300年以上続いている農家の台所 ①

旅行記に戻ります~

2011年9月12日 ①
300年農家・・・スローフード、有機農産物などに興味がある私にとって、
とてもインパクトのあるフレーズ。
300年も途切れることなく続いてる農家って・・・
いったいどういう農家?
興味津々でアレッツォからローカル列車に乗ること25分、
カセンティーノにある農家に行きました。
駅には農家のお嫁さんのシモーネ(本人の希望により呼び捨て)
が迎えに来ていました。
広い農地の中にあるお宅に向って歩いて行くと、
外のテーブルには収穫したばかりの
野菜が置いてありましたよ~
a0154793_054794.jpg

中に入るとそこは台所になっていて、
15人位は余裕で座れそうなテーブルが置いてありました。
シモーネがカッフェを入れてくれました。ふと見ると珍しいガス台?
a0154793_0104653.jpg

えっもしかして・・炭火で調理?
シモーネが中を開けてくれると、
薪が燃えてました!
a0154793_0115175.jpg

右側上段には鶏肉の丸焼きが入っていましたよ~
a0154793_154852.jpg

よく見ると、ブロードのだしが良く出そうな部分は既に、
料理中。使い分けています・・・決して贅沢をしているわけではない
受け継がれていくべき主婦の知恵ですね☆
そして、薪の直ぐ上の台には麺鶏のブロードが、
仕上がりつつありました。
a0154793_1545191.jpg

この農家の台所を取り仕切っているマルゲリータと
シモーネが、昨日のお祭りで自家製のジャムやパンが完売して
一日中とっても忙しかった話などラフな雰囲気でしてくれたので、
「こちらの農家は代々ずっと親族で続いてきたんですか?」と
聞いてみた。「そうよ~、親族でずっと続いてるのよ・・・」と軽く答えて
くれました。
300年以上もですよ~、スゴイことですよね!
彼女のお話では・・・
その昔、お城の大地主(この町のどこからでも見える山の上のほうに
お城があるのですが)のお抱え農家として、1700年頃から働いていたのが
こちらの農家のご先祖ということでした。
お城の主は亡くなり、お城は外国の資産家が買い上げたそうですが、
こちらの農家は今に至るまで代々廃れることなく、
農業を続けてきたということです・・・!

さて、カッフェを飲み終わり、今日の昼食の準備が始まりました・・・
「今日のお昼は今、雌鶏でボッリートを作ってるから
タリオリーニ・インブロードでいいかしらね?」
と聞かれました・・
実はその類の料理は何度か他の所で習っていましたが、
そうとは言えず、何より完璧に美味しいものが出来上がる予感が
ありましたので・・・
そこはもう「お願いします」と答えました。
a0154793_13235836.jpg

上の写真、料理の手順を確認する優しくて手際のよいマルゲリータ
「鶏肉の方はもうすぐできるから・・添えるじゃがいもを作ればいい」等々決定。
じゃがいもの皮むきを手伝った後・・・マルゲリータとシモーネが、
「今のうちに農園を見学してきたら?ここはやっておくから・・」と
言ってくれたので、外に出てみました。
a0154793_14391810.jpg

今日は真夏の暑さで日差しが強い・・・

牛は外でのんびり気持ちが良さそう・・・暑くないのかな?
下の写真の奥の方に見える木の所までも農園内ですよ~広いですね。
a0154793_13331180.jpg

白い方はトスカーナ州のブランド牛、’キアーナ牛’の子
a0154793_13334398.jpg

キアーナの成牛
a0154793_14573981.jpg

角に特徴があるマレンマ牛
a0154793_19503042.jpg

のんびりとした雰囲気の羊小屋
a0154793_1852215.jpg

ワインになるぶどう、’カナイオーロ’
a0154793_1334637.jpg

のどかな風景の・・・
a0154793_13343483.jpg

手前にある小屋では
子豚が元気にしてましたよ~
a0154793_13354295.jpg

外の見学から帰って来るとすぐ、
テーブルに麺台をセットしてパスタを打ち始めました・・
a0154793_13374759.jpg

マルゲリータの年季の入った仕事が素晴らしくて見とれてしまいました!

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2011-10-05 15:44 | トスカーナ州2011 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/13739485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。