'17夏 アブルッツォ州にて⑥名菓「シーゼ・デッレ・モネケ」を朝食に☆

旅行記:

2017年8月3日

早朝、朝食ルームに下りて行った。
美味しそうなチーズやフルーツが並ぶ中から、
リコッタチーズ、コルネット、ブドウ、ベリージュースを選んで座った。
a0154793_15361160.jpg
そこへ、
ステファニア(女性スタッフ)が
「今朝は挨拶できないかもしれないペッピーノ氏からのプレゼントです」
と言いながら
名物ケーキとカフェをテーブルに置いてくださった。

☆シーゼ デッレ モナケ Sise delle monache
a0154793_13493354.jpg


嬉しいサプライズ!
これは「尼僧のおっ×い」笑・・という名前のケーキ。
3つがつながっているのは・・昔、尼僧が胸のふくらみをカムフラージュするため
胸の谷間に布きれを入れていたので、かえってふくらみが3つにみえてしまった・・・
と言う説があるのだとか・・・本当か、ユーモアなのか分からないが、
昨日グアルディアグレーレの町で、
ペッピーノシェフが買ったものだった。

この名前を発音するのが恥ずかしいなら、
店で「三つの山」と言えば通じるらしい。
別名
☆トレ・モンティTre monti


a0154793_15365376.jpg


フワフワのスポンジ生地の中にはカスタードクリームベースの
甘いクリームが挟んである。

さりげない心配りに朝から
幸せな気分になった。

最後にお会いできなくても、ホスピタリティーは
しっかり伝わりました・・・

と思いながら、フロントに行くと、
何とペッピーノシェフがお見送りに来てくださっていた。

「プレゼントありがとうございます!
フワフワで美味しかったです。
お世話になりました。このヴィラでの思い出は宝物です」
と伝えた。
最後の挨拶をして、8時30分に予約してあった車で
キエーティーの高速バス乗り場に向かった。

9時20分にキエーティ発の高速バスに乗り、
11時50分にローマ・ティブルティーナ駅到着。

タクシーで、ローマ市内にある旅行初日に宿泊したホテルに戻った。
ローマで2泊3日・・その様子はまた次回に~


旅行記つづく・・




[PR]

# by isolala | 2017-10-16 16:44 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 アブルッツォ州にて⑤2日目の夕食☆

旅行記:


2017年8月2日

20時の予約に合わせてリストランテに降りて行くと、
既に、ジーンズ+Tシャツのカジュアルスタイルから
白シャツ、ネクタイ+黒ズボンのフォーマルスタイルに着かえた
ペッピーノ氏が働いていた。

まずは、地元ワインを・・
良く冷えた白ワイン、トレッビアーノダブルッツォ
Trebbiano d'Abruzzo を注文した。
このワインは、アブルッツォ州の代表的ワインで、
日本でも、美味しくてコスパも良いことから
赤ワインのモンテプルチアーノダブルッツォMontepulciano d'Abruzzo
とともに、イタリア料理店などでも見かけるワイン。

アンティパスト(野菜のミニスープ、あぶりイカ、ハム巻き、
野菜のマリナートなど)をつまみながら、
メニューを見ていると・・・


a0154793_13442340.jpg
ペッピーノ氏が来てくださって、
昨夜、私たちが食べたお料理をカメリエレに
詳しく聞いた・・
さすがだなぁ・・まだ食べていないもの、なおかつ
お店の自慢料理、一人一人の好みなど相談し合いながら
コースを決めた。


☆自家製ベントリチーナ(ピリ辛ソーセージ)

a0154793_13461841.jpg

これは2010年、マルケ州の料理学校で
ペッピーノシェフが授業に持ってきてくださった
豚肉加工品。
その時からSさんの好みの味に違いないと予測していたもの・・
的中した。


