100年ものバルサミコを試食☆

今月は、コース料理のドルチェに100年ものバルサミコの試食を
組み入れたんですよ~
このバルサミコは3月に開催された「パルマ食の祭典」で、
コーディネーターのAさんから特別に譲っていただいたもの。
本日のレッスンが終わるまで、サプライズなドルチェとして、ブログにはアップせずに
ナイショにしていました~^^
a0154793_1154299.jpg

このバルサミコについては、marcheselliさんのブログに掲載されてますので、
ご興味のある方はクリックしてくださいね♪

今月のセコンド(=メイン)料理は鯛のお料理でしたので、お口直しに・・・
少量のジェラートに垂らした100年ものバルサミコを皆さんに試食していただきました。
とろ~りと垂れる1滴2滴・・3滴4滴・・・・
a0154793_11555025.jpg

甘みのある奥深い味わいのバルサミコですが、ほどよい酸味もあり・・・
「美味しい~」という声で盛り上がりましたよ~♪
少しずつでしたが、本日最終レッスンまで、皆さんに行きわたり・・・
ホッしました^^
後味は案外さっぱりしていたので、とどめの抹茶のティラミスも
皆さん完食~(笑)
今月も皆さんの笑顔に元気をいただきました☆
[PR]

by isolala | 2013-04-25 19:10 | 教室の様子・メニュー | Trackback

ミニ栽培の野菜をプチ収穫?しました☆

何事も経験・・・と思い、「ラディッシュ」と「サラダ水菜」の種をまいたのは、
冬のことでした。
粉のような小さな種から、ちゃんと食べられる形状に成長していく野菜を
見るのは、本当に嬉しいものですね~
先週、カラフルラディッシュのプランターをのぞいてみたら・・・
a0154793_2059311.jpg

暖かくなってきた、ここ1週間でさらにぐんぐん育ち、
赤くてまあるいものが見えました♪
カワイイ♪
野菜の息吹に元気をもらいました~

とうとう、昨日収穫しました(というほどでもなく、ほんのちょこっとです)
a0154793_19135862.jpg

昨夜、水菜とラディッシュをバルサミコ酢を使ったドレッシングで
和えたものを試食・・・家人は普段、生野菜をあまり食べないのですが、
家で栽培したともなると、意気込みも違うせいか・・・
「味が濃いね、甘いね・・・」と言って、積極的に食べてくれました。

とても美味しかったので、今日の料理教室用に少しとっておいて、
他の野菜と一緒にサラダにして皆さんと試食・・・
好評でした~♪(量が少ないので、限られたクラスだけでゴメンナサイ;)

ホメられると有頂天になって、また作る?と自分に問いかけてみる・・・
楽しさも分かるけど、、、、
今回、野菜作りの大変さも分かったので、
農業は無理です、私(笑)

しみじみ農家の方に感謝です。
何気なく買って食べられることは、本当に幸せなことです^^

おままごとのようなミニ栽培でしたが、
野菜をもっと好きになりましたよ~
これからも野菜を使ったヘルシーで美味しいお料理を
いろいろ作ろうと思います☆
[PR]

by isolala | 2013-04-18 21:51 | 料理・食材 | Trackback

抹茶のティラミス☆

今月の教室メニューのドルチェには、
ヴェネト州のドルチェ、ティーラ・ミ・ス(Tira mi su)をアレンジしたものを作ります。

☆抹茶のティラミス 
a0154793_11534789.jpg

a0154793_023944.jpg


今回は手打ちパスタも作ることを考えると時間に余裕が必要なので、
簡単にできるものにしましたよ~♪
スポンジ生地はは、先月と同じ作り方ですので、レッスン開始と同時に
チャチャッと作り、型に入れてオーブンに入れます。
仕上げに春のいちごを使いましょう♪
[PR]

by isolala | 2013-04-09 12:05 | 教室の様子・メニュー | Trackback

魚介とアスパラのタリオリーニ☆

先週我が家で手打ちパスタを作ったのですが・・・
やっぱり手打ちは美味しい・・・ということで、昨日もまた
手打ちパスタを作りました・・・
パスタマシンを使うので案外簡単なんですが・・・
心の余裕があるときじゃないと、なかなか取り掛かれないものですよね~
でも逆に、パスタをこねていると元気がでてくる時もありますよ~☆
a0154793_12323922.jpg

