元気が出る旬の野菜☆

今月のイゾラーラ料理教室も無事に終わり、ホッと一息・・・
手打ちパスタのオレッキエッテやブロデット・ディ・ペッシェ(魚介の具だくさんスープ)
いちごのティラミスが好評でしたが、
おまけとしてレシピに加えた
旬のアスパラを使ったアンティパストも
生徒さまから「おもてなしの一品にしたら好評だった」
との嬉しいメールをいただきました・・・♪
気軽に作れておもてなしの前菜にもなる旬のアスパラ・・・おススメです!

下の写真、何気ないことですが・・・ハムを斜めに置いて手前にアスパラを置き
手前から向こう側へそのまま巻いていくと、
きれいにきっちり巻けますよ~
a0154793_1832478.jpg

とびっきり美味しい生ハムだったら焼かずに、このままで♪
焼いた方が塩気が出るので、ビールのおつまみやごはんには
合います~あとはお好みで~
グリッシーニ(棒パン)に生ハムを巻くときも
この方法ならきれいに巻けますのでね^^

下の写真、お役立ちアスパラをちょっとおしゃれに?再度アップしてみました♪
a0154793_18114655.jpg


そして、
☆パスタ用ふりかけ
以前にもアップしたモッリーカ再登場
a0154793_1713366.jpg


これも想像以上に好評でした・・・
今月も生徒さまたちの笑顔に元気をいただきました♪

下の写真、
冷凍庫にあったホタテと
旬のアスパラ、元気が出るトマトも入れて・・・
☆ホタテとアスパラとモッリーカのグラチナート
a0154793_18221486.jpg

モッリーカをたっぷりとふりかけ、パルミッジャーノもちょっとだけふりかけ、
オーブンで焼くだけ♪

先週もバタバタと忙しく。。。そのまま夕食作りに突入。。という日が
何日かあったのですが、春の新野菜が役に立ちました☆

お料理に取り掛かかる前に、まず冷蔵庫を点検・・・
冷蔵庫に1週間前に仕込んだ塩豚・・・野菜室に春キャベツを確認。
時間がないから、とにかくお鍋にオリーブオイルを敷いて、
塩豚を切って入れて(本当は室温に戻して調理
した方が柔らく仕上がりマス;)
春キャベツを水道水の下に持ってきて、葉の間に
水を流してざぶざぶっと洗って、振って、鍋に投入。
胡椒をしてロリエを置いて、庭に走り、ローズマリーをカットして、追加。
着火して・・・ワインを鍋肌に沿って回し入れ、
沸騰させた後、蓋をして弱火に。
この時点で、お料理始めて7分位しか経過してませんでしたよ~汗;

15分弱位で出来上がるはず・・・蓋をあけて底にある豚肉に竹ぐしをさしてみると・・・
a0154793_17104628.jpg

できてる♪でも蓋をして、肉汁のジャンピングがおさまるのを待ちましょう♪

とっても美味しくできました♪
a0154793_1793744.jpg

キャベツが甘くて美味しいです~お肉も美味しくなっています~
いつもの自画自賛でスミマセン(笑)

今日から連休に突入・・・・
どこに旅行する予定もないのですが、
普段の道を歩いていても、春の花が色とりどりに目を楽しませてくれますね。

台所でも季節の恵みを感じながら、春の野菜に元気をもらって、
美味しい食卓にしたいと思う今日この頃です・・・☆

皆さま、良い休暇を~~☆
[PR]

by isolala | 2012-04-29 19:53 | 料理・食材 | Trackback

春の新野菜を使う料理☆

今の時期、そら豆、えんどう豆、アスパラ等々の野菜が本当にみずみずしくて、
思わずレシピを頭の中で組み立てる前に取りあえず・・・
買ってしまうこともしばしば・・;

そして、新玉ねぎ、新ごぼう、新じゃがいも、新人参、新キャベツ・・・新 という文字に
惹かれて、新鮮な野菜をみると、これも買ってしまいます。

先週の我が家の食事メニューを挙げてみますね~
☆鶏肉と新ごぼうのカチャトーラ風☆
a0154793_20353255.jpg

ごぼうと鶏肉をイタリアンに♪
ごぼうが主役の盛り付けデス~
この組み合わせは、ごはんがすすみました^^

下の写真は、
☆新じゃがと鶏肉の香草風味☆
いつもはオーブンで焼くのですが、ここのところ
台所で目立っているル・クルーゼの鍋で作ってみました・・・
a0154793_21252178.jpg