☆牛肉のカルネクルーダ


a0154793_13454751.jpg

お肉の甘みが口いっぱいに広がった。


☆ファッロ(麦)のズッパ
a0154793_13464638.jpg



☆黒豚のサルタート ハーブソース


a0154793_13472023.jpg
完成された美味しい料理に満足・・
ドルチェは体調管理のため、
今日は控え、カフェで締めくくった。

a0154793_13474999.jpg

ふと気付くと今夜もほぼ満席だった。
こんな山の中なのに、ペッピーノ氏の家族が協力して
作り出す地産地消の美味しいお料理と雰囲気に、人が集まってくる・・
素晴らしいリストランテ。

明日は、早朝出発だから、ご挨拶できないと思い、
ペッピーノ氏にお会いしたかったが、
お忙しそうだったので、
そのまま部屋に戻った。

そして・・・翌朝。
朝食には、彼の計らいでスペシャルなものが
用意されていた!
それは・・・


旅行記つづく



[PR]

# by isolala | 2017-10-16 00:01 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 アブルッツォ州にて④ 農場見学とグァルディアグレーレの町歩き☆

旅行記:

2017年8月2日

リストランテの裏手にある菜園を見学した後、
山の中腹にあるという農場まで車で行くことになり、
ホテルの横の小さな教会の前で、車を待った。


a0154793_17421873.jpg

農場に着いて門を開けると、
最初にロバが見えた。


a0154793_17424096.jpg

その先には黒豚も・・・
どの小屋の前にも、柵はあるが
十分なスペースがあって、放し飼いにされているように
のびのびと飼われていた。



a0154793_17455254.jpg




a0154793_17465019.jpg

どこの小屋に行っても、シェフは動物たちに語りかけ、
水を補充したり、何かと目配りをしてまわった。



a0154793_17502940.jpg




a0154793_17514965.jpg


この日、長年育てた馬が何頭か別の場所に
移動するため、別れの日になるとのことで、
馬に何か小さな声で語りかけ、祈りを捧げていた。


a0154793_17510242.jpg


a0154793_17524667.jpg
シェフの後について
ゆったりとした農場を見学した後、
グァルディアグレーレの町に向かった。



a0154793_17565725.jpg



町に着いて、展望台に登ったり、町をのんびり散歩した。
すれ違う人たちの何人かが、
ペッピーノシェフに気が付いて、
とても親しみをこめて挨拶をする。
「彼は偉大なシェフだよ~町の誇りだ・・・」と、
私に話しかけてくれる人もいた。



a0154793_18054833.jpg

途中、老舗のケーキ屋さんに立ち寄り、シェフは
この土地の名菓 シゼ デッレ モナケSise delle monacheを買った。
(下の写真、左上に写っているフワッと可愛い形をしたもの)

a0154793_00150638.jpg

このお店の前でシェフとは一旦別れた。
私とSさん二人で、ゆっくり町を散歩できるようにとの配慮。
1時間後に、中心地にある教会付近に戻っているようにとの
約束をした。



a0154793_18033242.jpg


散歩の途中、いくつかの食材店をのぞいたりして過ごした。

マイエッラのハーブを使った調味料など興味深い。
a0154793_00204326.jpg

麦やその加工品も目についた・・・


a0154793_18062843.jpg



下の写真はコンフェッティーと呼ばれるアーモンドを砂糖で
コーティングしている名菓子のディスプレイ。


a0154793_00170047.jpg



1時間後、車で迎えに来てくれたホテルのスタッフと、
リストランテに戻った。

シェフは既にミーティングをしていた。
多忙な中、菜園、農場、町を案内してくださったのだった・・

一旦部屋に戻り、少し休んでリストランテに降りて行った。
2日目の夕食の様子は次回に~


旅行記つづく・・・






[PR]

# by isolala | 2017-10-08 23:28 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 アブルッツォ州にて③シェフと一緒に農園見学☆

旅行記:

