2016年 春のフィレンツェ③ 

旅行記の続きです。


2016年5月6日
午前中はアカデミア美術館へ30年ぶりの再訪。
15分ぐらい並んで入れた。
壁際の椅子に座り、ミケランジェロが
大理石と格闘している姿を漠然と想像しながら
ゆっくり鑑賞した。

そこから中央市場に行き、2階のフードコートに
行ってみた。
中央のテーブル席は混んでいたので、
カウンター席に座った・・あらっここはサビーニ。
空いていたので座っただけの偶然だったが、
旅行初日のミラノで行った系列店・・
注文したものは美味しかった。
☆ハムやチーズと盛り合わせたクロスティーニ
a0154793_23311625.jpg

他にもいろいろありそう・・・どんなものがあるのか
探索~
パスタもその場で美味しそうに仕上げているし、
ピッツァも美味しそう・・・揚げ物が美味しそうだった。
揚げたてのアランチーニを買って、
席に持って行った。
いろいろなものを自由に選べる☆
a0154793_23412733.jpg


ランチ後、1階に行って、乾燥ポルチーニや
ドライトマトなどをおみやげに買った。

夕方まで少し時間があったので、
ミケランジェロ広場近くの庭園で開催中の
アイリスの品評会?をのぞいた。
ここからはオリーブの木や糸杉のある
トスカーナの風景が見渡せた。
a0154793_005855.jpg

今年一番きれいに咲いたアイリスに
賞が与えられたらしい。
開花時期の異なる品種が混在してたが、
見頃のアイリスもあった☆
a0154793_002154.jpg

観光客でにぎわっているミケランジェロ広場の横を下って、
中心地へ戻った。
a0154793_0124592.jpg

春の快晴の空の色を目にやきつけた。

フィレンツェ駅17時発のフレッチャロッサ(特急列車)に乗って、ミラノに戻った。
初日に泊ったホテルと同じホテルに戻って、少し荷物の整理をして、
夕食に出かけた・・・
その様子は次回また~

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-26 00:34 | イタリア旅行’16 | Trackback

2016年春のフィレンツェ②

旅行記の続きです。


2016年5月5日
午前中、ミケランジェロ広場まで歩いた。
どこからみても目印になるクーポラに
ますます愛着が湧いてくる・・
a0154793_2340719.jpg

・・広場からの眺めはやはり絶景~
a0154793_23471711.jpg


ランチは、友人のお宅で
急遽、持ち寄りパーティーとなった。
フィレンツェ在住の日本の方や
イタリアの方、7名で美味しいシャンパーニュで乾杯。
持ち寄りの美味しいもの・・・たけのこの木の芽和えや
ブロッコリのサラダやナポリ名物菓子の
スフォリアテッラ等など。
「バカラとプルーンの軽い煮込み」
を作ってくださる方がいたり・・
私もご要望にお応えして、
アスパラ入りパスタやアスパラのバッサーノ風を作った。
女性だけのランチ会は賑やかに楽しく盛り上がった☆

その後、場所をかえての新緑の庭園での
ティータイムもとても素敵な時間だった。

夕方、花の大聖堂、シニョーリア広場辺りを
散策した。
☆夕暮れ時のアルノ川
a0154793_0434583.jpg


夜はアルノ川沿いのおしゃれなバールで
軽食をとった。
よくく歩いたので、座りたくなってふらふらっと入ったお店・・
メニューを見ると、品数が少なかったが
若者のチョイスにまかせた。
☆カプレーゼ
a0154793_8524498.jpg

☆手打ちパスタ トマトソース
a0154793_8542324.jpg

さっぱりとした味で、量も少なめでちょうど良かった。



翌日も快晴、午前中アカデミア美術館に行った・・・
その様子はまた次回に~

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-25 01:46 | イタリア旅行’16 | Trackback

2016年春のフィレンツェ①

旅行記の続き


2016年5月4日
フィレンツェに無事到着したした後、
18時半頃、友人との約束の場所へ行った。
ピッティ宮前のオープンバールで、
アペリティーボ(食前酒)で乾杯~

