シチリア回想記~パレルモにて

突然ですが、2008年のシチリア旅行記を
こちらの方にまとめることにしました。
今回の旅は、一人では、絶対に実現しない旅・・・
なぜなら、シチリア=危ない、怖い という
先入観が私の中に根強くあったからです。
幸運にも急遽、某料理教室主宰の
シチリア美食ツアーの末席に参加することになり、
安全で充実した旅ができました。
日にちが前後して読みずらいかと思いますが、
よかったらお立ち寄りくださいね~

旅行記:

2008年11月11日

朝早く成田AM7時半集合、エールフランス便 9時半発にて
パリ着→乗り継いでローマ着→乗り継いでエアワン便 で
パレルモ 22時半到着。

夜遅くパレルモのホテルに無事到着。
とにかく手足を伸ばしてぐっすりと眠った。

☆  ☆  ☆

2008年11月12日 
朝、どこからともなく聞こえてくる荷物を運搬しているような
朝の気配の物音で目が覚めた。

食堂に降りて行くと、コーヒやカスタードの美味しそうな香りが漂っていた。
a0154793_12291089.jpg

大好きなカスタード入りのパンを2種選択♪
a0154793_1230125.jpg


食後直ぐにパレルモ観光へ出発。前方を歩く今回の美食旅行チーム
(以降美食チームと記す)について行くとマッシモ劇場に着いた。

・・・ゴッドファーザーⅢの撮影が行なわれた場所!
素晴らしい建築のオペラ劇場であるというだけでも必見の価値が
あると思うのに、それにもまして、あの名場面の正にその場所にいた。
アルパチーノ演じるマイケルを狙った銃が、運命のいたずらで
最愛の娘メアリーに命中してしまう・・・
マイケルが天に向かって絶望の慟哭を挙げる、あの名場面の階段・・・

その階段を遮るように立ってしまった下の写真・・
でもこの写真しかないのでアップ決定;
a0154793_0434035.jpg


しばらく歩くとバロック建築が特徴的な「クワットロ・カンティ」
とよばれる面白い交差点に出た。
a0154793_12363531.jpg

上の写真はその一角、他の3方向角にも、それぞれに彫刻などの装飾があった。

・・・目に染みるように美しく青い空を時々仰ぎ見ながら歩いた。
*カテドラーレ 見学・・
a0154793_12375690.jpg

その後、王宮内のパラティーナ礼拝堂を見学・・
素晴らしいピエトレ デューレ(モザイク) こんな素晴らしい芸術作品が
目の前に不意に現れる。
a0154793_12395776.jpg

a0154793_12402288.jpg


そして、シチリアの日常の食材の宝庫、ヴッチリア市場見学
*お惣菜屋さんのようなところ・・その場で買って、食べながら歩けるようなもの
 (=ストリートフード)も売っている。
a0154793_1241762.jpg

*大きな缶に入ったアンチョビ
a0154793_12425843.jpg

*オリーブの実各種
a0154793_0493040.jpg

*シチリア名産ヌビアのニンニク
a0154793_0494337.jpg

*かたつむり
a0154793_0502063.jpg

*野菜(カルチョーフィやフィノッキオ・・)
a0154793_17574560.jpg

*サボテンの実
a0154793_0523218.jpg


そして、美食チームは、ここでシチリア在住のコーディネーターの
礼子さんと無事に合流。
いよいよシチリア食!ガツンと美味しいランチタイム・・!

その様子はまた次回に~~
[PR]

# by isolala | 2010-03-21 20:49 | シチリア州2008 | Trackback

「ダ フェリーチェ」 という名のトラットリア

今週、イタリアから一時帰国中だった友人と東銀座でカジュアルランチをしました。
今はまた、イタリアで頑張っている頃です。
歌舞伎座の前で待ち合わせをしたのですが 、何やらカメラを構えてる人が多い・・・
今年の4月いっぱいで、建替えるそうで「さよなら公演」となっていました。
この建物は、国の有形重要文化財となっていて、老朽化対策ということらしいです。
私もケータイでパチリと撮ってみました。
a0154793_20362979.jpg

a0154793_20192072.jpg

その後、すぐ近くにある、彼女お薦めのトラットリア「ダ フェリーチェ」へ行きました。
席について直ぐ、昨年1年間の修行先での話や写真を見ながらのランチは始まりました♪

