トリエステにて②フリウリ・V・J州の郷土料理レッスン

旅行記
11月2日 土曜日
朝、カフェから戻り、身支度をして、モニカ先生を待っていると、
時間通りに、ブザーが鳴った。
ドアを開けると満面笑顔のモニカ先生と初対面の先生が
荷物を抱きかかえて立っていた。
「今朝ウディネからきたマヌエラよ~よろしく~」
モニカ先生のお話では、私が依頼した郷土料理「チャルソンス」は
ここトリエステではなく、ウディネ地方の料理ということで、
「今日は私がグーラッシュ、ヨータ、プレスニッツを作り、
彼女がフリコ、チャルソンスを担当するわね・・・」と言う。
思わず私は、「私一人に先生2人が教えてくださるんですか?
豪華ですね、嬉しいです!」と言った。
「今日は2日分のレシピをまとめて作りましょう!」
「さあゴージャスな料理教室開始!」と言って、
皆で笑い合った。

まず初めは煮込み時間が4時間位必要なグーラッシュから
取り掛かった。
グーラッシュを煮込んでいる間に、ヨータ、プレスニッツを作り
チャルソンス、フリコを作った。
モニカ先生は、手際がとてもよく、料理への情熱と
才気を感じさせた。
彼女は時々、頭の回転が速く、言いたいことが先走って、
言葉がもつれてしまうのだった。
その度に、「もっとゆっくりしゃべらないと、だめよ」とマヌエラ先生が、
わざと気難しい口調で注意した。
そしてチャーミングな笑顔で片目をつぶる。
先生2人はとても仲が良くて楽しい。

この日に作った料理
☆JOTA ヨータ
a0154793_0471354.jpg


☆GULASCH グーラッシュ
a0154793_22181527.jpg


☆PRESNITZ プレスニッツ
a0154793_0551753.jpg


次には、ウディネのマヌエラ先生が主導となった・・・
それまで余裕のある感じで冗談を言って笑っていたのに、
自身の番になると、急に真面目な顔になって、
声を大にして教えてくださった。
糸を引くチーズを使うことが、大事と力説した・・
☆FURICO CON PATATE じゃがいものフリコ
a0154793_22471957.jpg

☆CJALZONS チャルソンス
a0154793_22511359.jpg


日本でもまだ知名度の低いフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の・・・
珍しいお料理に心惹かれた。
すべて、美味しかった。
上記の料理は勿論すべてイゾラーラ料理教室のレッスンで還元したい。

伝統料理の核の部分は変えず、
私なりの工夫を加え、メニューバランスを考えて
レッスンで紹介していこう。

2日分の料理レッスンは夕方終わった。
ワインを少しいただきながら立ったま試食した。
a0154793_115044.jpg

プレスニッツはグラッパといっしょに食べなきゃ!と言うことで、
グラッパを少しだけ飲んだ。
最後にフリウリの郷土料理について語った。
この州のたどってきた歴史的背景・・
やはり歴史と食文化は密接に絡まっている。

歴史文化が異なる日本において、
この地の郷土料理を珍しい料理として
そのまま紹介することも興味深いことだろう。
しかし、私の場合は、日本で毎日の食生活に
組み入れられるイタリアンとして、考えたいのである。
そうなると、使う食材、調理法などに工夫が必要になってくる。
その場合、ただ無意識にアレンジをするのではなく、
イタリアの伝統料理に敬意を表した上で工夫をしていきたいのである。
その郷土料理が生まれた土地で料理をしていると、
アレンジしてはいけない核の部分についての私なりの
目安がはっきりしてくるのである。

1日ずっとお料理をして、友達みたいになった・・
真面目で、情熱的で、楽しい
・モニカ先生(左側)とマヌエラ先生
a0154793_22551895.jpg

写真を撮る時、下を向いたり、斜め上を見たり、いろいろな
ポーズをとってくださった・・・上のものは、そのうちの1枚。
2人の先生と料理をして過ごした時間は本当に充実した時間だった。

