ルッカ回想記  遠足 その2  

回想記

2007年11月11日 日曜日②

「遠足」のつづき・・

ミニバスに乗ってすぐ、ガイドの佐藤さんが、
「美味しいエスプレッソを飲みたい人は手を挙げてくださ~い。
ジャンカルロさん(運転手)が自宅で淹れてきたそうです」と明るく
通訳すると歓声が上がった。
朗らかで人の良さそうなジャンカルロさんが
ポットと紙コップを持って手を挙げた生徒にカッフェを注いでくださった。
「さあ、遠足だ~っ」ていう気分も盛り上がって・・さあ、しゅぱ~つ!

バスからの景色の中にトスカーナらしい風景を見つけながら、
楽しくて鼻歌でも歌いたい気分。
バスは最初の目的地シエナに向かっていた。

しばらくすると、「面白い地区があるので、そこにちょっと
寄って、シエナに行きましょう」と佐藤さんが言ってくださった。
その面白い場所とは・・
モンテリッジョーニという城壁に囲まれた小さな町だった。
なぜか写真を撮っていないのが悔やまれるが、
本当に印象的な場所だった。
ガイドの佐藤さんの説明によると、
ここは、13世紀初頭に作られた人口50人弱の小さな町・・・
当時のシエナ共和国により作られたということだった。
坂道を登っていくと小さな広場があり、、
広場ではちょっとした陶器や小物を売ってる露店が出ていて、のんびりとした
のどかな雰囲気だった。広場の前にある小さなお土産屋さんを覗いて、
記念に絵はがきを買った。

その後、シエナに着いた。
カンポ広場の石畳に座って、マンジャの塔を眺めたり、
この広場から見えるすべての美しいものを眺めた。

そして、ランチの時間。
テーブルが一緒になった4人で、相談してメニューを決め、
少しずつシェアーした。
アンティパストは生ハムやサラミなどの盛り合わせをいただいた。
写真がないのだが、薄く大きくスライスされた生ハムが特に美味しかった。
プリモは、シエナ名物の、一見うどんのような手打ちパスタ。
☆ピチ 猪のラグーソース
a0154793_22211868.jpg

セコンドには、
☆豚肉のアリスタ
a0154793_22213499.jpg

その他にスポンジ生地がベースで、クリームでデコレートされた
ドルチェもあった(写真なし;)

食後、佐藤さんの案内でシエナのお菓子の名店「ナンニーニ」に行った。
トスカーナの伝統菓子「リチャレッリ」を少しだけ買った。
その後は、道の両側のお店をMさんと一緒にのぞいたりしながら歩いた。
エノテカにはワインの他に、瓶詰めや缶詰めのイタリア食材が並んでいて、
彼女は可愛い瓶に入ったトリュフオイルに関心を持ち、私はワインに興味を持ち・・
見ているときりがなかった・・
日本では高価なブルネッロ ディ モンタルチーノも安価で、
メーカーの種類も多く、買いたくもなるが、そこは冷静に~
重量オーバーパッキングに苦労するので、重くて割れ物であるワインは、
心惹かれてラベルを眺める割には、1本も買わない堅実な私デシタ;

午後はチェンニーナにある、ルッカ料理学院が最初に開校した場所に立ち寄った。
この場所に行けたことも本当に嬉しかった。
と言うのも、1990年頃にシエナ料理学院の存在を知り、
強く留学にあこがれたが、当時の私にはあまりにも大それた憧れに思え、
事情も許さなかったため、断念したのだった。
いつか行きたいと思いながら、あれから15年以上の月日が流れ、
場所もルッカに移転して、名前もルッカ料理学院と改まっていた。
あっという間に時は経ってしまうことに胸を衝かれる思いがした。
けれども、今日ここに来られたこと、
明日からイタリア料理を本場で学べることを思い、
胸が熱くなった。

チェンニーナの自然の中ですくすくと育っている
オリーブの木に目が留まった。
記念に葉っぱを2~3枚、そっといただいて、ハンカチに挟んだ。
エネルギーをもらえる気がした。

最後にサンジミニアーノに行った。
この町の入口の門の少し手前でバスは停まった。
絶景ポイントからトスカーナらしい風景が広がり
その美しさにハットして、立ち止まった。
a0154793_2044499.jpg

いつまでも見ていたい風景だったが、
メンバーは既に前の方に進んで、町の入口の門を目指していた。
見失わないように小走りで追いついた。

町にはさすがにいくつもの塔がそびえ立っていた。
中世から存在する煉瓦の建物や石畳は
歴史を感じさせ、煉瓦の織り成すグラディエーションが
美しく、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出していた。
道の両側にはセンスの良いディスプレイのお土産屋さんや
食材屋さんもあり、歩くだけでも楽しかった。

夕方、学校(ホテル)に戻った。
この日の夕食は、ジャンルーカ先生が、
予め用意してくださったものをメインにして、
後は皆で、簡単にできる料理をして、
のんびりといただいた。

その様子はまた~

次回につづく・・・
[PR]

by isolala | 2011-07-31 21:29 | 料理留学2007 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/14247877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。