☆3種のアンティパストの盛り合わせ
(魚介のサラダ、スプリ、レバーペーストのクロスティーニ)
a0154793_2224261.jpg

アンティパストのお皿の向こうに写っている、残り少ない食べかけのパンは自家製です。
美味しくて、アンティパストが来る前におしゃべりしながらも、
ムシャムシャいただいてしまいました。
さすがに、ちょっとだけ残しておいたものが写ってます・・見えます?(笑)
こちらが友人がオーダーした
☆馬肉のラグーソースの 手打ちキタッラ
a0154793_2018259.jpg

私のはこちら
☆ホタテとキャベツの 手打ちタッコーニ
a0154793_221166.jpg

半分ずつ、シェアーしました~
馬肉のラグーソースなどはしっかりした味付けでありながら、
キャベツとホタテのような繊細なものには、塩分控えめで
素材の甘みを充分に引き出していました・・・!
最後のドルチェのトルタも美味しかったのに、あっという間にいただいて・・写真撮り忘れデス;
とっても美味しいランチでした♪
トスカーナの美味しいトラットリアで食事をしているような錯覚に陥りましたよ~♪
美味しくて、気取らない雰囲気の中で、
初心を思い起こさせてくれる友人や、彼女の修行仲間が
はりきって仕事をしている様子を感じながらの・・この日のランチは

お店の名前、そのままの 「幸せな場所」での贅沢なひとときでした☆
[PR]

# by isolala | 2010-03-20 21:32 | イタリア料理店 | Trackback

イタリアンとオリーブオイルの組み合わせ

皆さまもご存知のように、イタリア料理にはオリーブオイルを本当によく使います。
調理中には勿論、仕上げにもよく使いますよね~
例えて言うなら、どちらかというと,油というよりも、お醤油に近い使い方かな・・
と思います。日本人がなんと言ってもやはり、お醤油の香り、味を好んでいるように
イタリア人もオリーブオイルの香り、味を好んでいて・・・
とにかくテーブルにはなくてはならない調味料のようです。
EXVオリーブオイルがイタリア料理に合うのは勿論ですが、おひたしや、お豆腐に
かけたり、和風のお料理などにも使ってみたり・・・、
いろいろなものに、まずは自分の好きなタイプのEXVオリーブオイルを
使ってみるのは 新しい味覚の世界が広がって楽しいですよ~♪

先日のお教室のイベントの「オリーブオイルの試飲会・・・」では
とにかく自由に!
「イタリアンとEXVオリーブオイルの組み合わせ」 を楽しみました☆
ブルスケッタ(イタリア版ガーリックトーストのようなもの)や
パーネ・カラサウ(サルデーニャの極薄パン)や
出来上がったお料理に、いろいろなEXVオリーブオイルを
各自で、試していただきました。

昨年の秋に、トスカーナで収穫,搾油されたものを
眼の前でビン詰してもらって持ち帰った、ノヴェッロ(新油)2本のうち
3ヶ月経ったものと、当日開栓したばかりのものを比較してみたり、
a0154793_21135587.jpg

サルデーニャから取り寄せたノヴェッロ や
a0154793_21143145.jpg

バイオのもの、国産の小豆島のもの などなど試しました。
こちら、自由に試したEXVオリーブオイルを並べてみました☆
a0154793_21534568.jpg

勉強なのに楽しく♪楽しいのに勉強になって・・・(あら、自画自賛?笑)
最後はドルチェと、食後用ハーブティーで締めくくりました♪
盛り上がりましたね~参加して下さった皆さま、ありがとうございました。
皆さんの自由な感想を聞きながら、私自身もまたいろいろな発見があって、
とても楽しい時間でした☆
オリーブオイル・・・う~ん・・・奥が深くて楽しいです☆
[PR]

