ラヴェンナ 世界遺産の町

今日は 土曜日で、学校もお休み。
1週間の疲れを癒したいところだが、
予定通り、モザイク芸術で有名なラヴェンナへ向かった。
地図上ではそう遠くないが
ローカル線しか停車しないイェジの町からは
乗り継ぎながら3時間半弱を要する。
お昼頃に無事にラヴェンナに到着。
小さな観光案内所で、町の地図をもらい、
バスの停留所など確認する。
町の中心地に見どころの教会は集中しているが、
一つだけ郊外に位置し、バスで15分かかると分かり・・
最初に遠い方の教会に行くことにした。

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂に到着。
外観は、歴史を感じる重厚さがありながらすっきりとしている建物・・
a0154793_2374277.jpg

内側は・・ビザンチン芸術、モザイクが素晴らしかった!
カメラ撮影を禁止してない?写真を撮ってる人が多い・・・
私も思わずパチリ。
a0154793_23183942.jpg

聖堂の中をゆっくり歩きながら、美しいモザイクを堪能して外に出た。

日帰りなので、効率よく回りたい。
バス停へ向かうが・・・気になる赤テント。一休みしていくことに即決。
a0154793_17524547.jpg

素晴らしいモザイクだったなぁ、
ゴールドと柔らかなグリーンを基調としたモザイク・・・
建築物の一部となって調和していた。
モザイクの美しさに魅了され、一人ではしゃいだ気持ちが、
ジェラートを味わいながら、少しずつクールダウン。
穏やかな気分になって、チェントロに戻るためのバスに乗った。

a0154793_17543247.jpg

ラヴェンナの街の中心にあるポポロ広場に到着。
a0154793_14105614.jpg

サン・ヴィターレ教会の外観、
a0154793_1726409.jpg

中に入ると、ゴールドをバックに、鮮やかでいて深みのある、
美しいモザイクに驚く。
a0154793_14202963.jpg

教会に隣接するガッラ・プラチージアの霊廟の外観は
こちらも質素だが
a0154793_14463868.jpg

内部は・・・
a0154793_17552214.jpg

モザイクの美しさが凝縮されている。
その他にもネオニアーノ洗礼堂の内部のモザイク。
a0154793_1532453.jpg

外観の質素さや渋い色調と、内部の色彩豊かな色調のギャップに驚かされた。
モザイクの一つ一つの色の向こう側に、点の一つ一つの向こう側にある、
当時の製作者の技術、気の遠くなるような忍耐を想像してみたりした・・・

徒歩で4つのビザンチン芸術の宝庫である教会や博物館を全て、回ることができた。
列車の時間に遅れないように、早めにラヴェンナ駅まで戻った。

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2010-10-09 23:00 | 料理留学2010 | Trackback

トラックバックURL : https://isolala.exblog.jp/tb/12303216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。