'17夏 タウラージ村にて② 農家の昼食☆


旅行記:


2017年7月30日 

タウラージ村のワイナリー訪問の後、
車で15分、オリーブ畑を見渡せるところに着いた。


a0154793_21503606.jpg

アグリツーリズモ(農業体験型宿泊施設)
の一角にあるオステリアで昼食。


a0154793_21511511.jpg

メニューの中から、
農夫のアンテイパストコースというものを選んだ。
一人前をシェアして
アリアニコ種100%の赤ワインとともに味わった。


☆生ハム2種
a0154793_22134510.jpg
赤ワインが美味しい。
生ハムとともに味わった。


野菜も野菜自体の味が濃く、オリーブオイルも美味しく、
驚きの美味しさ。


☆ペペロナータ

a0154793_22150095.jpg


☆ズッキーニとチーズ  

a0154793_22282412.jpg

(写真の向こう側に写っているのはアスパラの生ハム巻き)



☆なすのマリナート

a0154793_22153305.jpg



☆いんげん豆のブルスケッタ

a0154793_22225036.jpg


南イタリア料理らしくオレガノが効いている。



☆チーズとトマトのオーブン焼き

a0154793_22252182.jpg


アンティパストの最後は
☆自家製ペコリーノチーズ

a0154793_22255609.jpg


この後は、
ズッパとタリアテッレをそれぞれ注文しシェア。


☆ひよこ豆のズッパ

a0154793_22572393.jpg



☆手打ちタリアテッレ きのこソース

a0154793_23521849.jpg


タウラージ村の代表的なアリアニコ種のワインが美味しく、
お料理も自家製の威力を発揮していて、
どれもが美味しかった。



充実した昼食の後、
未踏の地、モリーゼ州のチェルチェマッジョーレに向かった。



旅行記つづく・・・



[PR]

by isolala | 2017-09-12 23:59 | イタリア旅行’17 | Trackback

2016年 教室ツアー☆ピエモンテ州のワイナリー訪問②

旅行記のつづきです。


2016年10月15日 土曜日 午後
昼食はラ・モッラの丘にあるリストランテで簡単なコース料理
各自、興味のあるワインを選んで料理とともに
味わった。

a0154793_20325501.jpg


私はお肉に合わせて、アルバのドルチェットを試してみた。
a0154793_0232521.jpg

気軽に飲む地元のテーブルワインという印象。
コース料理は、
☆トーマチーズのクロスティーニなどアンティパスト
a0154793_23555082.jpg


☆ピエモンテ牛のワイン煮と野菜のコントルノ

a0154793_20530639.jpg

a0154793_20551871.jpg

カフェで締めくくった。


この後、「Castello di verdunoカステッロ ディ ヴェルドゥーノ」という
レストランもあるワイナリーへ。
門を入るとホテルのような建物があり裏庭には小さな畑もあった。
a0154793_00231714.jpg

菜園を散歩~
セージやローズマリーなどのハーブや野菜を見た後、
醸造所を見学。
a0154793_0115998.jpg

a0154793_0112848.jpg



夕方、いよいよパスタ教室が始まった。
ホテルの厨房で、女性シェフにパスタを習った。
a0154793_00112921.jpg
ニョッキ用じゃがいもをマッシュ中~
a0154793_02122211.jpg
                  
皆で協力して20人分くらいのパスタを作った。

a0154793_00210351.jpg
a0154793_00212624.jpg


パスタ作りが終わってホールのソファで休憩~
そこへロゼのスプマンテ(Castello di verduno製)が登場~
美味しかった。
a0154793_21321118.jpg


a0154793_00301180.jpg

夕食はバルバレスコ(Castello di verduno製)とともに味わった。
a0154793_23521346.jpg


☆じゃがいものニョッキ セージバターソース

a0154793_00404903.jpg

☆菜園風タリアテッレ 
a0154793_00414863.jpg

☆シャーベット、洋梨のコンポスタ ザバイオーネソース
a0154793_00430240.jpg
自分たちでこねたパスタはやはり特に美味しい~
ザバイオーネも濃厚で美味しかった。

夜遅くアルバの宿泊地へ。
明日はトリュフ狩り。

その様子は次回また~

つづく・・・



[PR]

by isolala | 2016-11-12 23:01 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ピエモンテ州のワイナリー訪問①


