ナポリのジェノヴェーゼ☆

イタリア料理で、ジェノヴェーゼ(=ジェノバ風)と言えば、
バジリコ、松の実、チーズをペースト状にしたものが知られていますよね。
でもナポリのジェノヴェーゼと言えば、
玉ねぎを大量に使う料理のことなんですよ~☆

私がイタリアで、この料理を習ったアントニオシェフの説明によると・・・
イタリアが統一する前、ナポリ王国だった時代に、
ナポリの港で働いていた、北イタリアのジェノヴァから出稼ぎに来ていた
ジェノバ人の間で、安価な玉ねぎと豚の皮や脂の多いばら肉を使う
この料理が流行って、だんだん広まり、ナポリの家庭料理として根付いた
ということでした。

今月のイゾラーラ料理教室のコースメニューでは
煮込んでトロトロになったジェノヴェーゼを
パスタのソースにして、プリモ(第一の皿)にします。
☆パッケリ アッラ ジェノヴェーゼ(Paccheri alla Genovese)
a0154793_2092687.jpg

フォークとナイフを使っていただきます。
豚肉の旨味と玉ねぎの甘みが口の中にジュワッと広がります♪
パッケリは、下の写真のものを使います。
セモリナ粉の美味しさを教えてくれるグラニャーノ産の乾燥パスタです。
a0154793_20223925.jpg


玉ねぎといっしょに煮込んだ豚肉はセコンド(第二の皿)にします☆
a0154793_20132182.jpg

家庭料理の工夫が詰まった調理法です。

その昔、ナポリの港で働く屈強な人々の空腹と味覚を満たしたジェノベーゼ・・・
港の活気が伝わってきて、元気が出そうでしょ?(笑)
とは言ってもさすがに豚の脂身はカロリーオーバー;
お教室では、適度に脂のある豚肩ロース肉を使ってカロリーダウン。

血液をサラサラにする健康効果も期待されている
玉ねぎをたっぷり使ったヘルシーなお料理ですよ~☆
[PR]

by isolala | 2013-03-21 22:37 | 教室の様子・メニュー | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/17491070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。