人気ブログランキング |

メルボルン最終日の夜。

旅行記の続きです。

2013年8月28日
ワイナリー巡りから、一旦ホテルに戻り、少し休んで
気分も新たに夕食へ~
オーストラリアは移民の国とも言われていて、
これと言ったオーストラリア食レストランというのは見つけにくい・・・
であれば、イタリアンを・・・ということで、最後の夜は
トラットリア「リカルドーズ」に行った。
ワインは「今日のワイナリー巡りの締めくくりに・・・」
ということでHさんが選んでくださった。
・オーストラリアワインHeathcote Estate 
a0154793_1311467.jpg

・アンティパスの盛り合わせ
a0154793_1115266.jpg

この他に・水牛のモッツァレラのカプレーゼも注文した。
パスタを3種類・ラグーのペンネ・にんにくと唐辛子のスパゲッティ
ほうれんそうと松の実入り・えびのリングイネを4人でシェア。
a0154793_1124812.jpg

その後、・羊のロースト・仔牛のコトレッタをシェア。
a0154793_11282057.jpg

ドルチェは・リンゴのクランブル・アッフォガート(写真ナシ)
このお店のイタリアンは、美味しいワインとの組み合わせもあって、
どれも美味しかった。

こうして、最後の夜も楽しいディナータイムを過ごした・・・
翌8月29日、メルボルンからシンガポール経由で
帰国(翌早朝、羽田到着)
       ~~~ ☆~~~~~☆~~~~~☆~~~
今回の旅では、Yさんにオーストラリアの食材を使って、
素材の持ち味を生かした様々なお料理を作っていただき
ました。
オーストラリアは新鮮で安全な食材に恵まれていることも
よく分かりました。
それを引き立てるのはやはり料理の腕だと思うのですが、
オーストラリアの家庭では、料理好きな主婦は比較的少ない
と聞きました・・・人が集まるときには、バーベキューをすることが多いようで、
スーパーや雑貨店などでも、バーベキューのための道具をよく見かけました。
移民の多いオーストラリアでは、どんな国の人にも対応できる
バーベキュー料理が好まれているのでしょうね・・その国の歴史と文化が
その国の食文化を作っていくということを再認識しました。
オーガニックについてもいろいろ考えさせられました・・・
それはまた別の機会に。

オーストラリアでの、食の探求、お陰様で楽しく有意義なものでした。

2020年にオリンピックが開催される際、和食は勿論ですが、
日本における創意工夫のあるイタリアンのレベルの高さも
もっと世界に誇れるものになっているような気がします・・・
日本の誇れる食文化を大切にしていきたいと思います。
食についてのいろいろなことを考えると、想像はどこまでも
膨らみ話がそれていきますね(笑)・・・
きりがないので、この辺りで~ストップ^^

以上オーストラリア旅行記を終わります。
(実はシンガポールのトランジットタイムに、美味しいお料理を
いただいたのですが、それはまた何かの機会に~)

※次回から通常の「食にまつわるあれこれ」に戻ります。
よかったらどうぞまたお立ち寄りくださいね^^

☆☆☆イゾラーラ料理教室からのお知らせ☆☆☆
9月5日から1ヶ月間、ドリーミアクラブサロンこだわりリレーにて、
「isolalaイタリア料理教室」でのこだわりグッズなどを掲載していただいています。
よかったらどうぞごらんくださいね☆




by isolala | 2013-09-09 13:59 | 旅行(イタリア以外) | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/18534798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。