2016年 教室ツアー☆ピエモンテ州のワイナリー訪問②

旅行記のつづきです。


2016年10月15日 土曜日 午後
昼食はラ・モッラの丘にあるリストランテで簡単なコース料理
各自、興味のあるワインを選んで料理とともに
味わった。

a0154793_20325501.jpg


私はお肉に合わせて、アルバのドルチェットを試してみた。
a0154793_0232521.jpg

気軽に飲む地元のテーブルワインという印象。
コース料理は、
☆トーマチーズのクロスティーニなどアンティパスト
a0154793_23555082.jpg


☆ピエモンテ牛のワイン煮と野菜のコントルノ

a0154793_20530639.jpg

a0154793_20551871.jpg

カフェで締めくくった。


この後、「Castello di verdunoカステッロ ディ ヴェルドゥーノ」という
レストランもあるワイナリーへ。
門を入るとホテルのような建物があり裏庭には小さな畑もあった。
a0154793_00231714.jpg

菜園を散歩~
セージやローズマリーなどのハーブや野菜を見た後、
醸造所を見学。
a0154793_0115998.jpg

a0154793_0112848.jpg



夕方、いよいよパスタ教室が始まった。
ホテルの厨房で、女性シェフにパスタを習った。
a0154793_00112921.jpg
ニョッキ用じゃがいもをマッシュ中~
a0154793_02122211.jpg
                  
皆で協力して20人分くらいのパスタを作った。

a0154793_00210351.jpg
a0154793_00212624.jpg


パスタ作りが終わってホールのソファで休憩~
そこへロゼのスプマンテ(Castello di verduno製)が登場~
美味しかった。
a0154793_21321118.jpg


a0154793_00301180.jpg

夕食はバルバレスコ(Castello di verduno製)とともに味わった。
a0154793_23521346.jpg


☆じゃがいものニョッキ セージバターソース

a0154793_00404903.jpg

☆菜園風タリアテッレ 
a0154793_00414863.jpg

☆シャーベット、洋梨のコンポスタ ザバイオーネソース
a0154793_00430240.jpg
自分たちでこねたパスタはやはり特に美味しい~
ザバイオーネも濃厚で美味しかった。

夜遅くアルバの宿泊地へ。
明日はトリュフ狩り。

その様子は次回また~

つづく・・・



[PR]

by isolala | 2016-11-12 23:01 | 教室イベント | Trackback

2014年教室の記念旅行⑥フィレンツェにて☆

旅行記のつづきです。


2014年10月6~7日

6日朝は、ゆっくりめの朝食を済ませ、
ピッティ宮前の広場辺りから、
S.M.N駅近くにある中央市場まで、
散策しながら到着。
まずは、場内の名店「ネルボーネ」で、
ランチをした。
a0154793_2052365.jpg

名物のトリッパは大好物な人、苦手な人、両方いたので、
トリッパ以外に、ギリシャサラダ、モッツァレラとトマトのサラダなど
頼んだ。
その後は、お目当てのドライポルチーニなどなど
を買い、重い荷物を片手に
サンタマリアノヴェッラ教会あたりで、一休み。
a0154793_20241569.jpg

街自体が世界遺産のフィレンツェでは
立ち止まらずにはいられないスポットがたくさんあり、
時々、お店ものぞきながら周っていると
時間はあっという間に過ぎていった。

夜は、予約していた「オーラ・ダリア」に行った。
コース料理が少量づつ、おしゃれに運ばれてきた。
中には好みが分かれそうな冒険的?メニューと
感じたものもあった。
けれども、トスカーナの家庭料理にシェフの
アレンジを施した滋味深い料理もあった。
たとえば・・・
☆いんげん豆と野菜のミネストローネ 帆立貝とともに(以下料理名は私が勝手につけたもの)
a0154793_20341586.jpg

帆立貝の火の通し加減やいんげん豆のほど良い食感や旨味が印象的だった。

☆小麦粉のニョッキ あさりとトマトのソース タマゴ添え
a0154793_20345756.jpg

この卵は「パオロパリージの卵」?案外さっぱりとした美味しい卵・・
カメリエラに聞いてみたら、やはりそうだった・・・シェフがこだわって使っている
有機農法の卵だった。