# by isolala | 2010-03-17 21:40 | オリーブオイル | Trackback

EXVオリーブオイル試飲会

「EXVオリーブオイル試飲会とリクエストレシピの料理教室」の様子の続きです。
以前からオリーブオイルを使うことで、お料理が引き立つようなレシピをいくつか
考えていました・・・最終的に今回は ☆豚肉の塩釜焼き と
その他にも仕上げに、オリーブオイルを使うことで完成するレシピを組み合わせました。
お料理の下準備が済んだら、調理器具を文房具に持ち替えて~・・

EXVオリーブオイルとは何か・・から始まり、今回セレクトしたイタリアの4本のオイルを中心に、
オリーブの品種・生産地・収穫時期・収穫方法・搾油方法・保存方法などなど勉強しました。
ちょっとマニャックに思われるかもしれませんが、 このポイントを押さえることによって
すぐ後で試飲する際に、それぞれのオイルの特徴がはっきりと、つかめるんです。
試飲後は、オリーブオイルと健康やラベルについて勉強しました。
皆さま、終始ラフな雰囲気で楽しく、かつ真面目でしたね~☆

いよいよオリーブオイルと料理の組み合わせの時間が近づいてきました~♪
以下のお料理が、仕上げのEXVオリーブオイル♪でぐんと美味しくなるんです。
☆いんげん豆のインサラータ
a0154793_1635779.jpg

☆17穀米ときのこのインサラータ
a0154793_16123229.jpg

☆菜の花とアーモンドのソテー
a0154793_1654275.jpg

☆豚肉の塩釜焼き
a0154793_16433455.jpg

(後方に写っているパンのようなものは お肉が入ってた塩釜です・・
パフォーマンスとしての飾りデス♪)
全て、仕上げのEXVオリーブオイルでお料理が引き立つレシピになっています。

まずは試飲した4本のオリーブオイルをお好きなように試して・・・・
他のEXVオリーブオイルも・・・
試してみたオリーブオイルはまた次回アップ致しますね~♪
[PR]

# by isolala | 2010-03-14 16:48 | オリーブオイル | Trackback

豚肉の塩釜焼き

今週はEXVオリーブオイルの試飲会とリクエストレシピの料理教室
と称して、スペシャルレッスンをしました。
皆さまが集まったら直ぐに☆豚肉の塩釜焼き の仕込みです。
これがとっても簡単なんですよ~
塩と香草でくるんだ豚肉をオーブンに入れるだけなんです。
後はオーブンの中で、勝手に豚肉が美味しくなってくれるんです♪
オーブンに入れる前のものがこちらです。
a0154793_2043776.jpg

ただ・・時間が、かかるんです・・オーブンで1時間+ねかせるための1時間
そこで! この時間をEXVオリーブオイルの勉強に使いました☆
a0154793_21252998.jpg

今回は、(写真の左側から順番に)
イタリアのリグーリア、プーリア、トスカーナ、サルデーニャの、特徴を見つけ易い
EXVオリーブオイルをまずは4種類選び、ミニ講座の後、試飲していただきました。
このテイスティングによって、それぞれのEXVオリーブオイルには特徴があることが
分かってきます・・・自分の好みの味は・・・な~んて、五感をフル回転・・
そうこうしているうちに出来あがりを知らせる オーブンの音 ♪「ピッピッピッ」
こちらが焼きあがりです。
a0154793_2131284.jpg

この後、ジャンピングしてる肉汁♪が落ち着くまで、もう少し勉強しました~
スーパーなどでの購入の際の目安となるラベルの基本的な読み方などなど・・・
この日のまだまだ続くEXVオリーブオイル試飲会の様子は 次回アップ致しますね~
もう少しお待ち下さいね・・・Subito!(すぐですからね・・)
[PR]

# by isolala | 2010-03-13 21:18 | オリーブオイル | Trackback

17穀米 と きのこのインサラータ

最近は健康志向ブームのお陰で 炊飯用の雑穀を
スーパーでも手軽に買えるようになりましたね。
イタリアでも 数年前からスペルト小麦などをよく目にします・・・
昨年、トスカーナの小さなスーパーのお惣菜コーナーのような片隅に
スペルト小麦のサラダを見つけ、パチリと撮ったのがこちらです。
a0154793_15181879.jpg