Grazie mille!
[PR]

by isolala | 2013-11-28 01:31 | フリウリ・V・J州’13 | Trackback

2013年トリエステにて・・・①

旅行記

2013年11月1日 金曜日
フィレンツェ、S・M・N駅から、北イタリアの
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州に移動した。
トリエステ駅のホームを出たところで待っていた私と、
駅前で待っていた、今回の先生シニョーラ・モニカと
お互いに、20分位、会えずに気を揉んだ後、
会えた時には抱き合って挨拶をした。
駅から車で15分位走って、小高いカーブの多い坂道を上った。
アパートの一室が料理学校になっている。
(宿泊は彼女のお宅か、この学校かはあいまいだったが、
とにかく現地入りした私だった)
今回習う料理の打ち合わせをした。
モニカ先生は、トリエステの町中に出るための道、
観光箇所、おすすめのトラットリア、カフェ等々、
地図や資料を用意してくださっていた。
今回の宿泊地はこの教室であることも判明。
ガスや電気の使い方等々、
てきぱきした説明が終わると彼女は、
「一人で自由を楽しんでね~
困ったことがあったらいつでも電話してね。
明日10時半にくるからね」
と言って帰っていった。
彼女には3人の小さな子供がいるので、
とにかく忙しそうだった。
一番下はまだ4歳になったばっかりと言っていた・・・
それは大変だし忙しい・・容易に想像できた。

学校はアパートの一室なので、鍵を掛ければ安全だし、
住宅街で環境の良い場所だということだった・・・
本当に静かだった。
ちょっとだけでも外を探索しようかと思ったが
小雨が降っていて、5時半なのに既に真っ暗だった。
今から徒歩で町まで歩いても、
帰って来るにはタクシーを呼ばなければならない。
明るいうちに近所を散歩して、このマンションの周囲の状況を
把握して、自分の居る場所を確認してからでないと、
タクシーに乗るのも不安だ。
覚悟を決めて、長い夜をこの部屋にこもって過ごすことにした。

教室にあるものは何でも使ってよいということだったので、
リゾットを作り、冷蔵庫にあったパルミッジャーノを
たっぷりかけて夕食にした。
明日からの料理教室に備えて、軽めの夕食で体調管理もできた。
その後お風呂に入り、快適な部屋で、本棚にあった料理本を
読だりして、のんびり過ごした。

さあ、いよいよ明日から待望のフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの
料理が習える・・期待が膨らんで・・心細さが小さくなった。
・・安心して就寝した。

翌朝、雨が降っていたが朝8時頃散歩した。
山の上から、清々しい空気を胸いっぱいに吸い込みながら歩いた。
霧雨の中、区画整理された住宅街を坂下へ降りていく時、
この静けさや清涼な空気を心地よく感じた。

カフェに座って、雨を眺めながらブリオッケと
美味しいカフェで朝食とした。
a0154793_1316516.jpg

運動になるので徒歩で戻った。下るときは20分弱、帰りは急な上り坂なので、
25分位かかった。
a0154793_12312383.jpg

上の写真は滞在先から5分位下った場所から見下ろした風景
[PR]

by isolala | 2013-11-26 13:36 | フリウリ・V・J州’13 | Trackback

2013年秋のフィレンツェにて③

旅行記

2013年10月31日 木曜日
朝早く、開館20分前のウフィツィー美術館に並んだ。
予約なしだったので、早めに行ったが、やはり既に列ができていて、
開館時間になったが、最初の入場集団には間に合わず、
次の回までさらに20分位待って入場した。

ウフィツィーでの時間は本当に楽しかった・・
(絵画などについての感動は、このブログでは
おさまりきれないので、割愛)
館内にあるカフェのテラス席に座った。
a0154793_2255452.jpg