2016年10月15日 土曜日

今日は、ワイナリー訪問日和のお天気になった。
アグリ2日めの今朝は食堂からのワイン畑が目に優しい。
ガラス越しのパノラマが素晴らしい。
一通りカメラにおさめたら・・・
       
a0154793_13394745.jpg

a0154793_13483085.jpg

a0154793_13474252.jpg


いちじくのジュース、フルーツ、クロスタータ、ビスコッティなど
各自自由にエネルギー補充。(人物写真はあえてぼかしています)
ジョルジョ&ブルーナ夫妻に挨拶をして、
専用バスでバローロのワイナリーに向かった。


まずは「チェレット」社のワイン畑を見学。

a0154793_14320592.jpg
近代設備の整ったワイン醸造所を見学。

a0154793_14542342.jpg
a0154793_14390410.jpg

a0154793_15144107.jpg
a0154793_15152384.jpg
アルネイス、バルバレスコ、バローロの3種を試飲
アルネイスは果実味があり後味にほんのり甘みを感じる。
バルバレスコはすみれの花の香りがあり、口に含むとブラックベリーの
香りがした。酸味があるが洗練されている。
バローロはダークチェリーを思わせる香り、
口に含むと肉料理にマッチするはずのタンニンも感じた。
ヘーゼルナッツをみんなでつまみながら
自由に試飲。

その後、ラ・モッラの丘に行った。
丘の上の展望台からの
ランゲの丘陵地帯。この辺り一帯は「景色が世界遺産」に
なっている。人の心を惹きつけて離さない・・いつまでも
見ていたい景色だった。
a0154793_15483176.jpg
この展望台の近くのリストランテで昼食。
その様子はまた次回に~

つづく・・・




[PR]

by isolala | 2016-11-06 23:22 | 教室イベント | Trackback

ヴィラデストワイナリー 大人の遠足♪

先週、お教室での希望者を募り、
長野県東御市にあるヴィラデストワイナリーに
行ってきました。

2010年に訪れて以来、教室内で時折、
話題になっていた素敵な場所です。
5年前は春でしたので、それはそれで
春爛漫を享受できて良かったのですが、
やはりワイナリーの秋の風景は格別の感がありました♪
快晴に恵まれ、高台にあるワイナリーからは、上田市や
穂高連峰、五竜岳も眺められました☆

ランチの前に、スタッフさんにワイナリーを案内していただきました。
質問にも感じよく丁寧に答えてくださいました。
a0154793_12125142.jpg

上の写真は、既に収穫を終えたピノ・ノワールの畑です。

移動して、収穫を待つぶどう、メルローの畑にやってきました☆
a0154793_10444065.jpg


ご参加の皆さんと一緒に
ダリアやメキシカンセージなどのハーブ類なども眺めながら
散歩・・・
a0154793_11193873.jpg

プライバシー保護のため人物の写真掲載は控えますが、
フレッシュで美味しいと感じた空気を共有しながら
笑顔で周りました^^

a0154793_10581021.jpg


いよいよランチの時間がやってきました~
まずはリザーブシャルドネで乾杯♪
a0154793_10594966.jpg

爽やかな果実味があって、美味しい・・☆

窓の外に見える初秋のワイン畑やお花畑の風景を眺めながらの
コースランチ・・・
☆かぼちゃのケークサレ
a0154793_1151995.jpg

☆地元の野菜たっぷりのアミューズ
a0154793_11313969.jpg

タザワ メルロー という名の美味しいワイン片手に
・・・
☆信州鶏 くるみ衣のロースト
a0154793_11102915.jpg


こちらのレストランカフェは、オーナーの玉村豊男ご夫妻の
監修が行き届いていることを感じさせます・・・
お肉や野菜の火の通し加減が絶妙で、
地場の食材の力強さを活かした優しくて美味しいお料理・・・
感じの良いスタッフの対応も含めて
今回も大満足です。
ランチコースの締めくくりデザートも美味しい♪
a0154793_11184313.jpg