スペルト小麦のサラダ や お米のサラダなど穀類を使ったサラダは
イゾラーラ料理教室でも人気のあるレシピです。
穀類とオリーブオイルなどの味付けが合うということは大まかに言えば・・・
ご飯とオリーブオイルも味覚的には合うと思っています。
そんな発想から何度か私なりのアレンジをして、穀類とオリーブオイルが
本当に調和して、食感も面白く、味わい深い1品がこちらの
☆17穀米 と きのこのインサラータ です。(菜の花添え)
a0154793_15392090.jpg

17種類の穀類は・・・やはり見えません・・よね?肉眼でも見えません(笑)
でも17種類チャンと入ってるんです♪(ちなみに5穀米くらいでも 美味しくできま~す)
銘々に取り分けたら、美味しいEXVオリーブオイルを回し掛けて・・・
サラダ感覚で食べるつもりが、美味しくて、気が付いたら
主食のように食べてしまってる・・・ということもあります・・・ヘルシーだから大丈夫!(笑)
[PR]

# by isolala | 2010-03-06 16:08 | 料理・食材 | Trackback

イタリアン と 大吟醸

イタリア料理に合わせるアルコールと言えば ワインですが・・・
先日、ある方から「今の時季は日本酒の新酒が美味しい…」と聞いて、
夏はビール、冬になると日本酒を好む家人のために、
山梨の真面目な酒造元から新酒を取り寄せてみたのです。
先週のお教室のレッスンの当日に ちょうどその新酒が宅急便で届きました。
早速、お味見してみましょうか♪ という事になり・・
小さなグラスにちょっぴり注いで 乾杯~・・・美味しい!
皆さんと一緒に叫んでしまいました(笑)
日本酒のことは よく知らないのですが・・グラスに口をつけた途端に、
品のいい華やかな香りが口いっぱいに広がって・・
何というか・・良質なお酒の美味しさって言うのでしょうか・・
喉ごしは、さらっと してました・・♪

日本酒に詳しい方は「先刻ご承知」のことなのでしょうが 厳しい寒さが あってこそ
良質の新酒を育むものなのでしょうね・・
フランスワインのボジョレーヌーブォー、イタリアワインの ヴィーノ ノヴェッロ、
そして日本の新酒 、 それらをいただくときに感じるのは
新しいお酒の生命力の強さのようなものです。
造り手の思いが 伝わって、お祝いしたいような気持ちにもなってしまいます~♪

この新酒がイタリアンに合うのが 面白くて、今日の夕食は和食でしたが
こちらの ☆帆立貝のスカペーチェ も作りました。
a0154793_0303364.jpg


とても美味しい組み合わせになりました♪
今の時季、時には 自由にちょっと冒険してみるのも
面白いと思います~☆
[PR]

# by isolala | 2010-02-27 23:38 | 料理・食材 | Trackback

ドルチェ で フェリーチェ

毎日寒いですね・・今月のイゾラーラ 料理教室は
アツアツのお料理で、元気に 寒さを吹き飛ばしてま~す♪

毎回、コース料理の レシピの組み立てを考える時に
やむを得ず、アンティパストを見送る場合はあるんですが
ドルチェのレシピ は見送れません・・・
ドルチェだけは、 簡単に作れて美味しいものなら
時にはイタリアンに限らず、ご紹介しています♪

今月のイゾラーラ 料理教室のドルチェはクラスによって違いますが
雪だるまに降り積もる雪のように、粉糖をまぶした・・?
スノーボール という名のクッキー.
a0154793_22554863.jpg

or カラメルソースたっぷりのカスタード プリンです。
プリンは、イタリアでは ブディーノ (Budino) という名前で、トラットリアの
メニューで見たことが あります・・・
昨年秋、トスカーナのトラットリアで注文してみたプリンです。(店内が暗いのと
私の技術不足のため・・;実際の色より 暗く写ってます)
a0154793_15302996.jpg

