ロベルタ先生のお菓子教室参加☆

旅行記の続きです。

2012年10月8日
昼間は料理上手なヴェネツィアのシニョーラ・ヴァリーに
家庭料理を習った。
実は9時に始まるそのレッスンの前に、
ロベルタと一緒に買い出しに出かけた。
そこはベネチア郊外にある、巨大スーパーマーケットで、
業務用の食材から梱包器具のようなものまで、
おおよその料理関係に必要なものが、
ダース単位で売られている所だった。
大きなカートを引いていたため撮影できなかったが、
いろいろなものが、大量にあって、興味深かった。

さて、ロベルタは朝から、夜のお菓子教室に備えて、
買い出しに出かけたり、私とヴァリーが料理をしている横で、
下ごしらえもしていた。
ふと気が付くと、イタリアではビニェと言われる
プチシュークリームができ上がったりしていた。
a0154793_1731750.jpg


19時半から始まるお菓子レッスンは、毎週
「ペッカーティ ディゴーラ」の料理スタジオで開かれていて、
彼女はお菓子部門を主に担当している。
今日は、毎週1回ベネチア在住の女性が
通ってくるレッスン日。

10人位の生徒さんが集まると、フォカッチャなどで、まずはお腹を満たしてから
デモンストレーション形式のレッスンが始まった。
私はロベルタ先生の横で助手をしながら、レッスンを受けた。

できあがったドルチェは
☆ガナッシュ
a0154793_1739167.jpg

☆ザバイオーネ
a0154793_17392937.jpg

☆クロカンブッシュ
a0154793_17401910.jpg

カラメルをかけながら用意していたビニェを積み上げていく・・
生徒さんの歓声が上がった。
結婚式に使われるお菓子。
a0154793_17425013.jpg


明るくてエネルギッシュなお菓子レッスンを終えて、
ロベルタ先生の運転する車で帰宅した。
精力的に動き回った1日の終わり・・・運転中でも彼女が
疲労困憊していることが分かった。
家に着いたら、彼女は本当に寝室に直行・・・
倒れるように就寝した彼女が目に浮かんだ。

料理の仕事の華やかに見える陰には、細心の準備が欠かせない。
どうしても身体に無理をしてしまう時もある・・・プロの厳しさを感じた。
体力をキープすることの必要性を
身に染みて感じた夜だった。

本当にお疲れ様でした!
Grazie mille!


今日でベネチアでのレッスンはすべて終わった。
明日は、早朝の列車に乗って、トスカーナ州ルッカに移動する。

その様子はまた次回に~

旅行記つづく・・・
[PR]

by isolala | 2012-11-04 21:50 | ヴェネト州2012 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/16730912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。