2017年8月2日

今朝も快晴、暑い1日が始まった。

a0154793_21214793.jpg

階下で朝食・・

a0154793_21210738.jpg
・・いろいろ美味しそうなものがあるけれど、
食べられる分だけを選んだ。

a0154793_21244795.jpg
ヨーグルトがなめらかで美味しい。
ぶどう以外はすべて自家製。

食後、散歩に出かけたが、あまりの暑さに直ぐに戻って、
フロントの横にあるスタッフルーム兼読書コーナーで
料理本を見たりしながら涼んだ。

しばらくするとペッピーノシェフとアンジェラ(奥さま)が
いらした。
昨夜の料理がとても美味しかったことなど
お礼を言った。
最近は長男と奥様に厨房を任せて、ペッピーノシェフは
ホールを任せている次男をフォローしながら全体を
統括しているようだ。

ペッピーノシェフが「今日は菜園や牛舎を案内するよ」と言ってくださった。


午後、私達は、まずは近くの菜園を案内していただいた。

a0154793_21491641.jpg


a0154793_21531658.jpg


いろいろな野菜が元気に育っている。

シェフは木イチゴを摘んでくれたり、ブルーベリーや
ブラックベリーなど手渡してくださる・・・


a0154793_22162571.jpg



a0154793_22395629.jpg



a0154793_22080152.jpg


甘くて濃いベリー類を
つまみながら周った。

a0154793_22091907.jpg


熟したトマトは、今夜のリストランテで使うらしい。

a0154793_22104996.jpg



ミント、ローズマリー、フェンネル(写真省略)、
アリウムやチャイブなど、
リストランテで使う香草などが続く・・・


a0154793_22274233.jpg




a0154793_22370488.jpg




あらっ、これは
日本の紫蘇・・・も栽培していた。

a0154793_22181978.jpg



さやいんげんやとうがらし・・・いろいろな野菜がたくさん。


a0154793_22355599.jpg


a0154793_22414510.jpg





a0154793_22343164.jpg


シェフは時々、水やりもしながら、ひとつひとつ丁寧に
案内してくださった。


この後、車で牧場や小屋を見学した。
その様子は次回に・・・


つづく・・・


[PR]

# by isolala | 2017-09-27 00:23 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 アブルッツォ州にて② 初日の夕食☆

旅行記:

2017年8月1日

夕方、ホテルの周りを少しだけ散歩した。
真夏の日差しが夕方になっても
照り付けてくるので、部屋に戻った。
「ヴィッラ マイエッラ」は、
山の中にあるので、車がないと不便な場所にある。
しかし、こんな景色が部屋から見られる・・・

☆部屋のベランダからの眺め

a0154793_13033038.jpg
a0154793_13041455.jpg
午後8時・・・暗くなるまで眺めていたかったけれど
予約の時間になったので階下に下りて行くと・・・
リストランテのテラス席から見える
景色もごちそう☆

a0154793_22580834.jpg


a0154793_23024083.jpg

☆冷製かぼちゃのスープ、アランチーニ、フレッシュチーズとアンチョビ、
自家製サラーメ・・・冷えた白ワイン、トレッビアーノダブルッツォ(上品な
ぶどうの香りがあり、さわやか)を片手に、
繊細なアンティパストを賞味した。



