タグ:食材・料理 ( 178 ) タグの人気記事

エクストラバージンオリーブオイルのケーキ☆

今月のよみうりカルチャー恵比寿の講座が
無事終了しました。

美味しいエクストラバージンオリーブオイルを
使うケーキをデモンストレーションしました。
教室のオーブンの火加減が少し心配でしたが、
美味しそうに焼けました☆
これはお土産に一切れずつ持って帰っていただだきました。

教室では、私が自宅で焼いて持参したケーキを
試食していただきました~
おかげさまで好評でした^^

      テキストより↓
a0154793_00185062.jpg

ケーキを焼いている時間を利用して、
あったか~いミネストローネも作りました。

黒キャベツのオリーブオイル漬けもデモしましたよ~
珍しい野菜を見つけた時に、
オリーブオイル漬けにすれば、
日持ちがして楽しめますね・・
ミネストローネに加えると、野菜と同時に
オリーブオイルのこくも加わり、
こちらも好評でした☆

ミネストローネもエクストラバージンオリーブオイルケーキも
つくりおきができる上に、翌日の方が美味しくなるんですよね~^^

今月もまた、ご参加の皆さまにご協力いただき、
楽しい講座になりました。
ありがとうございました☆




[PR]

by isolala | 2017-11-21 00:43 | 外部仕事 | Trackback

豚肉とりんごのアル フォルノ☆ お祭り菓子のチェンチ☆

今週から始まる教室のコースメニューは
既にアップ済みですが、
トスカーナ州をテーマに組み立てました。
アンティパストには、
☆黒キャベツのブルスケッタ
☆いんげん豆のサラダ
☆フィノッキオーナ
(トスカーナ州のサラミ)

プリモ(ズッパ)には、
☆リッボリータ

そして、
セコンド(メイン料理)には、
☆豚肉とりんごのアル フォルノ(オーブン焼き)


a0154793_13292859.jpg
豚肉とリンゴは、
いろいろな国の家庭料理に
なっているくらい、相性の良い
組み合わせですね。

今月のレッスンでは、トスカーナ州の美味しいオリーブオイルや
香草を加えて作る家庭料理をご紹介します。

そして、ドルチェはトスカーナ州のお祭りの時の揚げ菓子・・・

☆チェンチCenci


a0154793_13465726.jpg

上の写真、真ん中の粉糖がけが
ポピュラーですが、左のシナモンシュガーがけ、
右端のチョコ粉がけも作ります。
といっても、かけるだけ。
イロイロ、ツイツイ、手がのびそう・・
カロリーを意識して、
本場のものより、軽い食感に仕上げています。
オススメです☆




[PR]

by isolala | 2017-11-14 14:07 | 教室の様子・メニュー | Trackback

リボッリータに黒キャベツ☆

数日前、黒キャベつを置いている八百屋さんを
隣駅で見つけて買ってきました♪


a0154793_00214339.jpg


昨日はミネストローネを作り、
今日は、そのミネストローネに材料を足して、
「リボッリータ」を作りましたよ~
「二度煮る」という意味のリボッリータは、
よ~く煮込んで作るズッパ(具だくさんスープ)です。
(時にはオーブンに入れる場合もあり、
下の写真よりもっと水分がなくなります)

いずれにしても、黒キャベツを使うと
ぐっと本場の味に近づきます。

☆リボッリータRibollita


a0154793_00160352.jpg

熱々のところに、トスカーナ州の新オリーブオイルをたら~りと回しかけます♪

11月の教室メニューはトスカーナ州の郷土料理でまとめました☆

アンティパストにブルスケッタも作りましょう~

☆黒キャベツのブルスケッタBruschetta di cavolo nero


a0154793_00090944.jpg

セコンド(メイン料理)には、
「豚肉とりんごのロースト」を予定しています☆






[PR]

by isolala | 2017-11-06 11:04 | 教室の様子・メニュー | Trackback

コラトゥーラ(魚醤)を使った教室メニュー☆

10月のアンティパストには、夏に訪れたチェターラから
持ち帰ったカタクチイワシを加工した瓶詰を使いました。

コラトゥーラ(魚醤)の専門店「デルフィーノ」を
訪問した際、見つけたお土産・・・


a0154793_22115983.jpg
☆いわしと木の実のペースト、
☆いわしの酢漬け、
☆いわしの唐辛子漬け
の3つだけを選んで
下の写真のように、おつまみ仕様に盛り付けましたよ~
そしていわしづくしのお土産にもう一品・・
’なすのチーズアンチョビ巻き’も皆さんとチャチャッと作って、
いったん座って試食♪

