2018年6月 マルタ共和国にて②’

旅行記のつづきです。


2018年6月17日 夜

ホテルで少し休んで、
マルタの郷土料理があるお店に行ってみた。


a0154793_10410530.jpg

20時頃になってもまだまだ明るい・・・
遠くの方が夕陽になってきた。



a0154793_10402983.jpg



a0154793_10400036.jpg



☆ディップの盛り合わせ
 12時方向から時計回りに、
 ・きのこ
 ・いかと豆
 ・オリーブ
 ・サーモンクリーム

メインは
☆タコの煮込み
付け合せとして
☆カポナータ
☆じゃがいもと玉ねぎとベーコンの軽い煮込み


a0154793_10415685.jpg


ディップをあれこれパンに塗って、白ワインを片手に
美味しくいただけた。

タコの煮込みは、
お店の人のおすすめ・・・家庭料理の
定番ということだったけど、クローブなどの
香辛料が口に合わず、珍しく残してしまった。

その他は、飾り気のない料理で、
家庭料理らしかった。

デザートはマルタの郷土菓子として、
カンノーリをすすめられる・・
お店の人に「カンノーリはシチリアのお菓子と思ってたけど?」
と言うと、「マルタもカンノーリをよく食べるし、少し違う」
と言うので、注文してみた。


a0154793_10423171.jpg



やはりシチリアのものと、よく似ているが、
こちらのものは、リコッタチーズのくせが強い。
マルタ島の味というより、このお店の味なのかもしれない。

お料理はあまり印象に残らなかったけれど・・・
ワイン片手に夕暮れの刻一刻と変わる景色
を眺めながら食事ができて、良い時間を過ごせた。

ホテルまでの帰り道、大画面でサッカーのテレビ中継をしている
お店があった。
お店の周りはからも、大勢の人が見られる。


a0154793_14010458.jpg

川のこちら側から、サッカー画面を見た。
チームが一点入れても「ウォー」とこだまして迫力がある。
シュートが決まらないときは「オー・・・」と、トーンが落ちる。
いずれにしても、臨場感、一体感があり、思いがけず
楽しかった。

炎天下の昼間とは、うって変わって、涼しくなっていた。
30分以上見ていたが、少し肌寒くなってきたので、
ホテルに戻った。

荷作りをして就寝。
翌日はローマに向かった。


旅行記つづく・・・





[PR]

by isolala | 2018-08-04 22:28 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/238693372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。