美味しいスプマンテとおつまみの
☆アンティパスト・・
a0154793_15452875.jpg

・・サクサクッとしたパンに
美味しいオリーブオイルが
かかっていて、その上に
生ハムがのったものと、キノコクリームがのったもの。
シンプルなのに、とっても美味しかった☆

再会が嬉しくて話も弾む中、
太陽の光が少しづつ弱くなってきて、
夕陽に変わり、それにつれてピッティ宮の
うつり変わる煉瓦の色や空の色を眺めながら・・・
心地良い時間が過ぎていった。


アペリティーボの後は、
Jさんが予約してくださったお店へ移動~


美味しいワインと魚介料理・・・
☆ボンゴレのタリオリーニ
a0154793_1684887.jpg

☆魚介のラグー 手打ちパスタ
a0154793_1691466.jpg

☆魚のフリットミスト ☆まぐろのタルタル
a0154793_16103054.jpg

☆かじきまぐろのオーブン焼き
a0154793_1611574.jpg

トスカーナと言えばお肉・・・
なのにお魚が美味しい!
魚介づくしのお料理を4人でシェア・・
本当にどれも美味しく、
楽しい食事だった☆


翌朝は快晴、午前中はミケランジェロ広場に行った。
その様子は次回また~

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-24 18:38 | Trackback

バッサーノのホワイトアスパラ見学②

旅行記の続きです。


2016年5月4日
アスパラ農家で、収穫の様子を見学した後、
ディレットーレはアスパラを束ねたものを持って
組合の工房に連れて行ってくださった。
下の写真は・・
☆バッサーノデルグラッパ産アスパラにDOP(保護原産地呼称)の
タグがつけられる瞬間・・
a0154793_21421693.jpg

これで完成品となり、出荷ok☆
a0154793_835982.jpg

工房の中を見学し、帰り際に「フィレンツェの友人にお土産にしたいから」と、
アスパラを買わせていただいた。
車で市場に戻る途中、ベネト州にはラディッキオタルティーボなど興味深い
野菜があることが話題になると「あっ、それも市場で扱ってるから
秋に来たら案内してあげるよ~」と、どこまでも明るく親切だった。
「チェントロ(中心地)まで送っていけなくてごめんね~
車を返さなくちゃいけないんだ」とすまなそうに言った。

市場からチェントロまで20分位、ホワイトアスパラを抱えて歩いていると
途中で後ろから、自転車にのったディレットーレが
「チャオ~またね~♪」と手を振りながら通り過ぎて行った。

広場の近くのリストランテで遅いランチをした。
ホワイトアスパラを使ったアンティパストとパスタを注文してみた。
どれも美味しかった。
メニューのメイン料理の欄には
「ホワイトアスパラと卵 バッサーノ風」があった。
昨夜、ロベルタの家で料理したものだ☆

駅まで歩き、駅前のバールでお茶をして、
市場や農家に行けたことを話すと、シニョーラも喜んでくださった。
荷物を引き取ってメストレ経由で16時12分のイタロ(特急列車)に乗った。

フィレンツェには18時5分に到着。
友人が住んでいることもあって、
駅に着いたら、ホッっとした☆


フィレンツェの様子はまた次回に~

旅行記つづく・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-22 21:54 | イタリア旅行’16 | Trackback

バッサーノのホワイトアスパラ農家見学①

旅行記の続きです。


2016年5月4日
春にバッサーノに行って、名物の
ホワイトアスパラをリサーチ・・・数年前から
私の研修旅行候補になっていた案件だった。
エージェントに頼んで農家などを訪ねようと
漠然と調べてはいたが、ヴェネツィアでの
日程との絡みで、急遽本日実現した・・・
それは嬉しいけれど、
農家や生産者との具体的なコンタクトも
取っていない状態だった。
とにかくバッサーノデルグラッパ駅に
10時前に到着。

