イタリアン と 大吟醸

イタリア料理に合わせるアルコールと言えば ワインですが・・・
先日、ある方から「今の時季は日本酒の新酒が美味しい…」と聞いて、
夏はビール、冬になると日本酒を好む家人のために、
山梨の真面目な酒造元から新酒を取り寄せてみたのです。
先週のお教室のレッスンの当日に ちょうどその新酒が宅急便で届きました。
早速、お味見してみましょうか♪ という事になり・・
小さなグラスにちょっぴり注いで 乾杯~・・・美味しい!
皆さんと一緒に叫んでしまいました(笑)
日本酒のことは よく知らないのですが・・グラスに口をつけた途端に、
品のいい華やかな香りが口いっぱいに広がって・・
何というか・・良質なお酒の美味しさって言うのでしょうか・・
喉ごしは、さらっと してました・・♪

日本酒に詳しい方は「先刻ご承知」のことなのでしょうが 厳しい寒さが あってこそ
良質の新酒を育むものなのでしょうね・・
フランスワインのボジョレーヌーブォー、イタリアワインの ヴィーノ ノヴェッロ、
そして日本の新酒 、 それらをいただくときに感じるのは
新しいお酒の生命力の強さのようなものです。
造り手の思いが 伝わって、お祝いしたいような気持ちにもなってしまいます~♪

この新酒がイタリアンに合うのが 面白くて、今日の夕食は和食でしたが
こちらの ☆帆立貝のスカペーチェ も作りました。
a0154793_0303364.jpg


とても美味しい組み合わせになりました♪
今の時季、時には 自由にちょっと冒険してみるのも
面白いと思います~☆
[PR]

# by isolala | 2010-02-27 23:38 | 料理・食材 | Trackback

ドルチェ で フェリーチェ

毎日寒いですね・・今月のイゾラーラ 料理教室は
アツアツのお料理で、元気に 寒さを吹き飛ばしてま~す♪

毎回、コース料理の レシピの組み立てを考える時に
やむを得ず、アンティパストを見送る場合はあるんですが
ドルチェのレシピ は見送れません・・・
ドルチェだけは、 簡単に作れて美味しいものなら
時にはイタリアンに限らず、ご紹介しています♪

今月のイゾラーラ 料理教室のドルチェはクラスによって違いますが
雪だるまに降り積もる雪のように、粉糖をまぶした・・?
スノーボール という名のクッキー.
a0154793_22554863.jpg

or カラメルソースたっぷりのカスタード プリンです。
プリンは、イタリアでは ブディーノ (Budino) という名前で、トラットリアの
メニューで見たことが あります・・・
昨年秋、トスカーナのトラットリアで注文してみたプリンです。(店内が暗いのと
私の技術不足のため・・;実際の色より 暗く写ってます)
a0154793_15302996.jpg

日本で食べる味と、ほとんど同じ味でした・・材料がシンプルなので、当たり前ですね・・
どこか懐かしい味で ほっとしました。
トスカーナでのステイ先のマンマに、イタリアの プリンの作り方を 聞いてみたのですが
彼女によると、「家庭では 耐熱容器に ドーンとラフに作って、型から出さずそのまま
テーブルで、お皿に取り分けることも多い」 と言っていました。
やはりイタリアでも、それぞれの家庭のやり方で
ラフに作る、気取らない ドルチェ なのでしょうね・・・
我が家では小型のプリン型で作るより
最近は、やはりドーンと作って、型からは 出して盛り付け
好きなだけ取り分ける方式が 多いです・・
今月のイゾラーラ料理教室用には
カラメルソースの苦味をちょっとだけおさえて、
フルーツを添えて、ちょっとだけおしゃれをしてみました♪
a0154793_2322775.jpg


ドルチェを前にすると 思わず 「しあわせ~(フェリーチェ)」 な笑顔になります・・・
やはり ドルチェは、はずせませんね☆
[PR]

# by isolala | 2010-02-19 23:46 | 教室の様子・メニュー | Trackback

パスタ エ ファジョーリ

今週は あまりにも寒いので お教室での アンティパスト(前菜)レシピの
☆いんげん豆のブルスケッタ を プリモ(第1の皿)としての スープに
急遽 変更することにしました。
レシピ用の写真を 撮ったり いろいろバタバタと してしまいましたが
当日もやはり寒く・・ 雪まで ぱらついた寒さの中、 生徒さまが いらっしゃる頃には
火にかけておいた 鶏のブロード(ブイヨン)の香りが漂って、
部屋の中も 暖かくなっていました。
寒い日には やはり まずは体を 暖めてくれる スープが 良かったようです~♪