a0154793_23040289.jpg


☆野菜とアルゲのロースト

a0154793_15474030.jpg


☆アヒルとオレンジの冷製


a0154793_15460740.jpg


☆キタッラ ズッキーニソース


a0154793_15563459.jpg


☆仔羊のコトレッタ

a0154793_15585382.jpg

ワインは地元のモンテプルチアーノダブルッツォ・・・
(心地よい渋みがあり、と言ってもまろやか)肉料理と好相性。


☆フレッシュクリームとチョコレート

a0154793_16001029.jpg


☆ミッレフォッリエとベリー

a0154793_16014088.jpg




☆アーモンドのセミフレッド チョコレートソース

a0154793_16035676.jpg

最後のコーヒーに至るまで、楽しい時間を過ごした。

a0154793_16052306.jpg

気が付くと、山の中のリストランテなのに満席である。
ぺッピーノシェフと奥さまのアンジェラ、息子さんの
連携がすばらしい。

このリストランテでは、肉類、野菜類などの食材を自給自足している。
足りないものも地元の食材を使い、地産地消を実践しているのである。

自家製の食材で、これほどまでに繊細で美味しい料理を
仕上げるシェフに脱帽した。
明日もまた、ここを予約している。
食べることで勉強をさせてくれるお料理が楽しみだ☆

その様子はまた~

つづく・・・




[PR]

# by isolala | 2017-09-26 16:52 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 アブルッツォ州にて① ペッピーノシェフとの再会と昼食☆

旅行記:

2017年8月1日

早朝7時30分、カフェとブリオッシュだけの朝食をすませ、
ホテルのご主人が車で高速バスの停留所まで、送ってくださった。

今日はアブルッツォ州のマイエッラ
地区に向かう。
2010年に、マルケ州の料理学校で、
アブルッツォ州の郷土料理を習ったシェフの
リストランテをめざす。

無事にたどり着けるかどうか・・・
モリーゼ州の隣の州でありながら、
この辺りは鉄道が発達していないので、
高速バスを乗り継いで行くしかない。

カンポバッソCampobasso8時05分発に乗り、
ペスカーラPescara 10時55分に到着。

だだっ広いペスカーラのバスターミナルで、
炎天下、Sさんがスーツケースを運ぶ係になり、
私は、グァルディアグレーレGuardiagrele
行きのバス停を探して歩いた。

何とか乗り場を確認した後、近くのバールで切符を買い、
12時の出発の時間までカフェで時間を潰した。

12時に高速バス乗車、グァルディアグレーレには
13時20分到着予定・・・

このバスの運転手が本当に親切で、助かった。
最終目的地のヴイッラマイエッラに行くには、
グアルディアグレーレの手前で降りて、
バスを乗り換えなくてはいけないことを
教えてくださった。

そして、私達がこのバスを降りるとき、
「停留所が分かりにくいから」と言って・・・
何と、運転手自らバスを降りて、乗客を残したまま、
3分ぐらい歩いた先に停まっていたバスの運転手のところまで導き
「この日本からきた2人がヴィッラ マイエッラに行くんだけど、
送ってくれる?」
と頼んでくださった。

快く引き継いだ運転手はペッピーノシェフを知っていて、
「レストランテに家族と行ったことがある。
シェフはこの地域の食材を世界に紹介してくれた
素晴らしいシェフです」と絶賛。

乗客は私、Sさんだけの貸切状態。
途中絶景スポットでは、
「待っててあげるから写真撮ってもいいですよ」
とまで言ってくれる。
10分位話しているうちに、
ヴィッラ マイエッラに着いた。

フロントに行くと、ペッピーノシェフの姿が目に入った。

開口一番、
「やっと、やっと!たどりつきました!」
という言葉が出てきた。

2時過ぎていたが、シェフは「とにかくお腹すいてるでしょ、
部屋に荷物を置いて来るまでに、作っておくから・・・
何が食べたい?」と聞いてくださる。
「お腹は空いてるけど、軽いものがいいです」と言うと、
「キノコの美味しいのがあるから、それをメインにして、パスタは
美味しいキタッラを用意するよ」と言って、厨房のほうに行った。

部屋に荷物を置いて、リストランテに降りて行くと、
シェフの息子さんが席に来て、メニューの確認と、
ワインの説明をしてくださった。
父親と協力して、ホールの責任者として
きびきびと働いていて頼もしい。

