いかのオリーブオイル漬け☆10月講座修了

今週は、よみうりカルチャー恵比寿での講座で
「いかのオリーブオイル漬け」をデモンストレーション・・
その過程で、
いかのさばき方を丁寧にお伝えしました。
下処理済みのいかも流通していますが、
講座内容に組み入れてみました。
おかげさまで、思った以上に好評で、
ご参加の皆様に喜んでいただけました♪

a0154793_17281151.jpg

上の写真の「いかのオリーブオイル漬け」を使い、
「ミニサラダ丼」を作りました。
その後、美味しいグラニャーノ産の
乾燥パスタを使い「カラマラータ」も
デモンストレーション♪
お帰り際に、「カラマラータ」という名の
乾燥パスタを小さなプレゼントとさせていただきました。

来月も役立つ「イタリアン常備食」を
ご紹介いたします~お楽しみに^^
ご参加くださいました皆さま、
どうもありがとうございました!
[PR]

by isolala | 2015-10-24 17:30 | 外部仕事 | Trackback

「イタリアンで常備食」講座☆

よみうりカルチャー恵比寿での講座のご案内です♪
来週10月21日水曜日の講座では、
「いかのオリーブオイル漬け」をご紹介します。
今回はするめいかを使い、
いかのさばき方もデモンストレーションします。

当日は「いかのオリーブオイル漬け」を使って
パスタ料理などを作ります。
☆カラマラータCalamarata
a0154793_21311038.jpg

当日は専用パスタ「カラマラータ」という乾麺を使います^^
a0154793_215079.jpg


いかの美味しい出汁が絡まるので、他のショートパスタを使っても
美味しくできます。
作り置きのできる「いかのオリーブオイル漬け」を使えば
美味しいパスタがあっという間にできますよ~☆

まだ若干名、お席がございます。
詳細&お申し込みはコチラをクリック♪
お申し込みをお待ちしております。
[PR]

by isolala | 2015-10-17 21:35 | 外部仕事 | Trackback

ヴィラデストワイナリー 大人の遠足♪

先週、お教室での希望者を募り、
長野県東御市にあるヴィラデストワイナリーに
行ってきました。

2010年に訪れて以来、教室内で時折、
話題になっていた素敵な場所です。
5年前は春でしたので、それはそれで
春爛漫を享受できて良かったのですが、
やはりワイナリーの秋の風景は格別の感がありました♪
快晴に恵まれ、高台にあるワイナリーからは、上田市や
穂高連峰、五竜岳も眺められました☆

ランチの前に、スタッフさんにワイナリーを案内していただきました。
質問にも感じよく丁寧に答えてくださいました。
a0154793_12125142.jpg

上の写真は、既に収穫を終えたピノ・ノワールの畑です。

移動して、収穫を待つぶどう、メルローの畑にやってきました☆
a0154793_10444065.jpg


ご参加の皆さんと一緒に
ダリアやメキシカンセージなどのハーブ類なども眺めながら
散歩・・・
a0154793_11193873.jpg

プライバシー保護のため人物の写真掲載は控えますが、
フレッシュで美味しいと感じた空気を共有しながら
笑顔で周りました^^

a0154793_10581021.jpg


いよいよランチの時間がやってきました~
まずはリザーブシャルドネで乾杯♪
a0154793_10594966.jpg

爽やかな果実味があって、美味しい・・☆

窓の外に見える初秋のワイン畑やお花畑の風景を眺めながらの
コースランチ・・・
☆かぼちゃのケークサレ
a0154793_1151995.jpg

☆地元の野菜たっぷりのアミューズ
a0154793_11313969.jpg

タザワ メルロー という名の美味しいワイン片手に
・・・
☆信州鶏 くるみ衣のロースト
a0154793_11102915.jpg


こちらのレストランカフェは、オーナーの玉村豊男ご夫妻の
監修が行き届いていることを感じさせます・・・
お肉や野菜の火の通し加減が絶妙で、
地場の食材の力強さを活かした優しくて美味しいお料理・・・
感じの良いスタッフの対応も含めて
今回も大満足です。
ランチコースの締めくくりデザートも美味しい♪
a0154793_11184313.jpg


ランチ後は、ショップで、玉村豊男氏デザインの
素敵なお皿やステーショナリーを選んだり・・・
センスの良いものが陳列する店内で
楽しみました☆
[PR]

by isolala | 2015-10-16 13:15 | 教室イベント | Trackback

お米のトルタ☆

先月の教室メニューのドルチェは
カスタードを揚げたものでしたが、
今月もちょっと意外な?
料理法のドルチェを作りますよ~
トスカーナ州で出会った菱形のお菓子・・・
☆お米のトルタ Torta di rizo
a0154793_091049.jpg

最初は、お米をお菓子としていただくのはちょっと・・?
と思われるかもしれませんね。
でも歯にあたるちょっと弾力のあるお米の食感は
道明寺桜餅もちょっと思い出させます~
お米、オレンジピール、レーズンも合っていて、
その意外性が楽しいドルチェです~☆
[PR]

by isolala | 2015-10-07 00:51 | 教室の様子・メニュー | Trackback

一番簡単なミートローフ?

