帰国の日 ヴィラ・レアーレ散策☆

回想記


2007年11月24日土曜日

今日はこの宿舎(ホテル)最後の朝食
a0154793_13524882.jpg


最後に写真撮影。
a0154793_13533094.jpg

a0154793_13535517.jpg


☆今日もまたいつもの嬉しい朝食のパターン
a0154793_13542616.jpg


14時にホテル出発・・空港までのタクシーを予約してあった。
そのままピサ空港経由でミラノ空港から成田に向かうこの日、
出発までの時間を素敵に過ごすことができた・・・
今回通訳のMさんと今週のピッツェリアでの夕食時に
イタリア映画の話題で盛り上がり、ヴィスコンティーの映画を話題にするうちに
「イノセント」でルッカがその撮影地となったと分かった。
撮影に使われたヴィラをMさんがリサーチしてくださって、
今日訪問できることになったのだった。

本降りの雨の中、イノセントの舞台になったヴィラ・レアーレを訪問した。
バスを2回乗り換え、広大な庭に立った時は感動のあまり
Mさんと手を取り合ってスキップしたい位、カンゲキしてしまった。
・・・夢の中の出来事のようだった。
そこは、まさに非現実の世界、ヴィスコンティーの世界、様式美のある庭園を歩きながら
シアワセな時間を過ごした。2時間位いたような・・
まるでちょうど映画を1本見た位の時間、
映画のスクリーンの向こうに入ってしまったのである。
(何故か写真がないのが残念)
雨の中、ホテルに戻る途中、ルッカの町にも寄って、
私が探していたイタリアの地図を一緒に探したり、
バールで美味しいカッフェを飲んだりして過ごした。
本当に最後までMさんにはお世話になったのだった。
バスでホテルに戻り、頼んでいだタクシーで
ピサの空港に向かった。ミラノから直行便で
無事に帰国。

Grazie mille !!


以上で、2007年ルッカ回想記を終わります。
この留学は、それまでのイタリアへの思いが
結実したものでした。
さらに、私の人生にとっての転機ともなりました。
この時の感謝の気持ちを忘れずに、
これからもイタリア料理を通して、
幸せな食卓づくりを提案していきたいと思います。

最後まで食中心の留学記に、お付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

明日から通常のブログに戻ります。
[PR]

by isolala | 2011-08-09 23:47 | 料理留学2007 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/14318244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。