ワインはトレッビアーノ ダブルッツォを選んだ。
あとは、ペッピーノシェフおまかせメニュー。


まずは
☆アンティパスト 少しづつ・・
 ・冷製スープやイカの串刺し、ナスとチーズ、トマトのマリナート

a0154793_21201299.jpg




☆アンティパスト・・じゃがいもの蒸し焼き かぼちゃのソース


a0154793_21230139.jpg
・写真の向こう側に写っているプリンのようなものは
 パンに塗って食べるクリーム系のもの・・・お店のオリジナル。
 

☆いろいろキノコのソテー 

a0154793_21240328.jpg



☆キタッラ トマトソース ペコリーノチーズ添え

a0154793_21250793.jpg



☆自家製お菓子
 カフェ
a0154793_21255364.jpg

遠かったけど、来てよかった・・・心からそう思える
心和ませる美味しい料理。

部屋でゆっくり休ん後、近くを散歩した。
夕食も階下のリストランテで・・・
その様子は次回に~


つづく・・・







[PR]

# by isolala | 2017-09-25 02:49 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 モリーゼ州④ トラットリアで夕食☆

旅行記:

2017年7月31日

夕食は郷土料理のお店に行った。
家族経営なためか、メニューの品数がとても少ないので、
ちょっと物足りない感じがしたが、
代表的な家庭料理しか置いていないということだった。

とりあえずビールを飲みたいSさんがビールを飲んでる間、
メニューをゆっくりリサーチして、親切なカメリエレと
相談しながら注文を決めた。

アンティパストは、軽いものにしたかったが、
ハム・サラミ類が主だった。
唐辛子を練りこんだサラミ(ベントリチーナ)を
すすめられたが、少し胃に重そう・・・
(それにベントリチーナはアブルッツォ州の料理と認識していたが・・)
とにかく、
メイン料理はお肉しかないので、そこまでたどり着けるように
アンティの注文を見送った。

地元の赤ワイン
’ティンティリア’とともに、
最初に食したものは・・・

☆ピッツァのミネストラ Pizza e minestra

a0154793_14525030.jpg

これだけでお腹がいっぱいになるような
具だくさん・・・材料は、とうもろこし風味のプレーンな
ピッツァ?とほうれんそう、トマト、玉ねぎ、にんじんなどの入った
ミネストラが混ざったような料理。
いろいろな野菜の入ったパン粥のような味で、滋味深く美味しい。
そして、仕上げにかかっているオリーブオイルも美味しい。

メイン料理は、
☆3種の肉(仔牛、豚肉、仔羊)のロースト

a0154793_16321575.jpg

昨日のアグリの夕食でも、羊の串焼きが出てきた・・
これもアブルッツォ州の郷土料理として認識していたが、
モリーゼ州の料理でもあるのだろうか・・
やはり、1964年まで同一の州だったからか、
似た料理が多いようだ。

モリーゼ州を代表するブドウ品種ティンティリア100%の
赤ワインはやはり郷土料理とも好相性☆

最後に、
カンポバッソ産のフィノッキエット(野生のフェンネル)で
作ったという食後酒をサービスしてくださった。


a0154793_17081856.jpg
これがほんとうにびっくりするほど
美味しかった。
「もういっぱいどうぞ」と言ってくださったが、
アルコール度が強そうだったので、
勇気をもって?断った・・・
明日も朝早く、アブルッツォ州への移動があるのだった。

翌朝はいよいよ、尊敬するペッピーノシェフに会いに
アブルッツォ州マイエッラへ・・・

その様子は次回に~

旅行記つづく・・・



[PR]

# by isolala | 2017-09-23 17:36 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 モリーゼ州にて③ カンポバッソ散策☆

旅行記:

2017年7月31日

カンポバッソは州都だけあって、目抜き通りの両側には
石造りの建物が並んでいる。
モリーゼ州は鉄道の便が良くないので、ここにくれば
明日のアブルッツォ州への移動も何とかなりそうだ。