ドルチェは
☆いちご風味のセミフレッド
a0154793_21361923.jpg

銘々、アラカルトで選べた。

今回の旅で、何かとお世話してくださったJさんを交えて、
9人でゆっくり味わった食事は、フィレンツェ最後の夜にふさわしく、
賑やかで楽しい会食だった。

翌朝は、ピッティ宮内のラファエロの絵画など鑑賞し、
スーパーなどで早足に買い物済ませ、14時35分の飛行機に
間に合うようにアメリゴベスプッチ空港に向かった。

空港で、英語ペラペラの旅行メンバーIさんに
バトンタッチして、皆さんと手を振ってお別れした。
皆さんは、手荷物検査が終わっても、
向こうの向こうから手を振ってくださった。
~~~~~~

この後、私はフィレンツェ郊外で料理を習い、
アッシジとアレッツォを周って、5日後に帰国しました。
その旅行については、別の機会にまた~☆

以上、今回の旅に関わってくださった
一人一人のお顔をしみじみと思い出しながら、
「2014年イゾラーラ料理教室15周年記念の
旅行記」を終わります。
ありがとうございました!
Grazie mille!
[PR]

by isolala | 2014-10-24 22:44 | 教室イベント | Trackback

2014年教室の記念旅行⑤ルッカの料理レッスン

旅行記のつづきです。

2014年10月4日~5日
ヴェネツィアから戻り、お土産などで膨らんだバッグを
宿に置き、散歩しながらリストランテに向かった。
前菜やパスタを少なめに注文し、とにかく、せっかくの大人数だし、
フィレンツェに来たら、やはりビステッカアッラフィオレンティーナを
試食しなくては!ということで、
フィレンツェ在住のJさんを交えた9人で
ビステッカを賞味し、ドルチェとカフェで締めくくった。
美味しいお料理とともに、
いろいろな話で盛り上がり・・・
楽しい会食だった。

帰り道、暑すぎず、寒すぎず、心地よい夜風の中を歩いた。
宿に帰る道すがら、
地元の人々?で賑わう小さな広場を歩いた・・・
土曜の夜の、何となく開放的な雰囲気の若者の
エネルギーがまぶしかった。

私達は、翌日の早起きに備えて、足早に歩いた。
はやく帰って寝てエネルギー充電しなくっちゃ!


翌日は7年前に短期留学したルッカ料理学院のご好意で、
スペシャルレッスンをしていただいた。
厨房に入ると、リクエストした料理の食材があった。

ジャンルーカ先生が、パスタソース用の旬のポルチーニや
アンティパスト用の新鮮な野菜や香草など用意してくださった。
a0154793_15492599.jpg

a0154793_15493447.jpg

皆でポルチーニのそうじをしたり、生パスタや、カチュッコ等を作った。
a0154793_15522833.jpg

a0154793_15564188.jpg


試食タイムは、外のテラスで・・・
☆セイヨウタマゴ茸のサラダ
a0154793_1559069.jpg

☆ポルチーニのタッコーニ
a0154793_15582740.jpg

☆カチュッコ
a0154793_1795453.jpg

最後のドルチェとして、
☆ぶどうのスキアッチャータ
a0154793_1693311.jpg

ランチの後は、ルッカ北側の丘陵地帯にあるワインと
オリーブ栽培をしている農園見学に行った。
a0154793_17503444.jpg

カンティーナなどの見学後は、農園主のジュゼッペ氏から、
ファッブリカ ディ サンマルティーノ農園で実施されている
有機農法栽培などについての説明を聞きながら・・・
テイスティング。
a0154793_1692754.jpg


夕方、専用車でフィレンツェに戻った。
夜は宿の近くのバールで軽くスプマンテなど・・・
a0154793_17595277.jpg

バールと言っても、食べ物が充実していた。
おつまみと言うより、しっかりとした食事となった。
ラザニアやパテ、ニョッキのトリュフソース、
リコッタのラビオリ、ラグーのピチなど
人数が多いので、いろいろなものをシェアできたのだった。

翌日はフィレンツェ市内を散策をし、
中央市場に行った。
場内で早めのランチをした。

次回につづく・・・
[PR]

by isolala | 2014-10-23 18:08 | 教室イベント | Trackback

2014年教室の記念旅行④ヴェネツィア料理レッスン

旅行記のつづきです

2014年10月4日
早朝、セバスチャーノ先生と皆で
市場に買い出しに行った。
ズッキーニの花やラディッキオ・タルディーヴォ
a0154793_1149234.jpg

a0154793_11495924.jpg

海老やイワシなどを買った。
a0154793_1151116.jpg

だいたいの買い物が終わったところで、
セバスチャーノ先生が「皆にカフェをおごるよ」と言って下さる。
イタリアーナになった気分で、カフェに入り、
エスプレッソを立ち飲みした。


さあ、いよいよレッスンが始まった。
ほとんどがデモンストレーション形式で行われたが、
臨機応変に、参加場面もあった。
代表3名が鰯の手開き、海老の下処理に参加。
a0154793_1221626.jpg


リクエストしたお料理を聞き入れてくだり、
いろいろなヴェネト料理を習えた。
試食タイムには・・・
スピリッツァー片手に
カリッと揚がったズッキーニの花のフライを頬張った。
a0154793_13162868.jpg


席に着いた後、
☆ビーゴリインサルサ
a0154793_13165458.jpg

魚料理など美味しいお料理の後、
最後のドルチェの時にサプライズがあった。
生徒さんの中に、この日お誕生日の方が!
