2018年6月 カッラーラのワイナリーへ☆



旅行記の続きです。


2018年6月19日

ローマ発9:57分発のインターシティーに乗車
トスカーナ州のカッラーラ・アヴェンツァに13:37分着。
約3時間半、時間はかかったが、ローマからの直通だったので、
楽だった。

カッラーラは、あのミケランジェロが、
こだわって使った上質な大理石の産地である。

そして、この地で、ワインを作っている日本人女性が
いる・・・彼女とは、今年の2月に東京で開催した
ワイン会に出席したご縁があり、今回、この地を訪問する
機会に恵まれた☆

駅に迎えに来てくださったKさんと、
地元のスーパーマーケットで買い物をして、
着いたのは・・・
息をのむほど、素晴らしい場所だった。

a0154793_00184334.jpg

この静寂な場所から見える景色は、神秘的で、
清々しかった。


きれいな空気の中で育っているブドウの畑


a0154793_00162697.jpg




a0154793_00173705.jpg


お昼ごはんを食べそびれていたのだが、
kさんが「お昼ご飯たべましたか?」と聞いてくださった。
何だか子供みたいに、
「いいえ、ちょっとおなかすいてます」(笑)
素直に答えてしまった。

直ぐに、出してくださったのは、
☆自家製の白ワインと、
☆トマトソースのスパゲッティ



a0154793_23182696.jpg
ワインは美味しいし、
パスタも美味しいし、
素敵なシチュエーションの中での
この昼食の心弾む嬉しさは忘れられない。

ギャラリーの芸術作品やテラスの彫刻を鑑賞したり、
太陽の光で、少しづつ変わっていく山を眺めたりしてすごした。
テラスから山脈を望む一番良い場所には、
大木達美氏の作品「コスモピープル」が存在している。
その白く美しい姿は、守り神のように優しい。


a0154793_00520201.jpg



20時すぎていても、外はまだ明るかった。
そうこうしていると夕食がはじまった。

☆トマト、モッツァレラ、バジリコの
サラダや海老のサラダ



a0154793_00490048.jpg


☆いわしのスパゲッティー



a0154793_23240331.jpg

どのお料理も素材が新鮮で、身体にやさしく
美味しかった。
自家製の美味しいワインを片手に、
話も弾んだ。

食後は、とびっきり美味しい赤ワインをいただきながら
テラスから見えるほたるを眺めたり、
星を眺めた・・ゆったりと幸せな時が流れた。

翌日はまた、朝から爽やかなのだった。
その様子はまた~


つづく・・・

[PR]

by isolala | 2018-08-07 07:10 | イタリア旅行’18 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/238698261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。