ランチ後は、ショップで、玉村豊男氏デザインの
素敵なお皿やステーショナリーを選んだり・・・
センスの良いものが陳列する店内で
楽しみました☆
[PR]

by isolala | 2015-10-16 13:15 | 教室イベント | Trackback

メルボルン郊外のワイナリー巡り☆

旅行記の続きです。


2013年8月28日
メルボルンの気候は日本と真逆の冬・・・
寒いとはいえ、春に向かっていることを感じさせる。
特に今日は春のように暖かい。
空がとても広いと感じるのは、広大な自然の中を
オープンカーで、走り抜けているからか・・・
1時間位?心地よい風に吹かれながら気ままに乗っていた・・・
最初に着いた場所は、
Yering Station☆
a0154793_1446211.jpg


私達4人以外には、人の気配もあまりなく、整然とした広い敷地の中を
のんびり歩いた。
イヤリング ステーションと書いてある建物の中に入ってみると・・・
a0154793_14475848.jpg

入り口近くにはワイン関連グッズのお土産を置いていて・・・
奥が試飲コーナになっていた。
気軽に数種類のワイン少しづつ試飲できた。しっかりした酸味を感じるワインだった。
a0154793_12254571.jpg


次に立ち寄ったのは、オーストラリアでは、アップルサイダー(=シードル)で
名が知られているという
PUNTO ROAD☆
a0154793_1227159.jpg

小さなテイスティングバーがあって、りんごや梨のサイダーを試飲できた。
(サイダーと言ってもアルコール飲料)
a0154793_12373749.jpg

a0154793_12374660.jpg

次に向かったのは、
ドメーヌ シャンドン オーストラリア・・・親会社はフランスのモエ・エ・シャンドン社
a0154793_13521089.jpg

オーナーのドミニク ポンテ氏はHさんの友人。
業界では有名な方ということだったが、
とても気さくで感じの良いフランス人。

試飲コーナーもあり・・・
a0154793_13543738.jpg

その奥はスタイリッシュなカフェになっている。
a0154793_13571449.jpg

丁度良い時間だったので、お昼代わりに軽食をいただきながら
シャンドンの赤を試飲。ベリー系の香りもよく、後味がすっきりしていて美味しい。
a0154793_13565293.jpg

どれもがワインを楽しむための美味しいおつまみ♪
a0154793_1357345.jpg


ほろ酔い気分で、次にHさんの親しい友人・・
ワイン好きが高じて、歯医者さんから転身した方が
作っているワイン農家に行った。
私達が農園に着いた時は、なだらかな丘になっている
ワイン畑の上の方で、農作業の最中だったにも関わらず、
素早く下まで降りてきてくださった。
額に汗が光る・・・まだ発酵途中のワインを気さくに試飲させてくださったり・・・
ワイン作りに一生を捧げている雰囲気が醸し出されていた。
いくつになっても、自分のライフワークを見つけ、
真面目に取り組んでいる人の姿は素晴らしい。
そして、感動を与える。

珍しい銅製のワイン作りの道具。
a0154793_14294521.jpg

その後、Hさんの友人宅へ・・・
ふらりと立ち寄っても本当に満面の笑みで迎えてくださる。
オーストラリア人の普段の生活ぶりが分かるから・・・という
Hさんの後ろに付いていくと、居間や寝室の絵や家族写真や
編みかけのショールまでも見せてくださった・・
a0154793_1431936.jpg

上の写真は帰りに、マダムがレモンをもぎ取ってくださってるところ。


その後は、別のお宅(別荘)を訪問~
広大な敷地の中に建つお宅のバルコニーから「テニスコートもあるのね・・・」
なんて話しながら眺めていたら、
a0154793_17111387.jpg

ここで飼われている2頭の馬がどこからかやってきた。
a0154793_1792266.jpg

とにかく・・・広い!
a0154793_14325554.jpg


夕方近くまで、広大なワイナリー巡り、大自然の中でのリフレッシュ空間を満喫して、
メルボルン中心街に戻った。

メルボルン最後の夜は、Hさん、Yさんお薦めのイタリアンで食事♪
その様子は次回また~


つづく・・・

☆☆☆イゾラーラ料理教室からのお知らせ☆☆☆
9月5日から1ヶ月間、ドリーミアクラブサロンこだわりリレーにて、
「isolalaイタリア料理教室」でのこだわりグッズなどを掲載していただいています。
よかったらどうぞごらんくださいね☆




[PR]

by isolala | 2013-09-08 17:51 | 旅行(イタリア以外) | Trackback