賢島での豪華なランチ☆

長年訪れたいと思っていた志摩観光ホテルの
フレンチレストラン「ラ・メール」に行ってきました。
かつて、このレストランのお料理を有名にした
高橋忠之シェフのお料理・・・特に鮑のお料理にあこがれて、
いつか訪れてみたいと思っていたのです。
気が付けば25年以上も過ぎていたなんて・・・!
(高橋シェフは地元の賢島に住んでいらっしゃるそうですが、
今は引退なさっています)

5月ゴールデンウィーク初日に、
東京を午前9時過ぎに発ち名古屋まで新幹線で、
そこから近鉄特急で、賢島へ。
目的地の志摩観光ホテル内のレストランに着いたのは、
14時少し前でした。
予約時間に何とか間に合いました;

広々としたレストランの一番奥の景色の良い席
でランチが始まりました♪

4名で各々、鮑のステーキコース、
伊勢エビのアメリカンソースコース、
スプリングランチコース、
シーフードカレーコースを
お願いしました。

それぞれ、鮑のスープ、伊勢エビのスープ、ガスパチョ、
ミネストローネを美味しくいただいた後、
私に運ばれてきたメイン料理は、
・鮑のステーキ ノワゼットソース
a0154793_22192995.jpg

蒸した鮑が柔らかく、鮑自体は思ったより淡白だったので、
バターソースをよ~く絡めながらいただきました。

そして、夫の頼んだコースのメインは
・伊勢海老のアメリカンソース
a0154793_22201815.jpg

(食べかけの画像で失礼します;)

スプリングランチコースのメイン料理は
・すずきの海藻蒸し
a0154793_22233394.jpg

・牛肉のミニステーキ イタリア風
a0154793_20113228.jpg


そして、シーフードカレーコースは
海老や鮑などが入ったカレーでした。
(写真を撮りそびれました;)
デザートは全コースとも、下のいずれかが付きました。
a0154793_2050555.jpg

a0154793_22501929.jpg


上記の鮑のステーキや伊勢エビのアメリケーヌは
高橋シェフの時代のレシピを受け継いで
つくられているということでした。

食後はホテルの周りを散歩したりして、
のんびり過ごし、
夕方、賢島駅から在来線に乗り、列車の中から時折見えてくる海や新緑
を眺めたりしながら、宿泊先の鳥羽へ向かいました。

追記:食の日記とは言え、食べ物以外の画像もアップしておきます^^
鳥羽の宿泊先ホテルの窓越しからの風景
a0154793_14113595.jpg

夕焼けも心洗われる風景でした☆

翌朝は、伊勢神宮へ・・
宇治橋は連休で混雑していましたが
橋から眺めた五十鈴川・・
a0154793_1335266.jpg

りんとした静謐さをたたえていました。

伊勢神宮内の美しい新緑の中を
観光客とぞろぞろ歩くのも、良い気分でした。

ご参拝を終え、おかげ横丁に向かうと、
ランドマーク?の赤福の前も混雑・・
a0154793_13465642.jpg

連休の人混みを覚悟して強行した旅でしたが、
賢島、鳥羽、伊勢神宮・・・本当に良い空気が
流れていて、おかげさまで
心にのこる良い旅ができました☆
[PR]

by isolala | 2015-05-09 23:58 | 旅行(国内) | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/21210549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。