教室イベント「オリーブオイルのミニ講座」

今週も寒い中、お教室に通って下さる皆さまに
元気をいただきました。
下の写真は今週の試食タイムの様子です♪
a0154793_1554080.jpg

今年は新しい試みで、香川県の農家直送の野菜を取り寄せ、
アンティパストなどに取り入れているのですが、東京では見慣れない野菜なども
あって楽しんでいます♪
例えば芽キャベツって・・・
きゃべつの変種で、太い茎の葉の付け根にできるんです。
こんな風になってるんですよね~
a0154793_22385328.jpg

あるクラスでは、茹でて、オリーブオイルでソテーして、
仕上げにごまをたくさんかけていただきました♪
また違うクラスでは、下の写真のプンタレッラをローマ風に
アンチョビをきかせたドレッシングでいただきました♪
a0154793_22555164.jpg

下の写真・・コレ何でしょう?
a0154793_22484438.jpg

生ザーサイなんですよ~
葉っぱがクタ~っとしてきそうだったので漬物にしました。
これがからし菜に似て・・・ピリッとからし味で、
家族に好評でした♪
必要に迫られて保存する場合、漬物はやはりてっとり早い保存法ですね~
先人の知恵には感心させられます。

野菜自体がとても新鮮なので、きちんと保存すればかなり日持ちするんですけど、
すべてのクラスに必ず1品ずつ話題性のある野菜を使うため、
新鮮さをキープする必要があり、
野菜の保存方法にも一層気を使うようになりました。
農家直送の新鮮な野菜・・
a0154793_22411172.jpg

根野菜を新聞紙にくるんで、冷蔵庫の野菜室に立てておいたり、葉物野菜を
ぬらした新聞紙に包んだり・・・

そして、野菜を美味しく食べるにはEXVオリーブオイルが大活躍です!

お知らせが遅くなりましたが、3月のオリーブオイル講座でも、
上記の農家直送野菜を使います。
3月12日、14日とも、既に満席となっております。

「オリーブオイルのミニ講座」は年ごとにじんわりと興味を持つ方が増え、
私も励みになります。
この会では、日々の食生活にほんとうに役立つ方法、
健康的で美味しいオリーブオイルの使い方を
分かりやすくお伝えしていきたいと思っています。

そして、今年のミニ講座のポイントの一つは
いわゆる「欠陥オイル」です・・・・
というのも、
2年前に開催したオリーブオイルの会での
ある会員さんからの一言がヒントになりました。
「すごく美味しいオイルは、分かったんだけど、
逆にダメなオイルの見分け方が分からない」というものでした。
その時の会は、イタリアの北部、中部、南部それぞれの
選りすぐりの美味しいオリーブオイルを中心にしたオリーブの会でした・・・
という分けで、日々の生活に役立つ情報としては、
品質の良くないオリーブオイルというものを知ることも
重要だと、改めて思ったのでした。

今回は、いわゆる「欠陥オイル」について、
少し時間をとって探っていきましょう。
分かりやすい講座にするために、ただいま欠陥オイル熟成中?デス。
臭いを嗅いで、その中にある、油臭さ、酸化した独特な匂いなどを探ります。
これは食しませんので健康には害になりません・・ご心配なく!

楽しくて、ためになる「オリーブオイルのミニ講座」
そして、美味しいオリーブオイルを使った料理・・・
名付けて、「オリーブオイルでチャチャチャ♪っと料理」も
お楽しみに~☆
[PR]

by isolala | 2013-02-23 23:54 | 教室イベント | Trackback

ガット ディ パターテ☆

今月の教室メニューのアンティパストのガット ディ パターテは
カンパーニャ州の郷土料理です。似たようなお料理は他の州にもあるんですが、
じゃがいものガトー、つまりじゃがいものケーキと言う意味の名前で呼ぶ
ガット ディ パターテと言えば、カンパーニャ州の料理ということになります。
数週間前に丸型で作ったのですが、カットした写真は撮れなかったので・・・
a0154793_21455047.jpg

昨夜の角型のカットしたものをアップしますね~
☆ガット ディ パターテ(gatto’ di patate)
a0154793_22323067.jpg


今月のドルチェの写真は既にアップ済みですが、
実は昨日も小さなハート型で焼いてみましたので、
こちらもアップしておきますね。
a0154793_22131727.jpg

ちょっと色が濃いのはきび砂糖を使っているためです。
この後、仕上げには粉糖をかけます。
小さいのでポンと口に放りこめます(笑)
ハート型はバレンタインを意識したわけでもないんですよ~
お教室の皆さんはご存知ですが、
当教室のシンボルマークなのでね^^
ちょっとだけマイボトルに入れて・・♪
a0154793_22333253.jpg

自分用の常備菓子として?粉糖はふらず甘さ控えめで;って・・・
それがいけないのか、すぐになくなるんですよね(笑)
実は1か月は保存可能です~☆
[PR]

by isolala | 2013-02-14 10:05 | 教室の様子・メニュー | Trackback

豚肉とレンズ豆の煮もの☆

今月のイゾラーラ料理教室では、セコンド(メイン)に
レンズ豆を使った料理を作ります・・
レンズ豆と言えば、イタリアでは、このお豆がコインに似ていることから、
大晦日にこのお豆を食べると、お金にも困らないし、幸運を呼ぶと言い伝えられています。
伝統料理としては、豚足の皮に詰め物をしたザンポーネ+レンズ豆
あるいは、豚肉の皮や脂身などを腸詰にしたコテキーノ+レンズ豆が
定番です。
イタリアで何度か食したことがあり、いつか教室メニューにと
思いながら、先延ばしになっている理由の1つには、
ザンポーネもコテキーノもけっこう脂分が多い;
ということがあります。でもいつかは!と思っています。

