人気ブログランキング |

☆森の幸のフジッリ

何だか急に秋らしくなってきました・・・夏の間の控え目な食生活から一気に
実りの秋、食欲の秋へ~~いろいろなレシピが頭に浮かびます♪
今月のイゾラーラのパスタソースは、クラスによって多少異なりますが、
たっぷりのきのこ、クルミ、パルミッジャーノなど使ってます・・そして
フジッリ(糸巻きという意味)という名のねじねじショートパスタに絡ませてます♪
~少量のクリームとパルミッジャーで仕上げますが、もうひとつ
仕上げに栗を入れると、森の幸って名付けたくなりました♪
パスタのために、わざわざ栗の下ごしらえをするのは大変なので;
時には、こういうものを使ってはいかがでしょう・・?
a0154793_23193180.jpg

お料理にも便利に使える秋の味覚です☆
有機農産物であるという厳しい認定を受けている
JASマークを確認して買ってます(真ん中の赤いパッケージの有機JASマーク
見えます?左下にありますよ~)
a0154793_23351451.jpg

フジッリや森の幸のいろいろな食感も面白いです♪
栗は時どき、ほくっと、ほんのり優しい甘さです。
ラフにお料理して、ワインもラフに選んで、美味しいパスタをいただいてると
夏の疲れもすっかり癒されます~・・・☆

さて、しばらくブログをお休みします~イタリアに研修に行って来ます・・・
帰ってきてから旅行記など、アップ致します~
どうぞまた、お立ち寄りくださいね~お待ちしてます♪

by isolala | 2010-09-26 22:03 | 教室の様子・メニュー | Trackback

生パスタは、やっぱり美味しいという結論♪ 

7月から始まった、、のるすくショウルーム様での「生パスタをつくろう!」の会は、
今日で終了しました~今日もとっても美味しくできましたよ~♪
3回目の今日の生パスタ
☆ガルガネッリ ポルチーニソースについては
以前アップしましたので
今日はワインのことを少し・・

今日作るパスタを頭に思い描いて・・クリームソース、きのこ、クルミ、
パルミッジャーノの相性を考え、想像の中で味わい(笑)
サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ を選んでみました。
決め手は生産地がエミリア・ロマーニャ州だったから・・・
今回の「ガルガネッリ」の発祥と言われている州と
同じだ・・・と思っって手にとりました。
a0154793_2315548.jpg
 
イル、ポッジョという名のこのサンジョベーゼ種の赤ワインは
少しベリー類などの果実味も香りもあって・・程良い酸味が
ポルチーニクリームソースとぴったりの相性だったようです♪
そして・・自分たちで作った生パスタは、やっぱり美味しい!という結論に♪
今回も皆さん、とっても楽しんでくださいました♪

ご参加して下さった皆様、本当にどうもありがとうございました☆

by isolala | 2010-09-18 23:58 | 出張料理教室 | Trackback

☆鶏肉のロール巻き

今月のイゾラーラ料理教室のセコンド(メイン料理)は
フライパンだけで調理する鶏肉料理です。
a0154793_2265633.jpg

イゾラーラ料理教室でのタコ糸の使い方は・・無造作にぐるぐるっと巻いて結ぶだけ・・、
タコ糸を使う=面倒臭い料理 と思ってる方に好評です♪
今月、暑かった先週のクラスでは、少し冷ましてからいただきました。
a0154793_22121968.jpg

少し涼しすぎるように感じた今週のお教室では・・・
温かいうちにいただいてます~
a0154793_22141071.jpg

冷蔵庫で3日位保存できます。冷たいままでも美味しい・・・温め直しても
美味しいですので臨機応変に~☆

by isolala | 2010-09-16 22:43 | 教室の様子・メニュー | Trackback

いちじくのコンポート&ゼリー

a0154793_10545063.jpg

上の写真は旬のいちじくを使ったコンポート(薄めのシロップ煮)です。
今年の夏は桃のコンポートをよく作ったんです。
固い桃や傷みそうな桃をさっとコンポートにして冷蔵庫に
入れておいて、よくいただきました♪・・・そして残った漬け汁
(フルーツシロップ)は桃の風味がして、とっても美味しいんです~
そのフルーツシロップで、ゼリーもよく作ったんです。
同じことを今度は、いちじくで♪
果物によって香辛料などは変わりますが・・いちじくの場合は
クローブと八角を入れてます。
a0154793_10501034.jpg