まだ開けてないものは来月のアンティパストにしましょう。


レッスン風景より↓

a0154793_20364535.jpg


カンパーニャ州の白ワイン’ファランギーナ’を
片手にアンティパストを試食後は、
プリモに
☆コラトゥーラのスパゲッティーニ

セコンド(メイン料理)には
☆塩鱈のにんにくと唐辛子ソース
 
カンパーニャ州をテーマに組み立てた教室メニューでした。

お陰様で盛況のうちに終了しました。
皆さま自宅で作る気マンマンで・・
教室に用意していたコラトゥーラも完売しました。



a0154793_20475487.jpg

年内、また少し教室に置いておきますね。
旨味の詰まったパスタ・・お家でも作ってみてくださいね~
私もいろいろなお料理に使って楽しんでいます☆




[PR]

by isolala | 2017-10-31 14:25 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ヘーゼルナッツのオリーブオイルケーキ☆

今月のイゾラーラ料理教室のコースメニューの最後に、
番外編としてオリーブオイルケーキを作りました。
良質なEXVオリーブオイルを使い、ヘーゼルナッツを混ぜ込んだケーキ
が、風味豊かに仕上がりました^^

☆ヘーゼルナッツのオリーブオイルケーキ


a0154793_23591373.jpg

見た目は地味ですが・・
コーヒー、紅茶だけではなく、
白ワインにも合ってしまうケーキです~☆

今月のレッスンもおかげさまで盛況のうちに終了しました。
来月8月は夏休みになります。

皆さま、お元気で良い夏をお過ごしくださいね☆



[PR]

by isolala | 2017-07-26 00:26 | 教室の様子・メニュー | Trackback

パッパ・アル・ポモドーロ☆

今月の教室コースメニューの最初には
トスカーナ州の郷土料理、パッパ・アル・ポモドーロを
作っています。完熟トマトとかたくなったパンを使う家庭料理・・・
野菜たっぷりで、元気がでます~^^

a0154793_21001510.jpg

暑い毎日が続きますので、熱々ではなく、少し冷めたのを
お出ししています。
冷蔵庫で冷たくしても美味しいのですが、
ぬるいくらいが野菜やオリーブオイルの味が分かって、
体にも優しい気がします。
このお料理の後はTボーンステーキなので、良いバランスです^^

メインは「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」・・
フィレンツェの名物ステーキを思い浮かべながら・・
トスカーナ州の銘柄牛「キアーナ牛」ではないのですが、
九州の「豊後牛」のステーキです☆
おかげさまで・・盛り上がっております(笑)

そのことはまた次回に~^^






[PR]

by isolala | 2017-07-17 21:40 | 教室の様子・メニュー | Trackback

カルチョーフィ(=アーティチョーク)のオリーブオイル漬け☆

先週の’よみうりカルチャー恵比寿’での講座は、
カルチョーフィを扱いました。
三浦半島産を取り寄せ、皆で下処理しました。

いつもは、なるべく見つけやすい食材を使っているのですが、
前月の講座で、「カルチョーフィを料理してみたい・・」という
全員のご希望に答えて、番外編でした^^
初めて見たという方や、どうやって料理するんだろうと
思っていた方々の好奇心のお陰で、講座は盛り上がりました♪
ご参加の皆さま、ありがとうございました!

2か月の保存を目安に作ったオリーブオイル漬けは
4~5日置いた方がより美味しいので、
自宅で作っておきました。

☆カルチョーフィのオリーブオイル漬け

a0154793_13431840.jpg

当日は、この中から2瓶を持参して、
カルチョーフィのパスタや
サラダなどを作りました。

当日皆さんと、下処理から始めて
仕上げたものは・・
約束通り、次回持参します。
美味しくなっていますよ~^^
講座の最初にブルスケッタにしましょう♪

7月19日の講座はミニトマトで作る
ドライトマトがテーマです。
活用料理は白身魚の「アクアパッツァ」
これにも上記カルチョーフィを付け合せましょうね。

お楽しみに~☆





[PR]