ヴェッキオ宮の先端部分が観られて眺めが良い・・・
椅子にすわったまま撮影してみた。
a0154793_1661991.jpg

空が広い・・
a0154793_2242578.jpg


午後は中央市場に行った。
お昼時を少し過ぎていたので、ほど良い混み具合だった。
イタリアの市場で、カルチョーフィやフィノッキオを見かけると
その新鮮さや、安さに驚き、思わず撮ってしまう。
a0154793_16123059.jpg

左端「フィノッキオーナ」をはじめとして美味しそうなハムがずらり。
a0154793_1613611.jpg

時節柄、きのこもたくさん見かける・・
・乾燥ポルチーニ
a0154793_145845.jpg

惣菜屋さんで見かけた
・ポルチーニのオイル漬け
a0154793_14145.jpg


人気店のネルボーネもあった。
市場の中だけあって、生野菜のサラダも美味しそうだが、
ここにきたらやはりランプレドットのパニーノなんだろうな・・・
迷っていると何にする?どれも美味しいよと威勢の良い声・・
「ランプレドットを少しだけ食べたいんだけど、私には量が多すぎる・・」
と答えたら、「それならパニーノより皿盛りがいいよ」と
市場のお兄さん(といっても50代位?)の声に、
「じゃあそれを少しだけ」と答える・・・
「ギリシャ風サラダもお願い」と、大きな声で言ってみた。
お兄さんは「Si~」と言って、テキパキとトレーに盛りつける・・
お肉の量がまだ多いけど・・・とにかく食べてみよう~

トレーを受け取って、相席テーブルでいただいた。
a0154793_16343251.jpg

美味しかったが・・・やはり・・そんなには食べられない;
・・残してしまった。
トスカーナの郷土料理の探求を頭に置いて、食生活を送っていると、
何となく生野菜を食べたくなるからか・・・サラダは完食。
・ギリシャ風サラダ
a0154793_16371786.jpg



夜はトラットリアに行った。
・マルタリアーティ トマトソース
a0154793_10301164.jpg

・カルチョーフィのフライ
a0154793_1639485.jpg


充実した1日に感謝・・・Grazie mille!
[PR]

by isolala | 2013-11-23 23:31 | トスカーナ州2013 | Trackback

2013年秋のフィレンツェにて②

旅行記

2013年10月30日 水曜日
フィレンツェ滞在2日目
早朝、SITA社のバスに乗って、グレーベインキャンティーに行った。
車中、トスカーナの風景をのんびり眺めながら・・・
1時間弱で到着。
バスを降りて、5~6分歩くとMatteotti 広場に出た。
a0154793_2045146.jpg

広場の周りのアーケードにはエノテカ、お花屋さん、おもちゃ屋さん、
黒鳥がモチーフのキャンティーグッズのお店や床屋さんなどもあって、
何だか歩くだけで楽しい。
朝10時半過ぎ・・・観光客はチラリホラリ、のんびり歩いていると
看板娘のイノシシさん?に引き寄せられてお肉屋さんに入ってみた。
a0154793_20174196.jpg

中に入って気が付いたが、ここはイタリアでは名の知れた老舗のお肉屋さん
「faroni」だった。
試食用のサラミをおつまみにしてワインを試飲しているアメリカ人?
らしき5~6人のツーリストに紛れて、ゆっくり店内を歩いた。
写真を撮る雰囲気ではなかったので、おとなしく見学。
ハムやサラミの品ぞろえは老舗の風格を感じる品揃え・・・
お土産用のハムやサラミのスライスが小パッケージにして並んでいる・・・
チンタセネーゼの文字も発見。
サラミ好きな家族にイノシシのサラミを買って帰りたかったが、
まだ旅は始まったばかり・・・
「血圧が上がっても困るしね」と思い直してあきらめた。

ブラブラ歩いていると「100種類以上のワインが試飲できる」
らしいエノテカ発見・・・吸い込まれるように入場。
a0154793_2285962.jpg

ここは、割安のプリペイド式カードを買って、試飲できるしくみ・・
カードを差し込んで、試したいワインの上のボタンを押すとワインが出てくる・・
これは楽しい。
一番少ない量のボタンを押してみた・・・一回の量は上の写真位。
少量だったが3~4回飲んだらほろ酔い気分になった。

