桃のリピエーネ☆

ここのところ、お手頃価格になった桃を見ると、
とりあえず買ってしまいます^^
今日は桃のリピエーネをつくりました。
(リピエーネはイタリア語で詰めものという意味)
種をくりぬいたところに、アマレッティというクッキーを
ベースにしたものを詰めて焼きます。
下の写真は焼き上がったところです~
a0154793_0535830.jpg


熱がとれて、少し冷ましてからいただきました~
☆桃のリピエーネ(Pesche ripiene)
a0154793_105881.jpg

簡単なのにとっても美味しい・・・イタリアではポピュラーな
桃のお菓子です♪

このお菓子を作ると、フィレンツェ近郊に住んでいる
ジョヴァンナのことを思い出します。
このお菓子を教えてくださった
料理上手で優しい彼女とは、
2009年以来、会えていないのです。
カードもメールも届かず、
連絡が取れないまま、ご無沙汰しています。
今年こそ、直接お宅を訪ねてみよう・・・
そう思っています☆
[PR]

by isolala | 2015-07-24 01:28 | 料理・食材 | Trackback

7月のよみうりカルチャー講座、無事終了☆

昨日はよみうりカルチャー恵比寿での
「イタリアンで常備食」講座の日でした。
ペストジェノヴェーゼの保存法がテーマでした。

本来、ペストジェノヴェーゼはモルタイオと呼ばれるイタリア版すり鉢のような
もので材料をすり潰して、トロッフィエという手打ちパスタとあえるのが
伝統的です。
下の写真は本場リグーリアで、
大理石でできたモルタイオでペーストを作った時のものです・・
a0154793_13515767.jpg

この時は、スーパーで買える半生のトロフィエを
使いました・・・
☆ジェノヴァ郊外、市販の生パスタトロッフィエ
a0154793_13255164.jpg


日本では稀に、乾麺のトロッフィエを見かけることはありますが、
何度か試作してみても、何故かもの足りません;
手打ちでトロッフィエを作る時間があれば良いのですが、
リングイネともよく合うので、
今のところ、我が家では手に入りやすいリングイネで
気軽に作っています。

ペストジェノヴェーゼは本場でも、今やモルタイオで
ペスト作りをする人は珍しく、フードプロセッサーを
使うことが多いようです。
しかもペストはプリン?ヨーグルト?って間違いそうになるくらい、
棚に並んでいました。需要が多いことが分かりますね~
a0154793_1344754.jpg


昨日の講座では、美味しいペストを気軽に作り、
瓶詰め保存して、役立つ常備食としての
レシピをご紹介しました。
a0154793_146504.jpg


前半30分は、本来の伝統的なペストジェノヴェーゼについて
我が家から布製の地図なども持参し、
説明させていただきました。

a0154793_124523100.jpg

a0154793_12454445.jpg

a0154793_12461791.jpg


ご参加の皆さまが真面目に興味深く受講してくださるので、
私も調子に乗って(笑)
リグーリア州の名物ペストについて
熱く語らせていただきました;

講座の最後にデモンストレーションした
ペストジェノベーゼのパスタは
帰り際に「本当に美味しかったです~!!」と
ご好評をいただき、私も嬉しかったです~☆

ご参加くださいました皆さま、
本当にありがとうございました☆
[PR]

by isolala | 2015-07-16 14:14 | 外部仕事 | Trackback