☆いちじくのコンポート のフルーツシロップで
☆いちじくのゼリー 
 も作ってみてください♪  
a0154793_10482059.jpg

コンポートの果物を少し取り出し、カットして、グラスなどに入れたら
ゼラチンを溶かしたフルーツシロップを注いで、冷蔵庫で冷やし固めます。
一度に2種類(コンポートとゼリー)のドルチェの出来上がり~♪
簡単でとっても美味しいですよ~☆

by isolala | 2010-09-12 11:40 | 料理・食材 | Trackback

生ハムと季節の果物

厳しかった残暑も少しずつ和らいできた感じですね・・・
スーパーでは秋の果物が並び始めました~
見ると買いたくなるのが、いちじく♪
a0154793_11305764.jpg

スーパーでいちじくをみると生ハムを連想してしまいます。
「生ハムといちじく」・・・美味しい生ハムの熟成された薫りと塩気、
季節のフルーツのフレッシュな香りと甘さのバランスと食感が
記憶に刻み込まれているようです(笑)
イゾラーラ料理教室のアンティパストでも過去に登場しました・・
今年は合わせるフルーツを変えて・・
a0154793_1224982.jpg

まだがんばってる桃と出始めたばかりの洋梨。
スプマンテと合います~好評です♪・・・メロンだけではなく、柿なども美味しいんですよ~
いちじくは、はずせないので新レシピとしてではなく、
このレシピはオマケです~
レシピにするほどのことでもなく・・・切って並べるだけなので~(笑)

皆さんもいろいろなフルーツで試して、季節を感じてみてくださ~い☆

by isolala | 2010-09-11 12:24 | 教室の様子・メニュー | Trackback

生パスタの会 ☆ガルガネッリ ポルチーニ ソース

まだまだ残暑が厳しいですが・・お元気ですか?
本日はのるすくショウルームでの9月のプチイベントのご案内をさせて下さい。

9月18日(土)、3回目の「手打ちパスタを作ろう!」の会を
のるすくショウルーム
素敵なキッチンで、させていただきます。
3度目の今回はガルガネッリというショートパスタを作りますよ~
秋の味覚を意識して、乾燥ポルチーニときのこをたっぷり使って仕上げます。
a0154793_10445099.jpg

今回はこちらのニョッキも作れるボードを使います。
パスタマシーンの力を借りてのばした生地を正方形に切ってボードの上に
載せて転がすと・・・
a0154793_10454483.jpg

a0154793_14383595.jpg

a0154793_10461251.jpg

イゾラーラ料理教室で作っても、ここは歓声があがるところです♪
最終的には次の様になりますよ~♪
a0154793_10463220.jpg

乾燥ポルチーニときのこがクリームに絡まり、さらにガルガネッリに絡まり、
きのこの旨味と手打ちパスタのもちもち感が、たまりませんよ~(笑)
美味しいワインもご用意して(アルコールがダメな方にはノンアルコールの飲み物をご用意)
お待ちしております。

お申し込みは直接のるすくワークショップからお願いします。

ご一緒に、手打ちパスタを作って♪ 一足早い秋の味覚を楽しみませんか?
皆さまのご参加を楽しみに、お待ちしてます☆

by isolala | 2010-09-04 09:59 | 出張料理教室 | Trackback

神楽坂 大〆 ・・・ 「イタリアな空間」

本日は神楽坂の「大〆」に行って来ました。
創業100年という、美味しい大阪寿司の老舗です。
神楽坂の裏通りに、この一帯だけフランスの様なイタリアの様な
不思議で素敵な一角があります・・・
a0154793_12152226.jpg

右奥が「大〆」です。
材料の魚の味が落ちる真夏には2週間位お休みになってしまう;
こだわりのある、本当に美味しい大阪寿司のお店です。
というわけで、今はまだお寿司のほうは夏休み。

本日から9月5日までは店主の加藤氏の個展会場です。
今回の個展は、加藤さんご家族のイタリア旅行の足跡を
たどれるようになっています。
温かみある絵を眺めていると、いつのまにかイタリアへ旅した気分になれたり・・
まだ行ったことのない街を思ったり・・・イメージがふくらみます。
a0154793_1241418.jpg

加藤氏の描く、イタリアを眺めながら♪
a0154793_12525862.jpg

イタリア通の加藤氏セレクトの美味しいイタリアワイン(1000円で飲み放題)
をいただきながら♪
a0154793_12422090.jpg

美味しいアンティパスト(パンツァネッラ、カポナータ、牛肉の煮込みの盛り合わせ、2000円)をいただきながら♪
この「イタリアな空間」で、すっかりリラックスして、
幸せなひと時を過ごせましたよ~☆



・加藤堅二郎 個展
 9月1日~9月5日

 大阪寿司 大〆 ℡ 3260-2568
         新宿区神楽坂6-8

by isolala | 2010-09-01 22:55 | Trackback