しゃも鍋って・・・美味しい!

先日、銀座神籬(ひもろぎ)で、しゃも鍋の美味しさに目覚めました~☆

こちらのお店は今年6月に開店した「東京しゃも」をいただけるお店です。

a0154793_15532675.jpg

実は開店前から、メニューの開発に参加させていただきました。

この日も監修させていただいた創作料理の中から
2品を選びました~
☆鶏レバーのクロスティーニ
a0154793_15595423.jpg

☆ファッロ(スペルト小麦)のサラダ
a0154793_1602113.jpg

上記をワイン片手に、前菜のようにいただいた後、
絶品「やきとり」を~・・
良い流れです♪

☆ささみの塩焼き
a0154793_15581093.jpg

ほそく刻んだ青紫蘇との組み合わせが絶妙。

☆むね皮巻き
a0154793_1631459.jpg

皮も香ばしくて美味しい。

☆特製つくねと温泉卵
a0154793_164184.jpg

温泉卵にからめながらいただきます~

どのやきとりもうまみを生かしきった絶妙な焼き加減・・・
職人技です。

そして、しゃも鍋は・・・

やきとりが美味しいので、鍋物も美味しいのは
当たり前なのですが・・・これが、ほんとうに美味しくてびっくり・・!

a0154793_165351.jpg


冬の間にまた、あのしゃも鍋を囲みたいなぁ・・☆




[PR]

by isolala | 2016-12-25 17:40 | 好きなお店 | Trackback

「黒オリーブのペースト」のデモ&実習☆

先月の話になってしまいますが、”よみうりカルチャー恵比寿”での
「イタリアンで常備食」講座について、備忘録としてこちらに記します。

予め自宅で作った黒オリーブペーストのブルスケッタを
ご試食いただきながらの座学・・
そして、イタリアから持ち帰ったリグーリア州の
オリーブの実「タッジャスカ」についての説明後、
黒オリーブペーストを作り、
パスタやたらのソテーに組み合わせました。

:テキストから抜粋した画像:

a0154793_13290292.jpg

調理台を囲んでのデモンストレーションと実習は、
お陰様で、充実した楽しい会となりました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました☆




[PR]

by isolala | 2016-12-20 13:48 | 外部仕事 | Trackback

2016年教室ツアー☆最後の日はミラノにて・・

旅行記の続きです。

2016年10月19日 火曜日

皆さんといっしょにホテルの朝食を済ませた後、
空港で皆さんをお送りする予定だったが、
ミンマさんが空港まで行き、搭乗手続きをしてくださることになった。
大さんとミンマさんにお任せして、
ホテル前で、専用バスに乗ってマルペンサ空港に行く皆さんと写真を撮って
お別れした。

a0154793_20311501.jpg
             (注:ほとんどの人物写真にはボカシを入れています)

その後私は、ミラノ中央駅から
列車で北イタリアのパドバへ向かった。
a0154793_20331074.jpg

以上、今回の2016年ピエモンテ教室旅行記を終えます。

10月の末に帰国してあっという間に師走です。
忙しさに紛れ滞りがちになった旅行記・・教室ツアーの分は
何とか終えました。
その後の一人研修旅行記は
またあらためて別枠にアップします。

今回の旅は、企画を「Di Grande」の石田氏に
お任せし、現地では通訳のミンマさんがご同行、
その他にもブラやミラノでは現地のガイドさんにも
案内していただきました。
お陰様で目が行き届き、生徒さまにも喜んでいただけました。

下の写真はピエモンテの絶景のワイナリーで、カメラにおさまりきれないから
「大さん、横になって」と言われて、おさまった集合写真です^^

いつも大さんが撮ってくださったので、
彼が一緒の写真があまりないのですが
珍しく全員揃った写真をアップして、旅行記を締めくくりますね~☆
a0154793_20333503.jpg

大さん、ミンマさん、現地でお世話になったみなさま、
そしてご一緒したイゾラーラ会員の皆さま、
どうもありがとうございました!
Grazie mille!!


次回からは通常のブログにもどります・・・




[PR]

by isolala | 2016-12-07 21:30 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ミラノのナヴィッリオ地区での夕食

旅行記の続きです。

2016年10月19日 ②

夜はホテルの近くからバスに乗ってナヴィッリオ地区に行った。

昼間の市街観光の際の
ガイドさんの話を思い出した・・
ミラノには、むかし人工運河がたくさんあって、
ドゥオーモ建築のための大理石などの運搬にも
運河が盛んに利用されていた・・
第2次世界大戦後は、交通の便宜のため、ほとんどの運河が埋められたが、
ナヴィッリオ地区の運河は残っているという話だった。

下の写真は夜の運河の様子。
a0154793_001763.jpg

夜なのであまりよく見えなかったが、若者向けのファッションや
おしゃれな飲食店もあるようだ。
夕食は、そんなナヴィリオ地区にある家庭料理のお店に入った。
今回の旅行で常に皆と行動を
共にしてくださっているミンマさんおすすめのミラノ家庭料理のお店♪
照明が暗く、静かな雰囲気だったので、手早く備忘録撮影~


☆ソーセージなどの盛り合わせ
a0154793_035766.jpg
真ん中のカップの中には
ゴルゴンゾーラクリーム・・パンにつけて食べると
美味しい・・

生ハムも美味しい・・・これが
アンティパストなので、コースの最後まで少しずつ・・
少しずつ・・
a0154793_043371.jpg

☆お芋のフリット
何とお芋の皮のフライだった。
あくまでも皮が主人公のおいも・・・皮が
香ばしくて意外な美味しさ!
でも揚げパンも付いていて、これは
もう食べきれない。
これがアンティパスト・・・ミラノの下町で人気がある料理・・
ミラノ在住のミンマさんの説明に頷きながらも・・すでにお腹がいっぱいに
なってしまった。
a0154793_0164492.jpg
赤ワインを飲みながら、
気合を入れて、リゾットを少しだけ・・・