ベネチアのある ベネト州の 伝統料理・・・☆パスタ と 豆のスープ ベネト風 は
現地では「パスタ エ ファジョーイ」 と言うのですが
ファジョーイ(いんげん豆) というのはファジョーリの 方言なので
ファジョーイ と なっていると
それは ベネト風の 「パスタと 豆のスープ」 を意味することになります。
a0154793_21323722.jpg

熱々の お鍋ごと テーブルに 出して「外は寒かっただろ~ たくさん食べな~」
(なぜか方言口調で・・)
と言いながらお皿に注ぎ分けてるベネチアのマンマ の 声が 聞こえてきそうです・・・
実際に体験したわけではありません、念のため(笑)
でもそんな 「幸福な食卓」 の風景は
イゾラーラ料理教室の テーマなのです☆

a0154793_21475424.jpg

仕上げには美味しい EXVオリーブオイルをかけて・・・身も心も暖かくなりま~す☆
[PR]

# by isolala | 2010-02-13 22:13 | 教室の様子・メニュー | Trackback

料理写真タイム

レッスンが一段落すると 出来上がったお料理を撮る 写真タイムになることが多いのです・・
皆さまの笑顔が見られる この時間は 嬉しい時間です。
私は お料理に専念するためもあり レッスン当日には写真は 撮っていないんです。
が ついついつられて 写真タイムに 一緒に撮ってしまったのが
こちらの写真です。
a0154793_1175625.jpg

a0154793_1472520.jpg

この写真だけ見ると 「二人で仲良く 食べたのかしら・・・」
と思ってしまいません?
何を隠そう・・この写真、レッスン時のものなんですよ~(笑)
イゾラーラ料理教室には大学生のクラスが1クラスありますが・・
毎回 写真タイムで いろいろなアングルのアイデア等を出して とても盛り上がるんです・・

先月は 学年末試験で 大学生クラスは お休みにしたので
今月は 「試験 お疲れ様~」 と乾杯♪
あっ、上の写真のシャンパングラスに入ってる飲み物は 勿論 ノンアルコール です!

泡のものは リラックスさせてくれるので 時々 「発泡性 グレープジュース」を
お出ししてます。未成年ですからね、ジュースです・・あっ成年もいらっしゃいますが
未成年につきあってくださってます~・・(笑)

学生の皆さんにはイタリア料理を通して
まずは お料理の楽しさを伝えたいのです。
「美味しくて 楽しい」イゾラーラ料理教室でありますように・・

そして勿論 基本的な食材の扱い方や大切な下ごしらえなども
いろいろ盛りこみたいと思います・・・♪
[PR]

# by isolala | 2010-02-06 01:51 | 教室の様子・メニュー | Trackback

海老と帆立貝のグラティナート

今月のイゾラーラ料理教室のセコンド ピアット(第2 の 皿 =メインの皿)は
簡単に言うと グラタン です。
大きなグラタン皿で焼いて ドーンと大胆に テーブルに出すのが イタリアの 家庭料理・・。
イゾラーラ料理教室でも そんな風にすることも多いのですが
今月はいろいろな型に分けます。
a0154793_11554539.jpg

こうしてまとめて焼いて、時間差のある 家族の帰宅に合わせて
温め直してもいいと思います。
形のくずれていないアツアツのグラタンをサービスできますし、
少人数の方は 具材をかえると、いろいろ味わえます♪
a0154793_12205399.jpg

バレンタインデーを意識して どうしても ハートの型 が多くなっている
今月のイゾラーラ 料理教室です。
(実は教室のシンボルマークにも小さなハートマーク がついてるんですよ~・・)
a0154793_12265462.jpg

バレンタインではなくても グラタンの季節には 大活躍です!
なかみを掘り起こすと(写真手前のハート型)・・・
海老 帆立 そして、あらっ こんなところに・・ ハート型のパスタが♪

☆海老と帆立貝のグラティナート・・もちろん 作っている時から楽しんでます・・
年齢問わず?それはもう 好評です♪
[PR]

# by isolala | 2010-02-05 12:45 | 教室の様子・メニュー | Trackback

豚肉のピッカータ

イタリアでは ピッカータと言えば 子牛肉の料理なのですが ・・
今月の イゾラーラ 料理教室 の
セコンド(コース料理の メイン料理) は 簡単スピード料理の
☆豚肉のピッカータ☆ です。
a0154793_22595221.jpg

