ヴェネチアの魚料理☆

旅行記の続きです。

2012年10月6日 ②
市場で買い物をして、臨時の料理教室になるお宅に着いた。
キッチンのインテリアも素敵で、使いやすい。
早速、サルディンサオールの下ごしらえをした。

今日のレッスンはドイツ人グループだが、実習はほとんどなく、
デモンストレーション形式なので、
セバスチャーノと一緒に下準備をした。
これが、とても楽しかった。
例えば・・・

サルディンサオールの下ごしらえをした際、
手開きしたいわしを逆さにしたボウルに並べた。
a0154793_1125995.jpg

こうすれば水がきれる・・・なるほど。

ある程度の下ごしらえを済ませた頃、到着したドイツ人グループに
加わってレッスンを受けた。
最初に出来上がった
☆バッカラ マンテカート(干だらのディップ状のもの)
a0154793_11343313.jpg

立ったまま食前酒で喉をうるおして、頬張ると、
ヴェネツィアーナ(ヴェネチア人)になった気分だった☆
その後、席を移して試食タイム。
☆タリオリーニ 魚介のソース
a0154793_1147087.jpg

☆すずきとポテトのオーブン焼き
a0154793_11474314.jpg

☆サルディン サオール(鰯の酢漬け)・・
a0154793_11524288.jpg

・・このお料理に使う玉ねぎをスライスするセバスチャーノ先生・・
a0154793_11303649.jpg

すっごく速い!
今まで会ったイタリア人の中にも
これほどスピーディーにスライスした人はいなかったくらい。

魚介づくしのお料理はどれも素材の新鮮さを感じる
美味しさだった。

ドルチェは、
☆ザバイオーネ
a0154793_11494682.jpg

チョコレートやナッツがたっぷり入って、おしゃれ。

料理教室を終えて、感じの良かったドイツ人グループに
別れの挨拶をして、外へ出た。
夕方までの時間、自由時間だったので、
サンマルコ広場やアカデミア美術館に行ってみようと、
歩き始めたら、通りは、早朝のベネチアから一転して、
観光客で溢れていた。

途中、リアルト橋から下を見た風景
a0154793_1281356.jpg

人は確かに多いけれど・・
橋の上から運河を眺めると・・・
やはりシャッターを押さずにはいられない、
心惹かれる風景がそこにあった。
a0154793_12323724.jpg


旅行記つづく・・・・・
[PR]

by isolala | 2012-11-02 12:47 | ヴェネト州2012 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/16717466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。