すきっ腹で飲んで倒れてはいけないワ・・・おつまみを頼んだ。
キャンティーと言えば・・・やっぱり肉系かな~
生ハムを頼んでみた。
店員さんが、板状のお皿に塩気のないトスカーナパンを置いて、
その場で薄くスライスしながら、フワリ、フワリとのせていく・・
a0154793_21443364.jpg

これがびっくりするほど、キャンティーワインと合って
美味しく、最後まで楽しめた。

その後広場に戻った。お昼も過ぎて観光客も少し増えたようだ。
アーケードの端っこの軽食のお店に座って広場を眺めながら・・・
a0154793_15465431.jpg

トスカーナに来たらこれを食べなきゃと即座に注文したのは、
☆Ribollitaリボッリータ
a0154793_1549432.jpg

大きなお鍋に、いんげん豆や黒キャベツなどの野菜や
固くなった残り物のトスカーナパンを投入して作り、
温めなおしては繰り返し食べる家庭料理・・・
トスカーナの家庭の台所が心に浮かんだ。
a0154793_15502155.jpg

生ハムとワインの〆にぴったりだった。
途中でトスカーナのオリーブオイルを垂らすと、若草の香りやかすかに辛味と
まろやかさが加わって、最後まで美味しくいただいた。

帰りのバスにのんびりゆらりと座って、フイレンツェに戻った。

・暗くなる前のアルノ川
a0154793_2215671.jpg


夕食は、ホテル近くのリストランテに行った。
・季節のポルチーニのタリアテッレ
a0154793_2221432.jpg

・牛肉のペポーゾ
a0154793_22212947.jpg

ペポーゾは文字通り、たくさん胡椒を入れる料理だが、
それにしても思いっきり辛くて涙ぐんでしまった。
少量でも、塩なしトスカーナパンと、これだけで、
空腹を満たせるように工夫された
所謂、「クチーナ・ポーベロ」が基になっている
お料理であることを実感した。


今日も充実した1日になった・・・Grazie mille!
[PR]

by isolala | 2013-11-21 23:13 | トスカーナ州2013 | Trackback

2013年秋のフィレンツェにて①

旅行記
2013年10月29日 火曜日
羽田空港から夜中1時10分発のルフトハンザ航空の便で、
フランクフルトを経由して、フィレンツェの空港には現地時間の
朝9時頃到着した。
今回、この便を選んだのは、格安航空券であることの他に、
フィレンツェにスーツケースを置き、研修先を周って、
最後にまたフイレンツェから帰国することが
できる点を優先した。
というのも、昨年までは、自分なりの研修内容を
ぎっしり詰め込んだ計画を立て、限られた日数で目的を果たすべく、
各地を周っていたが、その都度、スーツケースの移動が大変なのだった。
ローカル線の駅などの長い階段をスーツケースを抱えての移動で、
がんばりすぎてしまい・・・気が張っているイタリアでは何とかやり過ごしても、
帰国してから無理したことを文字通り、痛感するのである。
今年は意を決して、自分の体調管理を優先し、フィレンツェで少し休むという、
余裕のある計画にしたのだった。

家族と離れ、一人でイタリア研修をしていると、実のところ・・・
観光のようなことは、ほとんどしないで帰国することもある。
家族を置いて、イタリアで「学んでいる」ことは許されても、
仕事と直接関係のない美術鑑賞や観光など、
「遊び」の範疇にあることは、何となく
後ろめたさや淋しさを感じてしまって、心からは楽しめず
「いつか家族といっしょに・・・」と思い、
料理関係最優先の計画になっていた。
家族は、せっかく行くんだから楽しんでくるようにと
毎回送り出してくれていたのだが。