というわけで今月のセコンドは、
伝統料理とは別種のものですが、とりあえず
レンズマ豆との相性が良いことを活かして、
適度に脂のある豚肉の部位を使った家庭料理をご紹介します。

☆豚肉とレンズ豆の煮もの(spezzatino di maiale e lenticchie)
a0154793_3223919.jpg

レンズ豆を多めに作っておいて、翌日パンに挟むと、
これもまた美味しいんデス♪

今月のウェルカムティーには生姜シロップをたくさん仕込みましたよ~

a0154793_13904.jpg

お好みで柚子も入れると、最強コンビ「ユズジンジャー?」(笑)
お茶で、暖まったところで、ドルチェから作りますが・・・
冬の暖か対策に~これもしょうが入りです。

☆生姜のオリーブオイルクッキー
a0154793_12543851.jpg

一見、普通のしょうがクッキーに見えますが、
実はバターの代わりにオリーブオイルを使っています。
そして、たっぷりの生しょうがを使いますよ~♪

それからナポリ料理の「ガット・ディ・パターテ」という
じゃがいものケーキという名の
アンティパストも作るんですが・・・
写真は次回アップ致しますね~☆
[PR]

by isolala | 2013-02-13 12:28 | 教室の様子・メニュー | Trackback

「パルマ食の祭典」のお知らせ☆

エミリア・ロマーニャ州のパルマは、
イタリアでも「食の宝庫」と言われる町・・・
パルミッジャーノレッジャーノ、パルマ産生ハム、クラテッロなど、
世界のグルメの憧憬の場所です。

そのパルマで料理を習ったのは昨年秋のことでした。
ご主人が収穫したポルチーニとともに
写真撮影をしたのが昨日のことのようです・・・
a0154793_12101060.jpg

名店のシェフや自身のリストランテのシェフの経験を持ち、
現在はケータリングや料理講師として活躍中のメリー先生が初来日です!
日本橋の「アッティコ」にて、
3月8日、9日、10日、12日に「パルマ食の祭典」が開催されます~
内容はサポーレ・イタリアーノのブログにも掲載中です!

パルマまで行かなくても極上のパルマの食が味わえる、
夢のような祭典です。
日伊文化交流サロン「アッティコ」にて、
申し込み受付中デス!←コチラをクリック♪

勿論私は申込みましたよ~☆
よかったら是非ご一緒しましょう♪
[PR]

by isolala | 2013-02-11 12:29 | 教室イベント | Trackback

小豆島のレモン♪

昨年、小豆島に行き、いくつかのオリーブ農園を見学したのですが、
その際、レモン農家にもお邪魔しました~
下の写真・・小豆島の自然の恵みを受けて、小さな実をつけています。
この可愛い姿に一目惚れして、
今年は「なかよし屋」の完全無農薬レモンを
注文することに決めていました。
a0154793_20501123.jpg

一昨日、成長した姿で、我が家に届きました♪
a0154793_2258133.jpg

枝の切り口も青いレモンに顔を寄せただけでも・・・
フレッシュなレモンの良い香り~♪
器に載せられる分だけのせてみました。
a0154793_2146232.jpg

産地見学をして、成長過程を見て、数か月後に収穫したものが届く・・・って、
なんだか本当に愛着が湧きます☆

a0154793_21464833.jpg

しばらく目につくところに置いて、静物画を眺めるように楽しんでから
少しずつ大切にお料理していきます☆
そして、
3月の教室メニューのドルチェには、南イタリア・アマルフィー名物の
レモンケーキ・・・
「デリッツィア・アル・リーモーネ」を作りますのでね~☆
[PR]

by isolala | 2013-02-06 23:26 | 料理・食材 | Trackback

カッカヴェッラという名のパスタ☆

昨日の日曜日は買い物に行かなかったので・・・
冷凍庫にストックしていたラグーソースを
ずっと気になっていた乾燥パスタの具にしてみました。
その乾燥パスタとはこちら
☆カッカヴェッラ(caccavella)
a0154793_1833317.jpg

a0154793_19184848.jpg

乾燥パスタの発祥地と言われている
カンパーニャ州のグラニャーノ産のものです。
ラ・ファッブリカ・デッラ・パスタ社の
カッカヴェッラという名のパスタ☆
地元では小さな鍋のことをカッカヴェッラ
とよぶことから、つけられた名前だそうです。

上の写真のパスタは、2010年のトリノで開催された食の祭典
「サローネ・デル・グースト」で買ったものです。その時の様子は→コチラ☆☆☆
買ってきてすぐ、1個はボロネーゼソースを入れて食し、
残りの3個を大切にとっておくうちに使いそびれ・・・
確かパスタの賞味期限が2013年だったはず!と
気になっていたのでした・・・確認したら9月まで、
まだ大丈夫でした;

早速、茹でたパスタを小さなお鍋に見立てて~
ラグーソースを入れ・・・
(下の写真はオーブンに入れる前のものです)
a0154793_18521613.jpg

チーズをたっぷりかけて、オーブンで焼きました。
☆カッカヴェッラ ナポリ風
a0154793_20203548.jpg

外側がところどころカリッとしていて、中の方はもちもちっとした食感、
ラグーソースとの相性はピッタリです♪
それにしても、買って2年以上は経っているのに、
グラニャーノ産パスタの独特の歯ごたえや風味が、
保たれていたことに驚きました。

この可愛いパスタは、世界で一番大きいパスタだとか・・・
そのうちいつか、教室メニューに登場させたいパスタです☆
[PR]

by isolala | 2013-02-04 22:22 | 料理・食材 | Trackback