コントルノ(付け合せ)は クラスによって違います~
ペペロナータ or いんげん豆 ・・・どちらが お好みですか~~?
どちらも美味しいですよ~(笑)
a0154793_2372994.jpg

a0154793_239986.jpg

そして 今月は
蟹のリングイネの 出来上がり の 待ち時間 に
アンティパスト にヘンシン!したブルスケッタをほおばってま~す♪
a0154793_23182250.jpg

a0154793_23185638.jpg

ペペロナータは多めに作って ビンに入れて
EXVオイルを注いで 保存しておくと・・・
a0154793_23444853.jpg

ちょちょっと パンにのせたり サラダに入れたり パスタや 付け合せに・・ と 大活躍してくれま~す♪
[PR]

# by isolala | 2010-01-26 23:32 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ずわい蟹 の リングイネ

蟹のパスタ といえば 渡り蟹のリングイネも 美味しいですよね~
でも 今の時季、スーパーでも 見つけ易い 「鍋用のずわい蟹」を
使わない手はありません。。

既に食べ易いように下処理をして軽くボイルしたもの が
パックされて売られています~

お鍋にするだけじゃなく 時には パスタソース にしては
いかがでしょう~

意外に これが 簡単にできて
びっくりする美味しさなんですよ~♪
a0154793_2265742.jpg

パスタ皿の向こう側に 写ってるものは
a0154793_22195526.jpg

エクストラ ヴァージン オリーブ オイル(略してEXVオリーブ オイル)
リングイネ
フィンガーボウル
そして 写ってはいませんが 蟹用スプーンがあると 便利です!
a0154793_22203722.jpg


オリーブの果実のフルーティーな香りがする トスカーナのEXVオリーブオイル を
細~く回しかけると
濃厚な蟹のうまみエキス と トマトソース と オリーブオイル が 調和して・・♪

本日のイゾラーラ料理教室の パスタでした♪
[PR]

# by isolala | 2010-01-21 23:01 | 教室の様子・メニュー | Trackback

バーチ ディ ダーマ

貴婦人のキス という意味の
イタリア ピエモンテの お菓子

「バーチ ディ ダーマ」が
今月の料理教室 の ドルチェです。

どちらかというと クッキーに近いお菓子ですが
連想ゲーム的に?・・
バレンタインデーにいかがでしょう・・
a0154793_1461783.jpg


バレンタインデーにはチョコレート菓子といきたいとこですが
見た目も可愛くて クッキーとクッキーの間に
ちょこっとチョコレートをサンドしたところが・・

奥ゆかしくて可愛いメッセージになりません?
・・難しすぎるメッセージになります?(笑)

やっぱり チョコレートじゃなっくっちゃ!!
と思う方のために ?
生地にココアを混ぜて・・・
サンドするものはホワイトチョコレート・・・
これが今日のレッスンで大好評でした♪
a0154793_1472412.jpg


いろいろ楽しみました♪
a0154793_148299.jpg

a0154793_1504713.jpg

作るだけで盛り上がる
バレンタインのお菓子づくりです~♪
[PR]

# by isolala | 2010-01-16 01:55 | 教室の様子・メニュー | Trackback

サルデーニャ回想記 カリアリからローマへ

回想記

2008年11月24日
朝食にパナディーナをいただいた・・コーヒーと合って
とても美味しかった。
残りのパナディーナとフレーグラをたくさん
日本へのお土産に持たせてくれた。

充実したサルデーニャの旅を終えて、朝9時5分のカリアリ発の飛行機に乗った。
そして、ローマなど経て成田へ。
ローマでの待ち時間が4時間あった。
イタリアにいる間は、時間が許す限り、食の探究をしなければと
いう意識が常に働いているので、迷わず、タクシーで
スペイン広場に向った。
久しぶりのスペイン階段とサンタ・トリニティ・デイ・モンティ教会を見上げた。
a0154793_2215733.jpg


コンドッティ通りを足早に歩いて、左に曲がり、少し歩いた所に
Yさんお薦めの、そのトラットリアはあった。
a0154793_1327926.jpg

メニューを見ると、いろいろ美味しそうなものが・・
でも注文しすぎないようにしなくてはいけない・・
そして、厳選したもは・・・
フレッシュなプーリア生まれのチーズが入荷しているいうことで・・
☆ブッラータ 
a0154793_2222341.jpg

新鮮なモッツァレラチーズの中に生クリームが入っているような味わい。
口の中に入れるとジューシーでミルキーな味!
下の写真は、ローマに来たらやっぱり食べたくなる
☆カルボナーラ
a0154793_22222891.jpg

☆ハムとレモンのトンナレッリ
a0154793_22225937.jpg

☆ミネストローネ
a0154793_222333100.jpg

このミネストローネが美味しかった・・
連日の食の探究で、さすがにちょっと疲れていた胃に
やさしく訴えかけてくる美味しさだった。
食べたてみたいものが他にもあったが、食べきれないと思い、断念。
でも、また来る楽しみを未来につなげた・・!