じゃがいもが主役の盛り付け方デス~
家族からのリクエストでなんと3日後にも作りましたよ~♪

今度はオーブンでど~んと!
「気が済むまで食べなさ~い」って感じの量にしました(笑)

a0154793_20142295.jpg


一人分として下の写真…これくらいに分ければ7~8人分位なんだけど・・・
4人でペロリでした^^

a0154793_20361847.jpg


パッと見、豪華でしょ♪
よ~く見ると・・・簡単なのが分かります(笑)

じゃがいも、鶏肉、玉ねぎ、人参を天板に並べ、好きな香草をおいて、塩・胡椒。
EXVオリーブオイルをかけて焼くだけデス(じゃがいもは予めさっと茹でておきます)・・・
途中材料の位置を変えるように混ぜてくださいね~
仕上げにフレッシュな香りのEXVオリーブオイルを回しかけるのがポイントです。

新じゃがの季節には必ず登場する我が家の定番メニューです☆
[PR]

by isolala | 2012-04-22 21:50 | 料理・食材 | Trackback

家飲みワインのおつまみ?

一昨日、日本橋に行く用事があったので、ちょうど三越で開催されている
「イタリアフェア」(4月20日、金曜日まで開催)をのぞいてきました。
日曜日だったため、すごい人混み・・・食料品のコーナーに足を踏み入れたものの
20分位で退散してきました。
その割には、とても充実した買い物をしてきましたよ~
a0154793_22125748.jpg

左から、からすみ、タッジャスカオリーブの実の塩水漬け、レモンオリーブオイル、
カルチョーフィのEXVオリーブオイル漬け♪
何だか、ワインのおつまみって感じ・・・無意識だったのですが;
早速、オリーブの実とカルチョーフィを試食・・・
美味しい♪
ワインを一口・・・といきたいところですが、
用事が山積みで、ゆっくりしていられないので、
純粋に試食だけ~(笑)

タッジャスカオリーブの実は、やっぱり美味しい♪
カルチョーフィーはイタリア旅行の時にも見かけると買ってくるのですが、
いつもまあまあかな・・・と言う感想を持ってしまうのです。
というのも実が柔らかすぎたり、オイルの味が気になったりするのですが、
これは歯ごたえがあって、EXVオリーブオイルに漬かっていて美味しい♪
近日中に「からすみとカルチョーフィーのパスタ」を作ることに決定!

今回は珍しくレモンオリーブオイルも買ってみました。
オリーブオイルに後でレモンのフレーバーをつけたものは、好きになれませんが、
これは、レモンの実をオリーブの実と一緒にすり潰し、絞っているもの。
種や皮などは、製造過程で取り除かれていて、レモンの香りがフレッシュに
感じられるのです。マンネリになりがちな日々のオリーブオイルの試飲に
ちょっと変わり種登場♪
ちょっとラフに、いろいろなお料理に試してみます♪

というわけで、私の買い物は、ワインのおつまみに見えて、実は
すべて食の探求につながっているんですのよ(笑)

ここまで読んでくださった方・・・家飲みしたくなった方のために、
お薦めおつまみをアップしておきますね~

先週、ケーキに使うドライフルーツを買いに行った二子玉川の
「富沢商店」で見つけた、
*一房丸ごと干しブドウ
a0154793_23345010.jpg


下の写真は、
*ストック食品の盛り合わせ
このチーズ、実はペコリーノとパルミッジャーノだけ・・・
チーズが2種類あったら切り方を変えてみてくださいね~
食感も味わいも微妙に変わるんですよ~☆
ご覧の通り、自家製のものは玉ねぎのジャムだけ・・・
a0154793_0142797.jpg

ワイン片手に気に入った映画のビデオでも見たくなりますね~・・・☆
[PR]

by isolala | 2012-04-17 23:57 | 料理・食材 | Trackback

ブロデット ディ ペッシェ☆

今月のお教室では、簡単ティラミスを冷蔵庫に仕込んだ後に、
旬のアスパラを使ったアンティパストをチャチャッと作ります~
a0154793_2153476.jpg

☆アスパラと半熟ふんわり卵(目玉焼きをのせるのがポピュラーですが、
このふんわり卵も美味しいですし、取り分け易いデス)
+パルミッジャーノのすりおろし+胡椒
☆アスパラ 生ハムロールのソテー
どちらも直ぐに完成♪

