小さなお鍋の中は・・・美味しいお肉☆

今月のお教室では、人が集まることの多い時季を意識して、
数日前から用意しておける保存食・常備食を使って、
すぐにできるアンティパストを紹介しています。
そしてセコンドの牛肉料理が、お陰様で好評です!

下の写真はレシピ用の写真を撮影をした時のものです。
お教室レッスン当日のサプライズにしたいことがいくつかあったので、
ブログにアップしませんでしたが・・・
今月のレッスンも前半終わりましたので、
アップしてみますね~
☆Gulasch(グーラッシュ)
a0154793_1540921.jpg

お肉の下には、実はきのこごはんがしのばせてあります☆

レッスン後、帰って直ぐに作ってくださった生徒さんは
耐熱皿にグーラッシュを盛って、アルミホイルを被せて、
オーブンで熱々にしたそうですよ~^^
でも、普通のカレーやシチューの盛り方でも全くかまいませんので、
どうぞ気軽に作っていただけたらと思います。

因みにイタリア現地の盛り付けはこんな感じ・・
a0154793_15314994.jpg

見かけはフツーですが、
お肉の美味しさが、ガツンと印象にのこった料理です。

教えてくださったモニカの話では、
グーラッシュの作り方は家庭によって、
様々だということでした。
彼女は、1週間に1回位このモニカ風グーラッシュ?を
家族のために作っているそうです。
私は数十年前にハンガリー料理として習ったレシピを
徐々に何となくアレンジして・・・いわゆるおうちレシピとして
たまに家族に作っていました。
とても美味しいのですが、けっこう手間のかかる
お料理・・・でした。
それと比べると、モニカ風はとても簡単です。

そして、最後までお肉だけを煮込むのは、
じゃがいもなどの野菜が煮崩れないので、
翌日食べても、すっきりとお肉だけの美味しさが味わえますし、
たっぷり作って、添える野菜を変えれば、飽きません。
つまり作る側にとっては楽々メニュー^^

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の代表的な家庭料理グーラッシュ・・・
日本人の体質、好みに合わせて、野菜をたっぷり摂れるように、
少しだけアレンジしました☆

後半クラスの方もお楽しみに~☆
[PR]

by isolala | 2013-12-15 15:51 | 教室の様子・メニュー | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/19150585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。