・美味しかったフレスコバルディの赤ワイン
a0154793_22243489.jpg


急ぎ足のローマだったけど、美味しくて幸せなひと時だった。
コンドッティー通りを歩いて、ウインドーショッピングも少しできた。
そして、無事にローマを発って、成田にたどり着いた。

最後の最後まで、目いっぱい充実できた。
サルデーニャの旅に声をかけてくれたYさんのお陰で、
本当に充実した、心に深く残る旅ができた。
サルデーニャで出会った人達は、心からの優しさで接してくれた。
何よりサルデーニャ料理は、これまで食べたことのないものも多く、
その背景にある文化と共に深く印象に残った。

折角習ったサルデーニャ料理、どんどん作らなくっちゃ!

以上、回想記にお付き合いいただきありがとうございました。

では、また通常の「食にまつわる日記」に戻ります。
[PR]

# by isolala | 2010-01-14 23:58 | サルデーニャ2008 | Trackback

サルデーニャ マッロレッドゥス カルメラのレッスン②

回想記
2008年11月23日
昼食をみんなで囲んだ後、サルデーニャの伝統料理の
マッロレッドゥスを仕込んだ。
このパスタは、サルデーニャの小型ニョッキという意味の
ニョケッテイ・サルディとも呼ばれるまさにニョッキを
小さくした形のパスタだった。
a0154793_15595253.jpg

この後、乾燥させた。
今日は午前中のパナディーナから始まって、ずっと料理をして、
多種類の豪華な昼食をすませて、またレッスンだったので、
ここでお料理は、一旦休憩に~

夕飯まで、ちょっと町の方に気分転換に行ってみる事になった。
とても大規模なショッピングモールがあった。
家族連れや、若者で賑わっていた。
私はキッチングッズのお店でミニボウルを買ったり、
サルデーニャの調理の本など数冊を買った。
忘れずに食料品売り場で、サルデーニャの食事情もリサーチ・・・
お腹がいっぱいでも、食の探究は続く・・

☆サルデーニャの素朴なお菓子
a0154793_1601031.jpg

a0154793_1664318.jpg

下の写真は、フリルの部分に手先の器用なサルデーニャの女性を連想する・・
☆カスケッタス
a0154793_1602574.jpg

お総菜コーナーの定番は、
手前左から茄子、ピーマン、ズッキーニのマリネ・・
a0154793_161152.jpg

他の州でも見かけたことがあるものだったのが興味深い。
2時間後位に、コーディネーターの智子さんの車に乗って、
再び家に戻り、料理の続きに取り掛かった。
まず夕飯には、午後仕込んであった極小パスタのフレーグラを使った・・
☆きのこのフレーグラ
a0154793_1618584.jpg

つぶつぶのフレーグラがきのこのエキスを吸いこんでいて
とっても美味しい。
サルデーニャパンは、・・粉の味も美味しくて、後を引く味だった。
サルデーニャはパンが美味しい!と思った。
a0154793_16192572.jpg

夕食は昼食より簡素だったが、フレーグラの味と食感は忘れられない、
充分満足できるものだった。
この日は、11月の半ばで寒かったが、居間以外は暖房はしていないので、
火を使う台所や居間の暖房のそば以外のところは寒かった・・
それでも皆で、台所で食事の準備をしたり、暖炉の前に自然に集まって過ごしたり・・
楽しく過ごせた。
食事の後片づけを手伝った後で私はシャワーを浴びた・・
居間の戸を開けて土間に降りると、右側にシャーワーとトイレがあった。
昔は完全に外だったらしいが、今はここを含む
土間の向こうに戸がある。簡単な壁と天井に覆われているので、
まるっきりの外ではないがとても寒い。
日本と同じ感覚でシャーワーを使ってしまって、後で寒さに震えてしまった;
けれどそんな体験も嫌ではなかった。風邪も引かなかったし・・
便利さに慣れ過ぎている自分に気が付いたり、
サルデーニャの人が寒さに強いことにも
妙に感心したりした。

・・・1泊2日のカルメラのレッスン・・でもそのインパクトはとても強い。
普通の一軒家で料理を習い、親戚の人が集まって皆で食事をしたり、
何となくおしゃべりしたり・・ここでの2日間は
サルデーニャの人も暮らしも、より身近に感じられた滞在だった。
[PR]

# by isolala | 2010-01-13 23:19 | サルデーニャ2008 | Trackback