プリモには菜花のオレッキエッテorブロッコリーのオレッキエッテを作ります。

そしてセコンドには、マルケ州のアドリア海沿いの地域では
「ブロデット・ディ・ペッシェ 」と呼ばれる魚介のスープ(zuppa di pesce)、
をアレンジしたものを作ります。

魚介の下準備ができたら、30分弱で仕上がりマス!
a0154793_22305997.jpg

魚介の旨味が凝縮したスープにパンを添えて・・・伝統的には
13種類の魚介を使うのが決まりですが、
その半分位の種類の魚介でも美味しくできます!
もともと漁師さんが売りものにならない魚で作ったのが始まりだそう・・
日本でも見つけやすい魚介を使って工夫してみました。
魚介の旨味を最大限に引き出すポイントに気を付け、
マルケ州の漁師になったつもりで(笑)
大胆且つ丁寧に作りますよ~☆
[PR]

by isolala | 2012-04-13 21:40 | 教室の様子・メニュー | Trackback

いちごのティラミス☆

今月のイゾラーラ料理教室では、手打ちパスタを作りますので、
ドルチェは簡単なものにしますね~☆

☆いちごのティラミス(Tira mi su')
a0154793_21323750.jpg

日本ではティラミスと呼ばれていますが、イタリア語では
ティーラ ミ スッ と発音します。
私を上につれて行って・・・つまり「私を元気にしてね」「私を
天国に連れてって~=幸せな気分にしてね~」というような意味デス。

以前は大きな容器に作り、大きなスプーンでざっくりと取り分ける、
イタリアでは、ごく一般的なものを作りましたが・・・
今回は銘々に作り、スポンジ生地を使わず、
イタリアでもよく見かけるサヴォイアルディー
(=フィンガービスケット)を使います~

旬のイチゴが美味しいので、たくさん使いましょう~☆
[PR]

by isolala | 2012-04-12 00:43 | 教室の様子・メニュー | Trackback

菜の花のオレッキエッテ&モッリーカ☆

イタリアの地図のかかと部分のプーリア州の郷土料理である、
「チーマディラーパのオレッキエッテ」・・・
少し苦みのある野菜とあえたパスタです。
日本でも、ほろ苦い菜の花などを使ったパスタを
メディアなどでも見かけるようになりましたね~
この時季、何回か我が家の食卓にも登場してます♪

乾燥のオレッキエッテ(小さな耳という意味)は、まだ日本の
スーパーではあまり見かけないのですが・・
昨日、自由が丘のイータリーで見かけたので、買ってきて作ってみました。
a0154793_11514079.jpg

美味しくできました・・・すっごく急いでる時には、良いかもしれませんね~
a0154793_11524088.jpg


でも今月のお教室では、乾燥ではなく生のオレッキエッテを作りますよ~
(以前作ったクラスは、他のパスタになります)
簡単にできるので、ホント、売ってるお店を探すよりも、
作っちゃったほうが早くて、とびっきり美味しいんですよ~笑

ついでに、mollica(モッリーカ)という、
パン粉を炒めるだけの「ふりかけ」のようなものも作ります。  →(追記:molliica
とは、本来はパンの柔らかい中身の部分を指す言葉ですが、
南イタリアではこのように炒めたパン粉もmollicaと呼んでいるようです)

パラパラっと、ふりかけると美味しいんですよね~

下の写真、撮影用につい、たくさんふりかけました~笑
菜の花のオレッキエッテ☆
a0154793_2222898.jpg


モッリーカ☆
パン粉を炒めるだけなのですが・・・
私が気に入ってる作り方、書いておきますね。

☆まずEXVオリーブオイルをフライパンに敷き、
にんにく、アンチョビを弱火で炒め、香りが立ったら、
パン粉を入れて一緒に炒めるだけ・・☆
a0154793_1522444.jpg

冷蔵庫で2週間は保存可能です~
菜の花のほろ苦さやオレッキエッテのもちもち感、
美味しいニンニクと唐辛子とEXVオリーブオイルの
絶妙なバランスを味わった後、
途中から、このモッリーカをかけてみてください。
一皿のパスタで2度美味しい!
合うんですよ~これが☆
[PR]

by isolala | 2012-04-07 16:49 | 教室の様子・メニュー | Trackback