駅近くのホテルに荷物を置いて、散策。
午前中から市場が立っていたようで、
道の両側のやおやさんなどが、
のんびりと帰り支度をしていた。

a0154793_15341212.jpg
太陽を浴びた完熟トマト・・これから夏の終わりに向けて、
水煮やソースの保存食づくりが始まるので、
箱買いする人もいる品種。


a0154793_15344619.jpg




布製品や皮製品をチラリと横目に見ながら散歩・・・
舗装された町の道路は、照り返しがすごい。
暑いので涼をとる。

a0154793_15351895.jpg

私はジェラートを注文・・
美味しいヘーゼルナッツのジェラートを食べて
元気が出たところで、散策再開。

メロンが1個1ユーロ(約130円)、スイカも一切れ1ユーロ
果物や野菜がびっくりするほど安価。


a0154793_16252445.jpg


食材のお店・・・数日前に見学したチェターラのデルフィーノ社の支店があった。
        思わず撮影~

a0154793_16292927.jpg



午後2時頃、昼食・・
この町はピッツェリアが多い・・・気軽に入ってみた。

a0154793_15563400.jpg


ロースハムとパプリカ、ゴルゴンゾーラと洋梨、ラグー・・・
いろいろある中から
ハムとパプリカを1枚、生ハムとルコラが入っている
パニーノのようなものを1枚注文してシェアした。

☆薄い生地にはさまれたハムとフレッシュチーズ
a0154793_16003982.jpg


実際食べてみると・・パニーノとも違って、薄い生地が
サクサクッとしていて、何気ないのにとても美味しい。
これは何という名前なのか、お店の人に聞いたら、
これも「ピッツァ」と呼ばれているということだった。



a0154793_16053057.jpg



元気が出たところで、また散策・・・


a0154793_16344244.jpg


イタリアの夕食は8時過ぎくらいから始まるのが普通なので、
一旦ホテルに戻った。
明日の移動手段など調べているうちに時間になったので、
モリーゼ州の郷土料理が食べられるお店に行った。

その夕食の様子は次回に~

つづく・・・





[PR]

# by isolala | 2017-09-18 17:00 | イタリア旅行’17 | Trackback

'17夏 モリーゼ州にて② アグリツーリズモ周辺を散歩☆

旅行記:

2017年7月31日

アグリの朝食は、甘いパンやお菓子がカウンターに
並んでいる。
自家製のチーズケーキ、ヨーグルトケーキ、トルタデッラノンナ
を少しづつ、カッフエ、フレッシュいちじくも取り分けた。
a0154793_13052728.jpg
気温が上昇しないうちに
アグリの裏手にある農園を見学。


a0154793_13082850.jpg

小さなりんごがたくさん実った木
a0154793_13080156.jpg

収穫されたきゅうりやズッキーニ

a0154793_13065259.jpg


・ローズマリー、フィノッキオが野性的に広がっている。
a0154793_13074304.jpg


山羊小屋や牛舎


a0154793_13091163.jpg



鶏舎、その前を横切るアヒル・・・
ひろ~いところで、のびのびと育っている。

a0154793_13063589.jpg
あちこち、
見学している間に陽射しが強くなってきた。
だだっぴろ~い土地には、
遮る建物がほとんどないので
真夏の太陽が容赦なく照り付けてくる。

見学から戻ったら、だれもいない・・
一人だけ掃除番の女性を発見。
彼女の話によると、
パパは畑のどこかに、
マンマは郵便局へ、ピノはお供運転。

バス停が遠く、タクシーなんてものはない。
掃除番の女性がバス停まで親切に、送ってくださるというが、
バス亭に着いたとしても、スーツケースもあるし、
時刻表が分からないので炎天下、バスを待つのも大変そうだ。