駅で観光案内所がないか尋ねたが
ないとのこと。
駅前は本当に何もなく、
観光地化されていなかった・・

こうなったらがんばって訪ね歩くしかないかな・・
駅向こうに一軒だけあるバールで一息つきながら、
「今日は、こののんびりしたバッサーノをゆっくり周り、
昼食にアスパラ料理を試食し、夕方フィレンツェに向かう
ということを目標に動こう、それだけでもラッキー」そう覚悟を決めた。
それを大前提に、ダメ元で、バッサーノのアスパラを
深く知る努力をすれば良いという気持ちになった。

その気持ちは、最初の食料品店でこの看板に出会ってから・・・
徐々にワクワク感につながっていった。
a0154793_1437338.jpg

バッサーノアスパラの並んでいるところを見たいと思い、
食料品店で、市場への道順を教えていただいて・・
徒歩25分の市場に到着。

様々な善意の重なりで結局
生産者訪問までもが実現した・・

お世話になった方を箇条書きにすると・・・
まず、駅前のタクシー運転手さん→駅前のバールのシニョーラ→
食料品店のシニョーラ→
そして最後に市場の親切なディレットーレ(ディレクター)
と出会ったのだった。

彼によると、「日本にも輸出してるよ~シェフたちが買ってくれてるよ~」
ということだった。
そして、アスパラ農家や工房に案内してくださった。

☆アスパラ農家・・・
a0154793_14435263.jpg

・・・写真の左側は既に収穫し終わったところ、右側の太陽を遮断するため
黒ビニールで覆われたところは、これから収穫するところ。

農家に着いた時、ちょうど一部収穫中だった。
ディレットーレさんは「みんなちょっと待って~!
今そっちに行くからまだ掘らないで、
遠いジャっポーネから見学にきたシニョーラに収穫を見せて~!」と
終始明るい口調で叫ぶと、
作業中の2人が収穫の手を止めて、笑顔で迎えてくださった。

そして、じっくりスローモーションで見せてくださった☆
a0154793_1542390.jpg

よく見ると小さな頭が現れている。
そ~と周りを掘ってからアスパラを引き抜く・・
a0154793_15105751.jpg


シニョーラもスローモーションで引き抜いてくださる・・・
a0154793_16525387.jpg

a0154793_1445185.jpg

思ったよりなが~いアスパラが姿を現した。
a0154793_14454522.jpg


収穫したものをすばやく建物の中に運び、
a0154793_16404525.jpg

水で土を落とし・・・
a0154793_15491926.jpg

水に浸けておく・・・
a0154793_15533229.jpg


工房内で太さの均一なものを器具を使って束ねる。
a0154793_15465793.jpg

a0154793_1547441.jpg

束ねるのはゴムなどではなく若い柳の小枝だそうだ。
a0154793_1640560.jpg

余分なところを切って均一にすると
立派な姿になった。
a0154793_8385575.jpg


そして・・・・「これだけではバッサーノアスパラとして
海外に売ることはできないんだよ~」
ディレットーレはそう言うと車で別の工房に連れて行ってくださった。

ここでも「日本から見学に来たシニョーラに見せてくれないか・・・」と
頼んでくださったのだった。

束ねたアスパラを調べ、規定の色、形などを確認して
DOP(DOP・・保護原産地呼称のことで、
特定地域生産物として国で定めた基準を満たしていると認定される)の
タグが取り付けられた☆

その様子は次回また~

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-22 17:29 | イタリア旅行’16 | Trackback

ヴェネツィアで旬のアスパラ料理☆

旅行記の続きです。


2016年5月3日
ロベルタのお宅の台所には
旬のアスパラが用意されていた。
a0154793_0315830.jpg

「今日は、私たちがよく食べる
アスパラのリゾットと卵とアスパラを使ったメイン料理を作るわよ~」と
はりきってくれるロベルタ・・・
私はアスパラの皮をピーラーでひきながら、
わくわくしていた。
夜になるにつれてテーブルの周りに皆が集まってきた。
ロベルタとご主人、ご長男セバスティアーノとアンナ、2歳のアメリア、
生後1か月のフェデリコ・・・
ロベルタの長女アレッサンドラとご主人と9歳のサンドラ・・

