メディチ・リッカルディ宮でのお能の公演会☆

旅行記の続きです。


2018年6月29日 金曜日
今朝はB&Bでの朝食をしっかり摂った後、
午前中は、サンタマリアノヴェッラ教会界隈を
歩いた。

a0154793_23095484.jpg

その後は書店で地図を探したり、
イータリーで食材を見て、ここでランチをした後、
メディチ・リッカルディ宮に行った。
今日は、友人主催のイベントの受付などの
お手伝いすることになっていた。

イベントの題目は
「お能の魅力と素晴らしさ(FASCINO e BELLEZZA)」
というもので、主催者は日伊文化交流協会
「フィレンツェ・マニフィコクラブ」の
Jさんである。

彼女は、日伊交流のための文化活動を
長年続けていて、その功労者として、
昨年は「ロレンツォ・イル・マニフィコ賞」という
栄誉ある賞を授与されている。

今回のイベントも企画から始まり、
日本での宝生流お家元への出演交渉や、
リッカルディ宮での開催にあたっての
イタリア各方面への交渉など、難しい準備を
こなして今日を迎えている。

受付を少しでもお手伝いすることで、
このワクワクする場にずっと居られて、
本当に嬉しい。


受付付近の様子


a0154793_02432845.jpg




宝生宗家の宝生和英お家元による
「清経」が見どころとのこと。

下の写真は、公演が行われた
メディチ・リッカルディ宮の中にある
ルーカ・ジョルダーノLuca Giordano の部屋の
様子を入口のドアが開いた時に素早く撮ったところ。


a0154793_00340571.jpg




公演は満席で大盛況だった。

イタリア人のお客様から、またお能を見たいので
次の催しがあったら是非知らせてほしい・・と、
受付に連絡先を残して帰る方々が何人も
いらしたのは感激だった。

公演後は、お家元とお弟子さん、スタッフさんを
ねぎらう夕食会があった。
素敵な場所での美味しくて楽しい会だった。

宿泊先に戻り、素晴らしい会の余韻に浸り、就寝。






[PR]

by isolala | 2018-08-28 22:55 | イタリア旅行’18 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/238737106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。