☆ミラノ風リゾット
a0154793_051686.jpg

これがサフランが効いていて、お米にもしっかりとお肉ベースのブロードがしみこんでいて
とても美味しかった。
そしてメイン・・・
☆ミラノ風カツレツ&肉団子のフリット
a0154793_055022.jpg

皆でシェアした・・・が本当にフリットが多い。
そして、それにともない、
じゃがいもが3種類出てきた。


・じゃがいものフリット(フライドポテト)
a0154793_09623.jpg

・マッシュポテト
a0154793_094369.jpg

・オーブン焼きのポテト
a0154793_08512.jpg
なるほど切り方や調理法をかえたじゃがいもは、
お腹がいっぱいになるし、一応野菜ということで、
定番家庭料理になったのかしら・・

サフラン味のリゾットやうす~くのばしたコトレッタなど、どれも家庭的で
美味しかった・・・量があまりに多くて残してしまったのは残念だったけれど。

お店の前で記念撮影をして、地元民のような気分で、路線バスに乗って、ホテルまで戻った。

明日はいよいよ
教室ツアー最終日・・・
その様子はまた~

つづく・・・




[PR]

by isolala | 2016-12-06 23:04 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ミラノ「最後の晩餐」鑑賞

旅行記の続きです。

2016年10月18日 火曜日
 
午前中、皆で地下鉄に乗ってドゥオーモに行った。
地下鉄から階段を上ると大聖堂が見える。
a0154793_23124268.jpg

世界最大のゴシック建築の建物・・やはり貫禄があって
美しい。
ヴィットーリオ エマヌエーレ2世のガレリアまで歩き、
アーケードに入った。
天井が高くて、
ドーム型のガラスの屋根を見るたびに
鉄枠とガラスと白い光が織りなすデザインに見とれてしまう。
a0154793_23142246.jpg

下に目を移すと、プラダなどのブランドショップなどが目に入る・・
もっと下に目を移すと足元の床のモザイクが美しい。
a0154793_23181871.jpg

写真は、ローマの紋章、ローマ建国の伝説である
オオカミに育てられたロムルスとレムスがモザイクになっている。

その他にもトリノの紋章、牡牛などのモザイクがあり、
牡牛のある部分にかかとをつけて3回まわりながら
願い事をするとかなうという言い伝えがある。
13名全員一人ずつ回転して♪それぞれ願掛けをしながら回った。
天井からの自然光の中一人一人ちょっと照れながら
回転する様子は晴れやかで楽しかった♪

そこから、ガイドさんと一緒にスカラ座まで歩いた。
皆で相談して、モンテナポレオーネ通り(有名ブランド街)
に行くグループと、ガッレリアとデパートを周る
2つのグループに分かれた。

それぞれ買い物も済ませ合流して、徒歩で
スフォルツェスコ城付近に向かった。

途中にはエクスポのなごりのモニュメントがあった。
a0154793_23334935.jpg

その建物の近くのピッツェリアで昼食・・・石釜もあって、
ナポリから出店している名店らしく、美味しかった。
☆ピッツァマリナーラ
a0154793_23272832.jpg

☆アンチョビとオリーブのピッツァ
a0154793_23294125.jpg

☆揚げ物の盛り合わせ
a0154793_2330134.jpg

揚げ物は、ナポリ名物のツェッポレやズッキーニの花のフリットや
アランチーニなど。
その他にも農園風サラダなどをシェアした。

午後はいよいよ「最後の晩餐」鑑賞・・・
15時頃の予約時間まで、時間があったので、
先にセンピオーネ公園内にあるスフォルツェスコ城を見学。
a0154793_1143922.jpg

a0154793_23415875.jpg

広々として中世の煉瓦の様や色が何とも言えず美しい。

ガイドさんの説明によると、この広い建物の中には
10くらいの美術館や博物館があるらしい。
分厚い芸術文化をもつイタリア・・・
その中の展示物にも事欠かないだろうなぁと思った。

その後、サンタンブロージョ聖堂も見学した。
a0154793_2357641.jpg

この聖堂はミラノ最古のものという説明があった。
ロマネスク様式が細部に見られて、
興味深かった。
a0154793_041268.jpg


いよいよ、
サンタマリア デッレ グラーツェへ
レオナルドダヴィンチ作「最後の晩餐」は、
30年前に観賞したことがあった。当時は修復前で、
色もオリジナルより暗くなっていた・・それはそれで重厚感があって
感動したのだが、やはり、今回の
修復後の再会にもまた、ワクワクしていた。
a0154793_23535719.jpg

敷地内の修道院のある食堂の壁画・・・
小学生の時に教科書で見た絵が現実に目の前に現れるのだから
・・・・それはすごいこと。

今回も目に飛び込んできた瞬間、身震いがした。
・・・カメラを向ける時間が惜しいと思った。
目に、脳裏に焼き付けた。
15分と言う限られた時間は案外短くはなかった。
心ふるえる充実した時を過ごした。

多くの人にこれほどまでの感動をあたえるもの・・・
素晴らしい芸術に、至福のときをいただいた。
出口近くのはがきや本を眺めながらクールダウンした。
a0154793_12375254.jpg



夕方、ホテル近くまで戻り、近くのスーパーマーケットをのぞいてから
ホテルの部屋で少しだけ休んで、
夕食に出かけた。その様子は次回また~
つづく・・・



[PR]

by isolala | 2016-12-01 00:07 | 教室イベント | Trackback