback

ピニャータ☆・・って何?

ピニャータは、バジリカータ州の郷土料理の呼び名です。
が、もともとはテラコッタの鍋のことです。
調理器具の名前でもあり、そのお鍋で煮込んだ料理でもあります。

下の写真は
今年の夏に訪れた南イタリアのマテーラから
持ち帰ってきた
土鍋☆ピニャータ


a0154793_15213749.jpg

手荷物にしないと割れてしまいそうなので、
これを持って旅するのは、ちょっと大変でもありましたが、
旅のお供になってくれたこの鍋が日に日に可愛く思えてきたのでした(笑)

さあさあ、今月はこの大切なお鍋の出番がやってきましたよ~
お肉や野菜を煮込んだ・・
☆ピニャータ pignata


a0154793_16103039.jpg

パスタ生地で、ふたを作るんですよ~
本来は、まき窯や暖炉の火のそばで、ことこと煮込むため、
蓋代わりのパンは炭がついたり焦げてしまって食べられる部分が
少なくなるそうですが、
現代では、オーブンで焼くことが多いので、パンも
きれいに食べられます♪

パンの蓋にナイフ入れて、そっと開けてみると・・・


a0154793_16253014.jpg


良い感じ~!
そっとふたを閉じて・・これは家族用なので、夜まで閉じておきます。
私の試食用は、
小さい土鍋の方♪


a0154793_16302622.jpg

美味しいランチになりました(笑)

数日後からはじまるバジリカータ州がテーマのレッスンに備えて、
今月に入ってから、試作を兼ねて、
我が家の食事に3回もピニャータを作ってたんですよ~^^

なぜ3回も作ったのか・・・それは、作っているうちに、
いろいろ試したくなったのです。
つまり、羊肉を、豚肉にしたり、牛肉にしたり~~
バジリカータ州は丘陵地や山岳地が多いため、
羊や山羊を育てる農家が多いそうです。
この郷土料理のピニャータには、特に決まりはないものの、
必然的に羊肉を使うのが伝統のようです。

ですが、他のお肉で作ることもおススメしたいので、
試作していたというわけです。
今月は各クラスのメンバーを思い浮かべながら、どちらのお肉になるか・・・
こちらの方で、選ばせて頂きますね☆

いずれにしても、プリモには、マテーラ風トマトソースの
ショートパスタを作りますので、仔羊が苦手な方は
パスタをしっかり召し上がってくださいマセ^^



[PR]

by isolala | 2018-10-15 16:46 | 教室の様子・メニュー | Trackback

アマレーナのクロスタータ☆

今月の教室メニューのドルチェは、
☆アマレーナのクロスタータ
 Crostata all'amarena


a0154793_20510693.jpg




イタリアでは、B&Bやホテルの朝食に、
マルメラータ(ジャム)を使ったクロスタータが
よく出てきます。
勿論、おやつにも。

今まで、教室でもあんず、いちじく、ブルーベリーなど、
ジャムを使う簡単なクロスタータが、
過去の教室メニューに登場しましたが、
アマレーナ(ダークチェリー)はまだでした・・・

今月のアドバンスクラスでは、バジリカータ州をテーマに、
教室メニューを組み立てています。

クロスタータ・・・どこの州でも食べられていますが、
バジリカータ州マテーラの料理上手なマンマの
あの味を思い出しながら・・・
甘酸っぱさが、いい感じ~なドルチェを
作りましょう☆



[PR]

by isolala | 2018-10-12 21:04 | 教室の様子・メニュー | Trackback