賑やかな夕食が始まった。
まず最初にプロセッコ片手に乾杯~
アスパラのリゾットが本当に美味しい。
さすがロベルタ、何人分でも
美味しい味がぴたりと決まる☆

大人8人、子供3人の食卓は忙しい。
その中に溶け込んで、過ごすことが嬉しかった・・・
写真を撮るタイミングはなかった。

続いて、メイン料理の茹で上がったホワイトアスパラと茹で卵が
テーブルの真ん中にど~んとおかれた。
a0154793_049425.jpg

この写真は何とか撮れた;
ジャンカルロ氏が「いいかい。見本をみせるよ~
こうやって卵をくずして・・・~~」と教えてくださる。
言われたとおりにやってみる・・・この作業は楽しい。

柔らかく茹でたアスパラの食感や
優しい香りやほろ苦さ、ほのかな甘さ・・・その
バランスが良い・・素材を生かしたシンプルな
料理がとても美味しかった。

翌日、ケータリングの仕事があって
準備に忙しいロベルタと
メストレ駅でお別れした。

私達はそこから1時間弱ほどローカル線に乗って、
バッサーノデルグラッパという町まで行った・・・
旅行前に下調べや準備をする充分な時間がないまま
来てしまった。

とにかく食後酒グラッパとホワイトアスパラの名産地、
この時季には何らかの案内所が駅前に1つ位は
あるはず・・・駅前に降り立った時、
そんな予想はみごとにはずれてしまった。
・・・駅前右手にバールが1軒見えるだけ。
どこからどう周ればよいのか分からなかった。

ところが、バッサーノで出会った親切な方々のお陰で、
結果的には、生産者訪問&見学などができたのだった☆

その様子は次回また~

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-21 00:39 | イタリア旅行’16 | Trackback

春のリアルト市場とサンマルコ聖堂☆

旅行記の続きです。


2016年5月3日
ミラノ中央駅から8時5分発のフレッチャビアンカ(特急列車)に乗り、
ベネツィアには10時40分に到着。
メストレに住む料理の先生、ロベルタのお宅に向かった。
ケータリング用の買い出しに出かけていて、彼女はお留守だったが、
お嬢さんのアレッサンドラが出迎えてくださった。
しばらくするとロベルタと旦那さまのジャンカルロも帰って来て、
懐かしくあいさつを交わし、今夜の夕飯を一緒に作る約束をした。

お料理を習う夕方まで、リアルト市場などを散歩した。
途中、郷土菓子が並ぶお菓子屋さんを
のぞくのも楽しい。
a0154793_0522749.jpg

a0154793_053471.jpg

a0154793_0533940.jpg

何と言っても目を引くのは・・・
☆旬のホワイトアスパラ
a0154793_2310052.jpg


☆名産のラディッキオ タルディーヴォ 
a0154793_0016100.jpg


リアルト橋は一部修復中で、
絶景ポイントには入れなかたものの、
橋のたもとからの景色も撮らずにはいられない。
a0154793_0144527.jpg


近くのトラットリアでランチ。
☆手打ちパスタ ペスカトーレ・・・そして
☆バカラマンテカート ポレンタ添え
a0154793_083858.jpg

食後は細い道をあちこちあるいて、サンマルコ広場に到着。
a0154793_0313351.jpg

聖堂の中に入って、素晴らしいモザイクを鑑賞。

観光客でいっぱいでも、やはりこの界隈は
何度も訪れたくなる。
歩き疲れたので、カフェフローリアンで、一休み。
a0154793_0292829.jpg

名物の演奏を聴きながら、
マジパンのアーモンド味が効いていて美味しい
マカロンを片手に、お茶をした。
その後、ロベルタのお宅へ戻った。

部屋に荷物を置いて、台所に行ってみると・・・・
そこには~
ホワイトアスパラが・・・☆

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-20 01:19 | イタリア旅行’16 | Trackback

