ヴェネチアの家庭料理② ラディッキオのリゾットなど☆

旅行記の続きです。

2012年10月8日

今日はヴァリーの料理教室の2日目
まず目についた食材がリクエストした食材のラディッキオ・・・
このきれいな赤と白のコントラストが美しい野菜は
☆ラディッキオ・タルディーヴォ
(正式名は、ラディッキオ・ディ・トレヴィーゾ・タルディーヴォ)
a0154793_1341497.jpg

これは、自然に育った野菜ではなく、普通に収穫した後、
独特の軟白栽培という方法で、水分を補給することによって、
中心部から若芽の成長を促すという、
とても手間のかかった野菜。

チコリの一種で、苦みが特徴のこの野菜を使って・・・
☆ラディッキオのリゾット(Risotto di Radiccio di Treviso rosso Tardivo)
a0154793_1413454.jpg

仕上げにチーズをかけて完成。
フレッシュなラディッキオは、苦みはほとんど感じられず、
後味にほんの少しの苦みを残す程度のバランスがよく、
本当に美味しかった。

☆豚肉とかぼちゃの煮こみ(Spezzatino di maiale con zucca)
a0154793_14232075.jpg

☆牛肉の煮物(Manzo in umido)
a0154793_14494594.jpg


ドルチェはベネト州の伝統菓子
☆ザレッティ(Zaletti)
a0154793_13532937.jpg

とうもろこし粉を使って作るクッキーのようなお菓子で
後を引く美味しさ。

2日間のヴァリーのレッスンは、
リクエスト以上のことを教わり、充実した内容だった。
彼女が長年大切にしてきた「ヴェネチアの料理」
という一冊の本を譲り受けた・・・
「私が持ってるよりイゾラーラが持ってる方が役に立つから・・
家族や生徒さんにベネチアの料理を作ってくれたら嬉しい」
と言って、遠慮する私に強引に持たせてくださった。
ありがとうシニョーラ ヴァリー
a0154793_1533541.jpg

Grazie mille!
 

この後、いったんロベルタの家に戻り、
夜は、お菓子教室に参加・・・
その様子は次回また~

旅行記つづく・・・
[PR]

by isolala | 2012-11-04 15:49 | ヴェネト州2012 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/16729636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。