日本で食べる味と、ほとんど同じ味でした・・材料がシンプルなので、当たり前ですね・・
どこか懐かしい味で ほっとしました。
トスカーナでのステイ先のマンマに、イタリアの プリンの作り方を 聞いてみたのですが
彼女によると、「家庭では 耐熱容器に ドーンとラフに作って、型から出さずそのまま
テーブルで、お皿に取り分けることも多い」 と言っていました。
やはりイタリアでも、それぞれの家庭のやり方で
ラフに作る、気取らない ドルチェ なのでしょうね・・・
我が家では小型のプリン型で作るより
最近は、やはりドーンと作って、型からは 出して盛り付け
好きなだけ取り分ける方式が 多いです・・
今月のイゾラーラ料理教室用には
カラメルソースの苦味をちょっとだけおさえて、
フルーツを添えて、ちょっとだけおしゃれをしてみました♪
a0154793_2322775.jpg


ドルチェを前にすると 思わず 「しあわせ~(フェリーチェ)」 な笑顔になります・・・
やはり ドルチェは、はずせませんね☆
[PR]

# by isolala | 2010-02-19 23:46 | 教室の様子・メニュー | Trackback

パスタ エ ファジョーリ

今週は あまりにも寒いので お教室での アンティパスト(前菜)レシピの
☆いんげん豆のブルスケッタ を プリモ(第1の皿)としての スープに
急遽 変更することにしました。
レシピ用の写真を 撮ったり いろいろバタバタと してしまいましたが
当日もやはり寒く・・ 雪まで ぱらついた寒さの中、 生徒さまが いらっしゃる頃には
火にかけておいた 鶏のブロード(ブイヨン)の香りが漂って、
部屋の中も 暖かくなっていました。
寒い日には やはり まずは体を 暖めてくれる スープが 良かったようです~♪

ベネチアのある ベネト州の 伝統料理・・・☆パスタ と 豆のスープ ベネト風 は
現地では「パスタ エ ファジョーイ」 と言うのですが
ファジョーイ(いんげん豆) というのはファジョーリの 方言なので
ファジョーイ と なっていると
それは ベネト風の 「パスタと 豆のスープ」 を意味することになります。
a0154793_21323722.jpg

熱々の お鍋ごと テーブルに 出して「外は寒かっただろ~ たくさん食べな~」
(なぜか方言口調で・・)
と言いながらお皿に注ぎ分けてるベネチアのマンマ の 声が 聞こえてきそうです・・・
実際に体験したわけではありません、念のため(笑)
でもそんな 「幸福な食卓」 の風景は
イゾラーラ料理教室の テーマなのです☆

a0154793_21475424.jpg

仕上げには美味しい EXVオリーブオイルをかけて・・・身も心も暖かくなりま~す☆
[PR]

# by isolala | 2010-02-13 22:13 | 教室の様子・メニュー | Trackback

料理写真タイム

レッスンが一段落すると 出来上がったお料理を撮る 写真タイムになることが多いのです・・
皆さまの笑顔が見られる この時間は 嬉しい時間です。
私は お料理に専念するためもあり レッスン当日には写真は 撮っていないんです。
が ついついつられて 写真タイムに 一緒に撮ってしまったのが
こちらの写真です。
a0154793_1175625.jpg

a0154793_1472520.jpg

この写真だけ見ると 「二人で仲良く 食べたのかしら・・・」
と思ってしまいません?
何を隠そう・・この写真、レッスン時のものなんですよ~(笑)
イゾラーラ料理教室には大学生のクラスが1クラスありますが・・
毎回 写真タイムで いろいろなアングルのアイデア等を出して とても盛り上がるんです・・

先月は 学年末試験で 大学生クラスは お休みにしたので
今月は 「試験 お疲れ様~」 と乾杯♪
あっ、上の写真のシャンパングラスに入ってる飲み物は 勿論 ノンアルコール です!

泡のものは リラックスさせてくれるので 時々 「発泡性 グレープジュース」を
お出ししてます。未成年ですからね、ジュースです・・あっ成年もいらっしゃいますが
未成年につきあってくださってます~・・(笑)

学生の皆さんにはイタリア料理を通して
まずは お料理の楽しさを伝えたいのです。
「美味しくて 楽しい」イゾラーラ料理教室でありますように・・

そして勿論 基本的な食材の扱い方や大切な下ごしらえなども
いろいろ盛りこみたいと思います・・・♪
[PR]

# by isolala | 2010-02-06 01:51 | 教室の様子・メニュー | Trackback