そうこうしているうちに、少しずつ私も自立して?
一人旅でも、いろいろな楽しみを見つけられるようにもなった。
そして今年、年齢的にも節目を迎え、自立宣言?をした・・自分にむかって。
今回は、料理関係以外の時間を成り行きに任せず、
気になっている美術館などに行く時間を
きちんと作るようにしたのだった。
というわけで、

初日、
荷物をホテルに預けて、フィレンツェ市内をのんびりと散歩した。
午後は、ピッティー宮の前にあるフローレンスモザイクのお店
「Pitti Mosaici」に行った。
a0154793_15105441.jpg

お店の中には額におさめられた「フローレンスモザイク」が
ディスプレイしてある。
一見1枚の絵のように見えるが、貴石をはめ込んで作るフローレンスモザイク・・・
花、鳥、建物などいろいろなモチーフのものがあり、
一枚一枚、伝統的な細工技法を駆使した素晴らしい作品が並んでいる。
例えばバラの花びらや1枚の葉っぱ、空などのグラドュエーションは、
何枚かの貴石を組み合わせて表現されていて、
そのつなぎ目をさがしてみるのも楽しい・・・
勿論どこでつながっているのか不明・・・気品があって本当に美しい。

お店の中にはフローレンスモザイクでできた
テーブルの天板部分などの大きいものもある。
床にフローレンスモザイクを嵌め込むというような豪勢な受注もあるのだとか・・・
贅沢だな~こんな美しいフローレンスモザイクの床は踏めないわね~美しすぎて。
それにしても、こういうものを壁や床に使ってみようという発想には、
積極的に生活空間を楽しみ、豊かにしていこうとするパワーを感じた。

マエストロから弟子に、あるいは子供に継承し、
未来にも伝えられてていくべき職人の匠の技・・・
イタリアの芸術文化の厚みを感じた。
店内は写真撮影がはばかられたので、
上の写真は外から1枚だけ撮ったものである。

さて夜はフィレンツェ在住のJさんに、地元の人たちに人気のある
家庭料理のお店に案内していただいた。
トスカーナ州らしい料理が並んだ。
☆パッパルデッレ チンギァーレのラグーソース
a0154793_1164476.jpg

☆煮込みトリッパ
a0154793_117663.jpg

☆ピンツィモーニオ・・・
a0154793_1174365.jpg

写真では見えにくいが、セロリやフィノッキオ、カルチョーフィが
洗ってあるだけで、大きいまま。塩とトスカーナの美味しいオリーブオイルをつけて、
4人でシェアしてバリバリ食べた。ワイルド感があって楽しかった!

地元の人たちで賑わうお店での夕食は、
話も弾んで楽しかった☆
[PR]

by isolala | 2013-11-19 23:57 | トスカーナ州2013 | Trackback

無事に帰国しました。

今回の旅は、羽田からフランクフルト経由でフィレンツェに入り、
ここを拠点にして、フリウリヴェネツィアジューリア州→ヴェネト州→
ウンブリア州→リグーリア州の料理を学んで、フィレンツェに戻り、
おかげさまで、無事に帰国しました。
下の写真は、フィレンツェの滞在が、たとえ1日だけでも必ず見に行く、
アルノ川と(曇っていたのですが、それはそれで良いのです~)
a0154793_1355944.jpg

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会・・・どの角度からでも美しいのですが
広場のベンチに座って、ぼんやり眺めるのも好きです)
a0154793_1356449.jpg

勿論ドゥオーモとサンタ・マリア・デル・フィオーレは、
どこに行くにも、目印に仰ぎ見ていますが・・・フィレンツェは、
時空を超えて、圧倒的な美しさで迫ってくる芸術に囲まれていて、
毎回歩くだけで感動して、気分が高揚します。

今回はホテルにスーツケースを預かっていただき、
少しだけ身軽になって、いろいろ周ってきました・・・
たまった用事に取り掛かり、いただいたメールに返信をすませ、
少しずつアップしていきますね☆
[PR]

by isolala | 2013-11-17 14:24 | トスカーナ州2013 | Trackback