by isolala | 2017-07-01 14:11 | 外部仕事 | Trackback

今月もサルデーニャ州の郷土料理☆

今月のイゾラーラ料理教室は
先月からの続きでサルデーニャ州の
郷土料理を作っています。

自家製カルチョーフィ(アーティチョーク)
のオイル漬けを使った
☆からすみとカルチョーフィのスパゲッティ


a0154793_13225641.jpg


そして、セコンドピアット(メイン料理)は、
仔羊を使ったイタリア版ハンバーグ・・
☆仔羊のポルペッテ


a0154793_13263754.jpg


パーネカラサウ(サルデーニャの極薄パン)も添えて・・
a0154793_14260371.jpg


今月のお料理にはサルデーニャの白ワイン「ヴェルメンティーノ」、
赤ワイン「カンノナウ」を合わせています^^

そして、ドルチェは
ペコリーノチーズ(羊のチーズ)
などを入れた具を
小麦粉生地で包んで、
カラリと揚げて、
はちみつとをタラ~リとかけて・・・

下の写真は先週のレッスン時のものです。

☆セアダス

a0154793_13171389.jpg


a0154793_13175244.jpg


コース料理の最後に、お一人1個のセアダスは
多いかな・・と思いきや・・♪
おかげさまで、大好評のうちに
前半クラスを終了しました☆






[PR]

by isolala | 2017-06-19 14:35 | 教室の様子・メニュー | Trackback

貝類のフレーグラ&めかじきの軽い燻製

魚介の旨味をすって、とびっきり美味しくなる・・・
イタリアにはそんなお料理がいくつかありますが
今月の教室メニューのパスタもそうでした。

☆貝類のフレーグラ

a0154793_23085660.jpg

この極小パスタは、手作りも可能です・・
セモリナ粉にサフランを戻した水と卵液を少しずつ加え、
すり混ぜて、ふくらませていくのですが、慣れないと時間もかかります。
今では現地でも既製品が主流だそうです。

今月は、既にできあがっているフレーグラを使って、
美味しくできました^^
サルデーニャの白ワイン、
ヴェルメンティーノがよく合いました。


そして今月は今の時季、スーパーでも出回っているめかじきを
軽い燻製(=スモーク)にし、サルデーニャ風に仕立ててみました。
家庭での簡略な作り方もおかげさまで好評でした。

☆めかじきの軽い燻製

a0154793_00114739.jpg


今月はカルチョーフィの下処理をしたり、煙でめかじきをいぶしたり・・
ちょっとマニャック?かなと思っていましたが、
生徒さんがとても面白がってくださって・・
おかげさまで楽しいレッスンでした☆





[PR]

by isolala | 2017-05-29 00:48 | 教室の様子・メニュー | Trackback

カルチョーフィ(=アーティチョーク)の下処理☆

「カルチョーフィ」は、イタリア人がこよなく愛する野菜のひとつ・・
冬から春の終わり位まで、イタリアの市場には、山積で売られている野菜です。

イタリアでの本来の旬は冬の終わりから春にかけて・・つまり春を告げる
野菜のようですが、その季節の線引きは、地方によっても品種の違いも影響してか、
少しずつずれているようです。

そんなカルチョーフィ・・・和名は「チョウセンアザミ」と訳すのですが、
「アーティチョーク」という
名の方が知られていますね。

日本では栽培が難しく、あまり見かけない野菜でしたが、
最近ちらほら、生産者さんが、ネットなどに出店しています。
5月から6月にかけてが旬と聞き、
早速取り寄せてまずは一人で
調理しました。


a0154793_15231705.jpg




a0154793_15084683.jpg
イタリアで料理しているみたい^^
一人でテンション上がり・・「よし、今月はこれでいこう!」と決定(笑)

皆さんに1本ずつのカルチョーフィーが行きわたるように手配しました。
折角なので多めに取り寄せました(残った分はレッスン後、私が下処理して
酢漬けやオリーブオイル漬けにしています。来月のレッスンで使いますのでね^^)

イタリアらしい野菜を一度生徒さんにもご紹介したかったのです。
おかげさまで、皆さん喜んで、下処理にチャレンジしてくださいました♪


下の写真は、先週のレッスン風景より。


a0154793_15174891.jpg

a0154793_20314336.jpg


花弁などを取り除くと、可食部分が少ないのですが、
下処理完了~生徒さんが上手にできたので、嬉しくなって皆さんといっしょに撮影♪


a0154793_15445786.jpg

この作業を生徒さんも「オモシロ~イ♪」・・・と
楽しんでくださいました~^^  


カルチョーフィを使って・・・

☆フレッシュカルチョーフィとからすみのサラダ

a0154793_15360306.jpg

☆カルチョーフィーの蒸し煮

a0154793_15292275.jpg

5月6月は2か月にわたってサルデーニャ州の家庭料理をテーマにしています。
今月は上記以外にも
☆貝類のフレーグラ
☆カジキの燻製
を作り、サルデーニャのパン、パーネカラサウをつまみながらの
ご試食タイム・・・その様子は次回アップします☆
    






[PR]

by isolala | 2017-05-26 16:02 | 教室の様子・メニュー | Trackback