2016年春のイタリア、食の探求旅行☆

いきなり旅行記デス:
2016年5月2日

成田発13時過ぎのアリタリア航空のミラノ直行便でミラノへ。
マルペンサ空港には、カレンダー上では同日の18時30分過ぎに到着。
リムジンバスに乗って、ミラノ中央駅に向かった。
中央駅近くのホテルに到着したのは20時過ぎ・・・
部屋でひと休みしてタクシーでドゥオーモに向かった。
a0154793_21533128.jpg

堂々と且つ繊細な姿は何度見ても「すごいな~」と見上げてしまう。
夜見ると、大理石の白さが浮かびあがって一段と美しい。

そこからガレリアに行き、予約なしでokだった
「サビーニ」に入った。・・・写真の写りがとても悪いけれど;
とても美味しかった
☆ミラノ風リゾット
a0154793_22482353.jpg

サフランの味がしっかりついていて
チーズやバターも多すぎず、
上品な味付けだった。
リゾットとコトレッタを1人前だけ注文・・
ミラノに着いたばかりであまり食欲もないし
胃も小さいので・・・と伝えると、
「日本人の胃が小さいのは知ってるよ~」と
にこやかな対応~
半分ずつに分けたものを
サーブしてくださった^^
☆コトレッタ アッラ ミラネーゼ
a0154793_22484874.jpg

お肉をうす~くのばしてあって、油もカラッとしていた。
仕上げはお塩をパラリとかけてあるだけ、
さっぱりしていて美味しかった。

イタリア1日目、
自家製スプマンテをグラスに1杯だけ・・
奇跡的に1週間だけの休暇が取れた娘と
「いろいろお疲れさま~」の乾杯☆
大都会ミラノの名店リストランテも
やはり代表的な伝統郷土料理には
アレンジを加えていないことを再認識した☆

翌日は早朝8時発の列車「フレッチャ」に乗って
ベネチアへ・・・その様子はまた次回に~

旅行記つづく・・・
[PR]

# by isolala | 2016-05-19 22:46 | イタリア旅行’16 | Trackback

5月のよみうりカルチャー講座、無事終了☆

本日はよみうりカルチャー恵比寿での
「イタリアンで常備食」講座の日でした。
玉ねぎのマルメラータ(ジャム)と
自家製リコッタチーズがテーマでした。
全体的にはデモンストレーション形式ですが、
ポイント部分は皆さんと一緒に作りました♪
ペコリーノチーズは玉ねぎのマルメラータをのせたり、
サラダ仕立てにしました。
作ったリコッタチーズは
パスタのトッピングにして
いただきましたよ~☆
a0154793_23515578.jpg


旅行から帰って来て10日目・・
皆さまに時差疲れなどご心配いただいたのですが、
またもや元気をいただいています。
今月もまた、ご参加の皆さまにご協力いただき、
おかげさまで楽しい講座になりました。
ありがとうございました☆

旅行記・・・
明日はとにかく、さくさくっと書き始めるつもりデス~
[PR]

# by isolala | 2016-05-19 00:10 | 料理・食材 | Trackback

イタリア旅行から無事帰国しました☆

今週の日曜日にイタリアから無事に帰国しました。
4月に急遽決まったイタリア旅行・・・切符の手配、
宿泊先の手配、イタリアへのメール・・・等々、
いろいろな用事が重なり、
出発当日まで慌ただしく過ごしておりました。

1週間だけの旅行でしたが、
おかげさまで充実した良い旅ができました。

5月8日に帰国後、
5月10日には、文京アカデミア講座で
(6月7日、7月5日 含む全3回、詳細はコチラをクリック*
「イタリア伝統家庭料理」をさせていただきました。
北部イタリアの家庭料理と題して
3品を皆さまと実習いたしました^^
熱心に受講してくださり、
おかげさまで楽しい講座になりました。
ありがとうございました☆

12日からは教室レッスンも
始まりました。

あっという間の1週間でした。
気が付けば、時差ボケもあまりなく、
元気です。

少し休んだら、旅行中の
食にまつわる様々なできごとを
少しづつアップしていきますね☆
[PR]

# by isolala | 2016-05-14 21:44 | イタリア旅行’16 | Trackback