カルトッチョ2種☆

今の時季は、スーパーの魚コーナーに並ぶ魚介類も元気な様子をしていますね~
粒の大きいあさりやさわら、たら、金目鯛、真鯛、すずきの切り身を見かけると、
イタリアンの簡単な調理法・・カルトッチョ(紙包み焼き)が頭に浮かびます。

カルトッチョは、イタリア語で紙を意味するカルタが語源になって、
カルタで包む料理の呼び名となっています。
包む食材は、肉、魚、野菜など・・・紙に包んで蒸し焼きにすることによって、
旨味を閉じ込めます。

今月の料理メニューは、クラスによって、2種のカルトッチョのうちどちらかを
(クラスによっては両方)作ります。

下の写真は紙を開く前・・何が入っているのかな~♪
☆魚介のパスタのカルトッチョ(al cartoccio)
a0154793_11334324.jpg

ワクワク感がテーブルを楽しくしてくれます・・・

開けてみました~☆
a0154793_11341922.jpg


あるいはセコンド(メイン)料理としての一皿・・・
☆鯛のカルトッチョ(al cartoccio)
a0154793_1249328.jpg


上記の2種のカルトッチョ・・・いずれにしても
紙を開けたとたん、磯の香りやハーブの香りなどが一体となって、鼻孔をくすぐります。

紙に包むだけのひと手間で、確実に美味しくなって、
テーブルを楽しくしてくれるカルトッチョ・・・お役立ち調理法ですね~☆
[PR]

by isolala | 2014-04-11 12:51 | 教室の様子・メニュー | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/19667418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。