残った生地でファルファッレ(=ちょうちょ)という名のパスタも作ったり・・
これは冷凍し、今回はタリオリーニを使いました。

☆魚介とアスパラのタリオリーニ
a0154793_1211188.jpg

手打ち麺が魚介のエキスを吸い込んでます♪
美味しさの記憶が手打ち麺を
作る一番の原動力なんですよね☆
[PR]

by isolala | 2013-04-08 10:56 | 教室の様子・メニュー | Trackback

バカラ マンテカート☆

今月の教室のコースメニューはヴェネト州(ヴェネツィアのある州)の料理を中心に
組み立てています、。
まずはヴェネト州ではとてもポピュラーなアンティパスト・・・
☆バカラ マンテカート(Bacala’ mantecato)
a0154793_18244040.jpg

ヴェネツィアにはバーカロと呼ばれる、特有のバールがあるのですが、
バーカロの人気おつまみでもあります。
数年前にも教室メニューに、生の鱈で代用し、
レシピ名は「鱈のペースト」としたものが登場しました。
お陰様でそれも好評でしたが、
本来は干し鱈を使うもの・・・戻す時間がかかるんですけどね。
とはいっても、今回は2~3時間の浸水で大丈夫なものを使って、
ヴェネツィアでの味を再現してみました^^
干し鱈の何とも言えない独特な風味が後を引きますよ~♪

さてここで、うんちくを・・・・興味のある方だけ読み進んでくださいませ。
~~~
イタリアにおける、保存食品としての鱈には2種類あることをお話しておきますね。
その一つは自然光や風によって「乾燥させる方法」=ストッカフィッソ「stoccafisso」
もう一つは、「塩漬けにする方法」=バカラ「baccala’」
つまり製造過程が違うのです。
但し例外として、
ヴェネト州では、他の州でストッカフィッソと呼ばれている干し鱈のことを
バカラと呼ぶのです。(ここが、まぎらわしいところ;)

そして、ヴェネト州では、この干し鱈を使う伝統料理を守り伝えようとする有志
で作る団体が存在しているそうです。
例えば、バカラはイタリアではふつう、baccala’ と書きますが
この団体が提唱する表記としては、c をひとつ除き、bacala’と
書くのだそうです。
つまり、この表記によって、バカラと言っても塩漬け鱈ではなく、干し鱈であることを
アッピールしているというわけです。
~~~
このあたりで、うんちく話はおしまい。


カンパリやアペロールの炭酸水割りなど片手に、
Bacala’ mantecato(バカラ マンテカート)をパンにのせて・・・
しばしヴェネツィア気分に~^^☆
[PR]

by isolala | 2013-04-07 15:42 | 教室の様子・メニュー | Trackback

鯛のアルフォルノ ヴェネツィア風☆

昨年訪れたヴェネツィア・・、早朝の魚市場で仕入れた
フレッシュなスズキを丸ごとオーブンで焼いたお料理の
・・あの美味しさをもう一度!
でも、旬の夏まで待てない気分の私だし(笑)
良いスズキが手に入るかどうかもわからない・・・
だったら!ということで、
今月のお教室では、比較的手に入りやすい鯛を使って、
オーブンでダイナミックに焼きますよ~♪

魚を丸ごとオーブンで焼く料理法はシンプルなので、
たま~に我が家の食卓に登場しますが、
先週末、鯛を使って、久しぶりに焼いてみました♪
大きいオーブンがあれば大きな鯛をドーンと焼けますが、
我が家のものは小さいので、鯛も小さめです。

☆鯛のアルフォルノ(=オーブン焼き)ヴェネツィア風
a0154793_19195339.jpg

しっぽが、お皿からはみ出てしまいますが;
耐熱皿ごとオーブンに入れて、
そのままテーブルに出せるので、今回はこの方法で^^
a0154793_19334930.jpg

鯛はやっぱり美味しいね!これが家族の第一声でした♪

今月のお教室では、上記のお料理がセコンドメニューに登場します。
その前に、アンティパストとして、ヴェネツィアのバーカロ(居酒屋風)の
人気おつまみ
☆干し鱈のマンテカート、
プリモは、
☆魚介のタリオリーニです。

魚介たっぷりのヴェネツィア風料理をお楽しみに~☆
[PR]

by isolala | 2013-04-04 22:59 | 教室の様子・メニュー | Trackback