今月の教室メニューのセコンドには、
イタリア版ミートローフとも言える「ポルペットーネ」を
作ります。
小さめのミートボールのようなものはポルペッティーネと呼び
大きく作るとポルペットーネという料理になりますが、
いずれにしても日本でもハンバーグが子供から大人まで大好きな
家庭料理であるように、言わばイタリア版のハンバーグ的存在とも
言えそうです・・

今月は大きくど~んと作って切り分けます。
☆ポルペットーネ Polpettone
a0154793_14262856.jpg

ポルペットーネというお料理・・・本来は型は使いませんが、
実はイタリアの料理上手なマンマが作っても
フライパンの中で、大きなかたまりをひっくり
返す時などに端がちょっとくずれたりすることが
あります。
どんな形になっても美味しいのでok♪ くずれてもok♪
と歌のひとつも口ずさみながら(笑)
イタリアマンマになりきって楽しく作っていただきたい!
でも、気分によって、時には
最後の段階だけ、型の力を借りても
良いのかな・・と考え、
今月のレッスンでは型を使うというアレンジを加えた
ポルペットーネを作ります!

上の写真の付け合せのキノコは、
手に入り易い日本のキノコで作りましたが、
レッスンの日は、自家製ポルチーニソースを添えます。

この保存できるポルチーニソースの作り方は
レシピと作り方をお伝えしますが、今回は
時間の関係上、実習はありません。

大きめの瓶にしっかり仕込んでありますよ~^^
a0154793_14383365.jpg

ポルペットーネはソースをつけず、そのままでも美味しいですが、
ポルチーニの風味を加えると、それもまた味わい深くなりますよ~^^☆
[PR]

by isolala | 2015-10-06 15:58 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ニューディーGnudi☆

トスカーナ州で「ニューディー」と言えば、
ラビオリの中身だけで作ったようなお料理のことです。
リコッタチーズなどの具材が
生地で包まれていない、おだんご状のもので、
「裸のラビオリ Raviori nudi」とも言われます。
料理名の「ニューディ Gnudi」と言う言葉には、
ヌードnudoとニョッキGnocchi と言う意味が
含まれているそうです。

久しぶりに試作を兼ねて、今日のお昼に作りましたよ~♪
大きなお皿に盛って、セージバターソースを絡めて・・・

a0154793_18451656.jpg

簡単にできて、やっぱり美味しい!ので(いつもの自画自賛^^)
今月の教室メニューに決定。

お好みで、パルミッジャーノチーズをふりかけますが・・・
まずはリコッタのほのかにミルキーで、
さっぱりした風味を味わって、
その後にお好みで、パルミッジャーノチーズを
ふりかけましょう♪

☆ニューディーGnudi(別名:ラビオリヌーディーRaviori nudi)
a0154793_18473694.jpg

今月の教室コースメニューは、
トスカーナ州の郷土料理で
まとめてみました。
過去の教室レシピのリコッタチーズとほうれん草のニョッキ・・
名前をかえてバージョンアップ。
久々の再登場です☆
[PR]

by isolala | 2015-10-04 19:37 | 教室の様子・メニュー | Trackback

カボスチェッロ熟成中♪

3週間前に仕込んだカボスチェッロ・・厳密に言うと、
カボスの果実酒でしょうね・・・
でも我が家では常備しているリモンチェッロの
カボス版ということで、カボスチェッロと呼んでいます。

イタリアでのリモンチェッロは高い度数の
アルコールで作るのですが、
我が家は50度のもので作ったなんちゃってものです。
が、家族の体質には合っているようです。

3週間前に、カボスの皮だけを薄くむいて、
ウオッカに漬けました。
日にちが経つとカボスの皮の色は、
変色しますが・・・
a0154793_1659556.jpg

エキスがじわじわとお酒に溶け込んで美味しくなります。
3週間経ったので皮を除き、アルコールと同量の
シロップを混ぜましたよ~
a0154793_1743556.jpg

さらに1週間おくと
飲みごろになります。
ついでに、
ちょっと試したいことがあったので、
また仕込みました;
a0154793_17145866.jpg

梅酒を漬ける時と同じで、
初日のこのきれいな色を眺めるのが好きで、
何となくまた作りたくなるのかもしれません^^
a0154793_17391013.jpg

このきれいな緑!そしてさわやかな香り~・・☆

皮なしカボスはさんまの塩焼きにせっせとかけて
秋の味覚を楽しんでいます☆
[PR]

by isolala | 2015-10-03 17:39 | 料理・食材 | Trackback