チョコレートでお祝いメッセージを書き込んだ
クロスタータが歌声と共に運ばれてきた。
Tanti Auguri!(良いことがたくさんありますように!)
銘々に取り分けられた
☆アマレットのクロスタータ
a0154793_1975371.jpg

口の中でホロりとくずれる美味しさ・・絶妙の焼き加減。

夕方、タクシーで(船)サンタルチア駅に行った。
a0154793_12493868.jpg


名残惜しいヴェネツィアを後に、フィレンツェに戻った。


夜はフィレンツェの名店で・・・

次回につづく~
[PR]

by isolala | 2014-10-22 13:24 | 教室イベント | Trackback

2014年教室の記念旅行③ヴェネツィア

旅行記の途中ですが・・・
パルマのチーズやハム工房、モデナのバルサミコ農家に
興味のある方は、過去のブログに(別の工場や農家になりますが)
もう少し詳しいものがありますので、
よろしければそちらをご覧ください。 
チーズ工場とバルサミコ農家見学はコチラをクリック♪                       
ハム工場見学はコチラをクリック♪
                       


さて旅行記の続きです・・

2014年10月2日~3日 
ヴェネツィア到着の夜は、
私の料理の先生でもあり、友人でもあるロベルタとその家族(旦那さま、
セバスチャーノ家族)とご一緒…6人席が2組、そして
2月にめでたくお誕生したアメリアちゃんの乳母車・・
お店の一角を陣取っての夕食となった。

ピアノの演奏とヴォーカルを聞きながら、
ヴェネツィア郷土料理のコース・・・・
昼間のパルマでのランチが思いの外、きいていて?
空腹を感じない・・・20時半くらいだったのだが、
アンティパストの魚介の盛り合わせで、
もうお腹がいっぱいになってしまった。
私の左隣席のセバスチャーノに「パルマのチーズとハムで、
お腹がまだいっぱいで、皆さんも私も。これ以上はいただけないと思う」
と謝った。
「コースを予約済みで、まだラグーのリゾットと、
すずきの料理とティラミスがあるんだけど・・・」と言う。
私の右隣席のロベルタが「私もそんなには食べられない・・・
今日のお店も料理も全部セバスチャーノが
予約してくれたんだけど・・・」とささやいた。

結局、セバスチャーノが
「じゃあ、すずきはキャンセルして、リゾットとドルチェだけにしよう。
生徒の皆さんに、無理しなくても大丈夫だと言ってあげて・・・」
と言ってくださった。
ラグーのリゾットとティラミスはとても美味しかった。
それでもロベルタ夫妻と私たちのグループは、
少しずつ残してしまった・・・申し訳ない気持ちだった;

食事が終った頃、乳母車で寝ていたアメリアちゃんが起きたので、
その愛らしさに皆で盛り上がった。
彼女は音楽が好きらしく?ごきげんだった♪

翌日、
誰かが「今なら、昨日のリゾットも完食できるんですけど~
もったいなかったですね・・・申し訳なかったですねー」
と言った。
皆で、大いに同感したのだった。

さて朝食後、
その日もメストレから来てくださったロベルタの旦那さまに
午前中、市内の教会など案内していただいた。
サンティッシマ・ジョバンニ エ パオロ教会など
a0154793_1352832.jpg

a0154793_13543146.jpg

大学で、歴史を専門にしていたモラーニ氏の説明付で、
ヴェネツィアの歴史上、大切な教会を案内していただいた。

学生が先生を取り囲むように、モラーニ氏の言葉に耳を傾ける私達。
a0154793_13551153.jpg


午後は自分たちでサンマルコ広場周辺を歩いたり・・
a0154793_14462198.jpg

ため息橋の辺りを歩いたり・・
a0154793_14352694.jpg

a0154793_14373960.jpg

ウィンドウショッピングしたり・・
a0154793_1375661.jpg

名店カフェでお茶したり・・
a0154793_1372124.jpg

気ままに歩いた。

夕方は、食前酒などをたしなんで;
鐘楼の上から夕陽をながめたりした。
a0154793_13104242.jpg

a0154793_13112527.jpg


夕食はバーカロ巡りをする予定だったが、足も疲れてきたので、
ゆっくり座りたくなり、急遽リストランテでの夕食に変更・・

・・予約なしで名店に40分以上並ぶことになってしまった;
けれども、このお店で、ソアーベを飲みながらの
ムール貝たっぷりのズッパやイカ墨のスパゲッティー、
そして、くも蟹のサラダなどの魚介類の美味しさに
疲れがすっかり癒されたのだった。

翌日はいよいよスペシャルな料理レッスン・・・
次回につづく・・・・
[PR]

by isolala | 2014-10-21 15:11 | 教室イベント | Trackback

2014年、教室の記念旅行②バルサミコとクラテッロ

旅行記の続きです。
2014年10月2日
パルマのチーズ工場からモデナのバルサミコ農家に移動。
収穫期を迎えていたブドウの実・・・
a0154793_10523051.jpg

この農家のバルサミコ酢の原形、つまり素の味を知ることは、
有意義だし、そのまま食べても美味しいので試食したり、撮影したり。

a0154793_1057557.jpg

ブドウは半量位に煮詰められる。
a0154793_12155637.jpg


数種の樽に移し替えられた様子を見学。
a0154793_12164847.jpg

勿論、最後に、熟年数の異なるバルサミコ酢を試飲。
買い物をした後、ジベッロ村へ移動。

