パエストゥムの遺跡

旅行記のつづきです。

2011年9月18日日曜日
早朝、レジーナの家を発って、彼女のパパに
パガーニの駅まで送っていただいた。パパやマンマに
親切に協力していただいたお陰で、本当に中身の濃い貴重な体験ができた☆
レジーナとは、夕方ナポリでもう1度合流する打ち合わせをして一旦別れた。

パガーニの駅を朝8時25分に出発するローカル列車に乗った。
9時16分にパエストゥムに到着。
遺跡に直行して、城壁に囲まれた入り口の一つから
中に入っって行くと、
直ぐ右側に「ケレス神殿」という
古代ギリシャ建築様式の神殿跡が見えてきた。
a0154793_22194418.jpg

説明書によると、紀元前6世紀に女神アテネを祀る神殿として建築されたらしい。
円柱がどっしりと聳え立っていた。

真っ直ぐ続いている道(聖なる道と呼ばれている)を進みながら見学した。
a0154793_21544362.jpg

途中、地下神殿の跡があったり、円形競技場、住居跡もあったり・・・
紀元前にこんな文明を持っていたなんて・・・やはりすごい。

a0154793_21583180.jpg

下の写真・・
古い石の隙間に根を張って野生のタイム?が可愛らしい花をつけていた。
フシギ・・・どれくらい昔からここにあったのかな・・?

a0154793_21591452.jpg

こんな遺跡をのんびり見ていると、頭の中がタイムスリップして、
当時の人々の暮らしを想像してみたり、、、現実と遮断された神秘的な世界に
迷い込んでしまいそうだ・・・

左前方に、「ヘラ第2神殿(ネプチューン神殿)」が見えてきた。
a0154793_2224266.jpg

後ろには「ヘラ第1神殿(バジリカ)」が見える。
ぐるっと回って、違う角度から眺めてみた。
a0154793_22415617.jpg

両方の神殿はアカイア人の女神ヘラを崇めるために建てられたと
言われているらしい・・・フムフム。
時どき説明書に目を向けながらゆったりとした時間を過ごせた。
a0154793_2255571.jpg



この後、遺跡の外に出て、予約していたタクシーで、チーズ工場に行った。
日曜日だったので、見学している人が多いのかと思ったら意外に静かだった。
工房内は活気に満ちていて、働いている人も忙しそうだった。
邪魔にならない所を探して、身を小さくして(気持ちだけ;)覗いていたら・・・
中に入ってもいいよと言って下さったので、
幸運なことに、こんな様子も見学できたのだった。
a0154793_2342100.jpg

チーズ工房の様子は
次回に・・・

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2011-10-20 23:33 | カンパーニャ州’11 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/13847054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。