カラブリア州 7年ぶりのカストロヴィッラリにて。

旅行記の続きです。


2018年6月25日  月曜日 
午前中、7年前に訪れたことのある
カストロヴィッラリに到着。
アテンドをお願いしたYさん家族には、
可愛い赤ちゃんが加わり賑やかになった。

この地で主婦として暮らし、食生活に詳しい
Yさんにカラブリア州の代表的なロザマリーナ
の作り方を習った。
ロザマリーナは、晩冬から初春の限られた時期に
捕れる生しらす(いわしの稚魚)を塩と唐辛子に漬け、
発酵させて作るこの州の代表的な発酵食品である。
(サルデッラと呼ぶ地域もある)




a0154793_11310285.jpg
生しらすは時季が合わず、冷凍を使ったが、
手作りの乾燥ぺペローネを細かく刻み、
唐辛子はこの町で一番美味しいとされているものを
使った。
長い期間、発酵させるというわけではないので、
保存期間が短く、これをロザマリーナとは呼べないかも
しれないが、これはこれで美味しくできたし、
気軽に活用できそうだ。

帰宅したご主人、お義母さまといっしょに昼食を
ごちそうになった。
からすみパウダー入りスパゲッティー(写真撮りそびれ・・)
と豚肉とグリンピースの煮物を出してくださった。


a0154793_12300492.jpg
昼食後は、階下のイレアナマンマ(お義母さま)の台所に移動。
サルデーニャのお菓子を習った。

a0154793_16063596.jpg




彼女は、サルデーニャご出身なので、
以前から興味のあったリコッタチーズを使う
お菓子を習った。

はちみつをたっぷりからませた
☆パルデュラス

a0154793_13092127.jpg
手打ちの生地で包んで焼くので、手間はかかるが、
その分、やはり美味しい。

夕方、7年前にもお世話になった
B&Bにチェックインして、夕食時間まで少し休んだ。


Yさんと、ご主人のSさん、そしてKちゃんといっしょに、
Sさんの弟さんがシェフを務めるお店で夕食。

☆アランチーニ(チーズ入りコロッケ)

a0154793_16455791.jpg


☆クリームベースのアンティパスト
パルミッジャーノチーズがのっている。


a0154793_16503635.jpg


アンティパストなど、シェアするイメージだったけれど、
気が付いたらSさんと私が
同じアンティパストに・・
1人に1人前のがっつりアンティパストは・・
不覚にもそれだけで
お腹がいっぱいになってしまった。


☆春野菜のリゾット


a0154793_13310800.jpg

仕上げに、ラルドがのっている。
バジリコのペストで塩味が効いている。
油脂分が多く、リッチな味わい。

美味しい赤ワインを片手に、Yさんに少しシェアしていただきながら、
ゆっくり味わって・・・
美味しかったのだが、こちらも量が多くて
申し訳ないことに、食べきれなかった。


Yさんご家族にB&Bまで送っていただき、就寝。


旅行記つづく・・・



[PR]

by isolala | 2018-08-23 22:49 | イタリア旅行’18 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/238727732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。