~~~~~

ハム工房やに隣接するリストランテなどを
とり仕切るエンリコシェフのご厚意で、
クラテッロ・ディ・ジベッロの生産工程を見学。
a0154793_1127018.jpg

塩をすり込んだ後、ねかせる保冷庫を見学。
a0154793_1239723.jpg

そして、貯蔵庫に移し替えられ塾成に入る・・・

熟成していくクラテッロ
a0154793_11113257.jpg


この後、リストランテでクラテッロなどハムの盛り合わせをメインにした昼食。
エンリコシェフと奥さまのエディとも再会できた。

昼食はアテンドをしてくださったHさんも加わり、
楽しい女子会ムードになった。
この日、クラテッロに舌鼓を打ったのは当然のことながら、
皆でシェアしたスパラコッタと野菜のモスタルダ添え・・・
a0154793_13143030.jpg

a0154793_11494082.jpg

カペレッティ、トルテッリも・・・大好評だった。
a0154793_1257198.jpg

a0154793_12584938.jpg


夕方、ボローニャ駅まで戻り、ヴェネツィア行き列車に乗った。

18時38分にサンタルチア駅に到着。
列車を降りて、ホームを歩いていると、ホームの向こう端から
セバスチャーノが手を挙げて、歩いてくるのが見えた。

夜はロベルタファミリーと再会し、会食。

次回につづく・・・
[PR]

