人気ブログランキング |

2014年教室の記念旅行⑥フィレンツェにて☆

旅行記のつづきです。


2014年10月6~7日

6日朝は、ゆっくりめの朝食を済ませ、
ピッティ宮前の広場辺りから、
S.M.N駅近くにある中央市場まで、
散策しながら到着。
まずは、場内の名店「ネルボーネ」で、
ランチをした。
a0154793_2052365.jpg

名物のトリッパは大好物な人、苦手な人、両方いたので、
トリッパ以外に、ギリシャサラダ、モッツァレラとトマトのサラダなど
頼んだ。
その後は、お目当てのドライポルチーニなどなど
を買い、重い荷物を片手に
サンタマリアノヴェッラ教会あたりで、一休み。
a0154793_20241569.jpg

街自体が世界遺産のフィレンツェでは
立ち止まらずにはいられないスポットがたくさんあり、
時々、お店ものぞきながら周っていると
時間はあっという間に過ぎていった。

夜は、予約していた「オーラ・ダリア」に行った。
コース料理が少量づつ、おしゃれに運ばれてきた。
中には好みが分かれそうな冒険的?メニューと
感じたものもあった。
けれども、トスカーナの家庭料理にシェフの
アレンジを施した滋味深い料理もあった。
たとえば・・・
☆いんげん豆と野菜のミネストローネ 帆立貝とともに(以下料理名は私が勝手につけたもの)
a0154793_20341586.jpg

帆立貝の火の通し加減やいんげん豆のほど良い食感や旨味が印象的だった。

☆小麦粉のニョッキ あさりとトマトのソース タマゴ添え
a0154793_20345756.jpg

この卵は「パオロパリージの卵」?案外さっぱりとした美味しい卵・・
カメリエラに聞いてみたら、やはりそうだった・・・シェフがこだわって使っている
有機農法の卵だった。

ドルチェは
☆いちご風味のセミフレッド
a0154793_21361923.jpg

銘々、アラカルトで選べた。

今回の旅で、何かとお世話してくださったJさんを交えて、
9人でゆっくり味わった食事は、フィレンツェ最後の夜にふさわしく、
賑やかで楽しい会食だった。

翌朝は、ピッティ宮内のラファエロの絵画など鑑賞し、
スーパーなどで早足に買い物済ませ、14時35分の飛行機に
間に合うようにアメリゴベスプッチ空港に向かった。

空港で、英語ペラペラの旅行メンバーIさんに
バトンタッチして、皆さんと手を振ってお別れした。
皆さんは、手荷物検査が終わっても、
向こうの向こうから手を振ってくださった。
~~~~~~

この後、私はフィレンツェ郊外で料理を習い、
アッシジとアレッツォを周って、5日後に帰国しました。
その旅行については、別の機会にまた~☆

以上、今回の旅に関わってくださった
一人一人のお顔をしみじみと思い出しながら、
「2014年イゾラーラ料理教室15周年記念の
旅行記」を終わります。
ありがとうございました!
Grazie mille!

by isolala | 2014-10-24 22:44 | イタリア旅行’14 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/20318584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。