ブラ(BRA) スローフード運動の発祥地

BRA(ブラ)は、今や世界に広がるスローフード運動の発祥の地、
この町に以前から興味があった。
日曜日の朝、リンゴット駅からブラを目指した。

ここに着くまでの車窓の眺めは、高い建物もなく、
開発されている様子の全くない風景。
途中、牛が放牧されていたり、鶏も見えたりした。
どこか懐かしい雰囲気の、とてものどかな風景が続いた。

a0154793_1595592.jpg

駅前に降り立った時、ここからスローフード運動が広まったのが、
少し意外に思えた位、小さな町だった。
けれど、こんな小さな、のんびりしてる町から起こったからこそ、
スローフード運動というものの本質が
見えてくる感じがした。

下の写真の家並みを真っ直ぐ歩いて左に曲がると、狭い通りに出た。
a0154793_21262386.jpg

日曜日の11時半過ぎの静かで落ち着いた狭い通りを
歩いて、スローフード協会の事務所に行ってみた。
a0154793_20338.jpg

日曜日で閉まっていたが、ガラス張りだったので、中の様子を覗いたりして、
近所を歩いてみたりした。
a0154793_213274.jpg

12時に直ぐ近くの'オステリア・ボッコンディヴィーノ'
を予約していたが少し早めに着いたので、表で写真を撮ったりした。
a0154793_144039.jpg


お店に戻ると、いつの間にか
直ぐに満席になった。
ピエモンテの郷土料理を!と考えていたので、
メニューの中から注意深く、チョイスした。
a0154793_1442874.jpg

アンティパストの欄にバーニャカウダがあったのでチョイス。
☆Nizza Monferato産カルドのバーニャカウダソース
a0154793_2122661.jpg

料理名の'ニッツア モンフェラート産カルド'は、
昨日の、サローネ・デル・グスト会場で見かけた野菜だった。
こんなに直ぐに食べられるなんて・・嬉しくなった。
バーニャカウダソースの量は控え目で、カルドの香りや苦みと
ソースのバランスが良くて美味しい。
カルドの筋っぽくしゃきしゃきした歯触りも独特で、
1種類だけの野菜の一皿なのに、
飽きずに最後まで美味しくいただけた。

プリモピアットには、白トリュフの香りを味わえるシンプルなパスタ料理・・
☆タヤリン、アルバ産白トリュフのスライス添え
a0154793_146034.jpg

バターを絡めたシンプルなタヤリン(ピエモンテ州の細めの卵麺)が、
トリュフを引き立てていて、美味しい。

セコンドピアットには、
☆ブラサート・ディ・ヴィテッロ・アル・バローロ(仔牛のバローロ煮)
a0154793_1462398.jpg

お肉は思ったよりあっさりとしていて、高級ワインとして知られるバローロで
作っている料理とはいえ、案外、気取りのない庶民的な家庭の味で、
ホッとする美味しさだった。


そして、ドルチェには
ありふれているかな・・とも思ったが、
プレシーディオに認定されてるレモンとの
表示があったので、「明らかに違うのかな?」
という好奇心でチョイス。
☆レモンのグラニータ
a0154793_1464466.jpg

混じり気のない、本当に美味しいレモンのグラニータだった。
こういうシンプルなものが、格別に美味しいと・・嬉しくなる。

ここは、お料理も家庭的で美味しく、リラックスできるオステリアだった。
ここでゆっくりしすぎて、気が付いたら、列車の時間が迫っていた;
駅に向って先を急いで・・・何とか無事に列車に間に合った;


途中トリノで(18時発)1時間位の待ち時間があったので、
美しいデザインの建築物を眺めながら、トリノ駅周辺を散歩した。
a0154793_0142100.jpg


ジェラート屋さんのグロムを見つけたので、渋谷のグロムと
同じ味かどうか・・?(ただジェラートが大好きなだけ)
ピスタッチオのシングルを頼んでみた。
a0154793_23991.jpg

トリノのグロムも美味しかったけど、渋谷のグロムの方がいいかな・・・
椅子に座って食べられるので~

小さなブラの町から、トリノ、ボローニャを経由して、
ファルコナーラマリッティマに着いたのは、
22時43分だった。
ここから、イェジまでのローカル線の連絡がないのは分かっていたので、
ファルコナーラマリッティマで降りた。

予めエリザベッタに頼んでタクシーを予約してあったので、
ここからタクシーで下宿先に戻った・・・
お陰さまで本当に安心だった。

今日も本当に充実した1日だった!

Grazie mille!
[PR]

by isolala | 2010-10-24 23:00 | 料理留学2010 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/13101918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。