by isolala | 2014-10-20 13:21 | 教室イベント | Trackback

2014年、教室の記念旅行①☆

帰国して旅行記を早めに書こうとは
いつも思ってはいるのですが、
忙しさに紛れてしまうのが常です;
今回もすでに、あっという間に時間が過ぎています;
とにかく、ホットな記憶がかすまないうちに!
これまでとちがって?
簡潔にサクサクっとアップしてみます。

2014年10月1日~2日

フィレンツェに1日の午前中到着、
レジデンスに荷物を預け、
11時30分に予約していたウフィッツィ美術館へ。
まずはカフェの椅子に座って腹ごしらえを・・・
☆トマトとモッツァレラのパニーニ
a0154793_0133215.jpg

エネルギーを充電し、いざルネッサンス絵画鑑賞へ。

3時頃、レジデンスにチェックイン後、夕方は
フローレンスモザイクの工房におじゃまし、
匠の技を見学。
イタリア芸術の深さ、厚みを感じた1日の終わりに・・・
ピッティ宮前の広場に面したカフェで
食前酒と簡単おつまみで乾杯。

直ぐ近くのトラットリアで、☆トスカーナ風前菜の盛り合わせ
(チキンレバーのブルスケッタなど)
そして、
☆カルチョーフィのマリネ
a0154793_082262.jpg

☆パッパアルポモドーロ
a0154793_0153175.jpg

☆2種のパスタ・チカテッリとバジリコ
a0154793_016449.jpg

時差など体内時計を考え、少なめに注文してシェアーした。
それでも、パスタでお腹がいっぱいになり、ドルチェなしで、カフェだけで締めくくった。

翌日は早朝より列車でボローニャに移動。
駅で、1日アテンドをお願いしたソッレヴァンテ社の
専用車に乗りパルマのチーズ工場見学へ。
a0154793_0291663.jpg

a0154793_0321771.jpg

a0154793_0355163.jpg

パルミッジャーノができあがっていく行程に興味津々・・・
衛生管理のため、こんな恰好をして、見学^^
a0154793_03375.jpg


この後は、モデナのアチェートバルサミコの製造所見学へ。

次回につづく。
[PR]

by isolala | 2014-10-19 21:47 | Trackback

研修旅行より無事に帰国しました☆

実は今年、イゾラーラ料理教室を開校して15周年を迎えました。
記念の食の研修ツアーを企画し、7名の生徒さんとイタリアに行ってきました。
a0154793_12362753.jpg

上の写真はドゥオーモとサンタマリア・デル・フィオーレ辺り・・
フィレンツェ歩きの目印に何度か目にするのですが、
その度に圧倒的な美しさで迫ってきます☆

10月1日からの8日間の教室研修ツアーはフィレンツェのレジデンスを
拠点にし、ルッカでのトスカーナ料理レッスン、ヴェネツィアでの魚料理レッスン、
パルマでのパルメザンチーズやハム工房見学、
モデナでのバルサミコ農家見学、その他にも時間の許す限り、イタリア食を探求しました。
私は、生徒さんをフィレンツェ空港で見送った5日後、
一人研修旅行を終え、13日に無事に帰国しました。

そして15日、昨日、よみうりカルチャーセンターの講座を終え、
本日ひと段落ついたところです。
昨日の講座は、イタリアで調達したサラーメ、チーズ、バルサミコ、
そしてポルチーニを使ってのデモンストレーション&ご試食でした。
ご参加くださった皆さまのご協力のおかげで、
時差ボケによるミスもなく;楽しい講座となりました。
本当にありがとうございました。

さてさて、送るべきメールや家事をこなしながら、旅行の様子も
生徒さんのプライバシー保護に留意しつつ、
要所要所のみ、少しづつアップしますね~☆
[PR]

by isolala | 2014-10-16 13:22 | 教室イベント | Trackback