彼女がピノにTEL・・
「用事が終わらないので、すみませんが、
友達を代わりに行かせるので、30分位
待っていてください」とのこと。

その間、陽射しを遮るぶどう棚の下に行ってみたり、
a0154793_13061699.jpg
ロビーで、地図を見たりしながら待った。

ピノに頼まれたという青年がやってきた。

タクシーのように値段を相談して決めて、
カンポバッソまで送っていただいた。

日本に旅行したことがあるということで、
田舎の舗装されていないでこぼこ道を走りながら、
サッカーの本田選手を応援していることや、
京都の話など、楽しく話しているうちにカンポバッソに着いた。


この後、街を散策。
そして、郷土料理の夕食など・・その様子は、
次回に~


つづく・・・



[PR]

# by isolala | 2017-09-15 14:36 | イタリア旅行’17 | Trackback

’17夏 モリーゼ州にて① アグリツーリズモの夕食☆

旅行記:

2017年7月30日

夕方、モリーゼ州のチェルチェマッジョーレという地域にある
アグリツーリズモ(農家体験型宿泊施設)に着いた。
主要都市のカンポバッソ県から約20キロ南に位置する。

これまでイタリアの田舎に滞在したことは
何度かあるが、ここまでの田舎は初めてである。
BSテレビ番組の「小さな村の物語」に
出てきそうな・・とにかく
丘陵地帯にポツンと存在するアグリに着いた。


今夜はアグリの厨房で、
何か1品モリーゼ州の郷土料理を教えていただきたいという
希望を事前のメールのやり取りで伝えていた。

この家族経営のアグリは、
環境に配慮しながら優良食材を生産していて、
この地域の代表農家として、
バンディエラ ヴェルデBandiera Verde 
という賞をもらっているということだった。


今日は、アグリの裏手にある会場で、
小さな結婚披露宴があり、
マンマはその準備で忙しそう。

パーティーのメイン料理は羊肉などの
炭火焼き料理ということだった。

私は、夕方からアグリの階下にあるバール兼オステリアの
厨房に入り、見学させていただいた。
途中、マンマがラビオリを運んできた。


a0154793_00331055.jpg

「朝、ラビオリを仕込んだから、宿泊客の
夕食用に・・・」など、息子さんのピノ氏と打ち合わせ。

そして、私には「今夜は、広い台所が結婚パーティでごったがえしているから、
よかったら、こちらの厨房で、チーズのポルペッティーネをピノといっしょに作る?
モリーゼの料理だから」と言ってくださったので、すぐに手伝い始めた。
ピノさんとスタッフの女性はとても手際よく親切だった。

自家菜園のきゅうりは、大きいので大味かと思いきや、濃い味で甘みがある。


a0154793_01465771.jpg
・きゅうりとトマトのサラダ・・



a0154793_02055664.jpg
シンプルなサラダが美味しい。



チーズのポルペッティーネは・・


a0154793_00301184.jpg

・・炒めた後、トマトソースで煮込む。

この料理は、イタリアの料理学校で、
アブルッツォ州の郷土料理として習ったものだった。

モリーゼ州の北西に位置するアブルッツォ州とは1964年以前は
同じ州だったのだから、似た料理もあるようだ。


アグリの宿泊客(3組)の料理を作り終わったので、
私もお料理を運んで食卓についた。

☆自家製生ハムなどの前菜

a0154793_02121744.jpg

☆ラグーのラビオリ  
a0154793_00345411.jpg
特別に、サマートリュフがかかっていた。


そして、マンマが結婚披露宴会場の台所で焼いて運んでくださった
☆羊の串焼き

a0154793_00363837.jpg


☆食後の自家製フルーツ


a0154793_02491355.jpg

モリーゼ州の食にふれ、楽しい時をすごした。

食後、このアグリのパパの70歳の誕生日祝いをするからいっしょに
飲もうとのお誘い・・・
1日の疲れが出たからか、時差の影響か
椅子に坐わっているのもつらくなってきたので、
折角だったけれど、部屋に戻り就寝。


旅行記つづく・・・





[PR]

# by isolala | 2017-09-15 03:49 | イタリア旅行’17 | Trackback