シチリア トラーパニのアグリの夕食☆

旅行記:

2008年11月12日
ヴッチリア市場の近くにある食堂で
ランチをいただいた後は、一旦ホテルへ戻り、
車でトラーパニへ移動。

広くて可愛いアグリツーリズモに到着。
直ぐに夕食の時間になった;
折角の夕食なのに、お腹が全く空いていなかったが・・
次々と、美味しそうな家庭料理が運ばれてきた。
残したら、アグリの厨房の人に悪いな・・
1食1食が、貴重な体験・・
いろいろな思いが頭をよぎる。
・・・とにかく、意を決して、少しずつ取り分けた。
こういう時、大皿で各自取り分ける、食事はありがたい。

この日のコース料理、
最初に運ばれてきたのは、
☆パーネフリット(揚げたパン)
a0154793_17231238.jpg

プリモ2種
☆ズッキーニのリゾット
 
a0154793_17233013.jpg

☆ノルマ風パスタ
a0154793_17252127.jpg

セコンドは
☆ポルペットーネ
a0154793_17262337.jpg

☆じゃがいもの付け合せ
a0154793_17454769.jpg

☆オレンジピール入りのトルタ
a0154793_17265270.jpg

☆完熟の柿とブドウ
a0154793_17271135.jpg

柿はこちらでもkaki と発音する。
イタリアでは柿はポピュラーな果物で、生産量は世界で5番目だと、
何かに書いてあった。品種の特徴で、熟す前は渋くて食べられないので
完熟させることによって渋みのない状態で食べるのだとか・・・
他の州の市場でも見かけたことはあったが、
いただいたことがなかったので、試してみた。
日本で食べる熟しすぎた柿の味・・・甘い。

シチリアの家庭料理コース・・最初から最後のフルーツまで、
お腹が空いてたらもっと美味しいだろうな・・・とは思ったが、
それでも温かみのある美味しい料理だった。

ごちそうさまでした!

部屋に戻って、シャワーを浴びて、眠った。
こういうのを「食い倒れ」って言うんでしょうね(笑)

明日はマルサラ酒のカンティーナ、塩田の見学・・・

その様子は次回また~~
[PR]

by isolala | 2010-03-21 23:57 | シチリア州2008 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/15192859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。