トリエステにて③市内散策&カフェ訪問

旅行記

2013年11月3日 日曜日
今日は、近郊のミラマーレ城に行ったり
市内を散策したり、
モニカ先生おすすめのカフェ巡りなどをした。

トリエステは、イタリア最北東部に位置し、アドリア海に面している。
北側はオーストリア、東側はスロベニアに接した国境の州である。
過去にはオーストリアなど、いろいろな国の支配下に置かれ、
多様なな文化を受け入れざるを得なかったという背景がある。
そんなトリエステの町は、イタリアでありながら、北欧?にでも
いるようなちょっと不思議な印象である。

朝早く、街の大きな建築物を眺めながら
カフェとお菓子のお店まで歩いた。
老舗店らしい外観の・・
・ピローナpirona
a0154793_21434449.jpg

ショウケースがカウンター代わりになっている。
カフェとカスタードクリーム入りの小さなパイを注文・・・
イタリア式に甘いものとカフェで朝食とした。
a0154793_1111033.jpg

ショウウインドウの中のお菓子は小さくて、美味しそうだったのでお味見用に
少しだけ購入した。
a0154793_22211494.jpg

a0154793_22211196.jpg

20分位歩いて、マリーナ・サングーストの近くから出ている
観光バスに乗ってミラマーレ城まで行った。
(途中、小雨が降りこんできて、サバイバルな雰囲気も少しあったが、
2階建てのバスから町を観られる上、最初に乗車したマリーナ近くの
停留所に戻れるバスなので安心だった)
a0154793_22295518.jpg

バスは駅やサン・ジュースト教会を経由して
ミラ・マーレ城 の近くに停車。
a0154793_2242551.jpg

10分強、歩いてお城まで行き、城内も見学した。
城主マクシミリアーノやシャルロッテ王妃の肖像画や
当時の調度品もそのまま展示してあった。
豪華だが、何となくもの悲しさを感じる城内を見学した後は、
再度、他の観光所をぐるりと回ってきたバスに乗って
町の中心部に戻った。

アドリア海を眺めながら歩いて、
Piazza unita d'Italiaイタリア統一広場に行った。
カフェののテラス席から広場を眺めた。
・Caffe degli Spechi カフェ スペッキ
a0154793_1112526.jpg

この場所で座ったまま見える景色を撮ってみた。
正面に「ハリーズバー」の文字も見えた・・・
a0154793_1132115.jpg

向かって左側・・
・トリエステ市庁舎
a0154793_22565341.jpg

ここでのんびりした後、町を歩きながら、
探していたケーキ屋さんに入った。
・la bomboniera ボンボニエラ
a0154793_0152717.jpg

お店の隅にカフェをいただける小さなテーブルがあったので、
このお店で薦められたケーキをいただいてみたら
これがとても美味しかった。
このお店の他のお菓子もお味見用に買いたくなったが・・・
朝、ピローナで買ったお菓子もあるし、昨日作った
プレスニッツもまだたくさん残っているので・・・断念。
ショウウインドウのみ撮影させていただいた。
a0154793_016275.jpg

町を散策して、今日最後のカフェ・トンマーゼオに入った。
・Caffe Tommaseo
a0154793_0172940.jpg


昨日行った名店「カフェサンマルコ」や今日訪問した4軒のカフェ・・
モニカ先生おすすめのカフェ巡りをしながらの
市内散策は、楽しかった。

オーストリアのカフェ文化の影響も受けている
トリエステの町・・・
昨日、モニカ先生ややマヌエラ先生と話したことを思い出した。
「フリウリ・ヴェネツィアジューリア州の郷土料理は
貧しい庶民の料理が基礎になっているし、
この土地が支配されていた悲しい歴史が影響している」
というようなことを少し淋しそうに言った。
私は、
「今回習った料理は確かに他の国の影響を感じるが、
だからこそイタリアの他の州では見られないスペシャルな料理だし、
私にとって、学ぶべきことの多い、興味深い料理。
何より美味しいから、日本に帰って、家族にも作るし、
教室でも作るね!」と、拙いイタリア語で熱く答えた。
その約束を守りたい。
[PR]

by isolala | 2013-12-01 22:53 | フリウリ・V・J州’13 | Trackback

トリエステにて②フリウリ・V・J州の郷土料理レッスン

旅行記
11月2日 土曜日
朝、カフェから戻り、身支度をして、モニカ先生を待っていると、
時間通りに、ブザーが鳴った。
ドアを開けると満面笑顔のモニカ先生と初対面の先生が
荷物を抱きかかえて立っていた。
「今朝ウディネからきたマヌエラよ~よろしく~」
モニカ先生のお話では、私が依頼した郷土料理「チャルソンス」は
ここトリエステではなく、ウディネ地方の料理ということで、
「今日は私がグーラッシュ、ヨータ、プレスニッツを作り、
彼女がフリコ、チャルソンスを担当するわね・・・」と言う。
思わず私は、「私一人に先生2人が教えてくださるんですか?
豪華ですね、嬉しいです!」と言った。
「今日は2日分のレシピをまとめて作りましょう!」
「さあゴージャスな料理教室開始!」と言って、
皆で笑い合った。

まず初めは煮込み時間が4時間位必要なグーラッシュから
取り掛かった。
グーラッシュを煮込んでいる間に、ヨータ、プレスニッツを作り
チャルソンス、フリコを作った。
モニカ先生は、手際がとてもよく、料理への情熱と
才気を感じさせた。
彼女は時々、頭の回転が速く、言いたいことが先走って、
言葉がもつれてしまうのだった。
その度に、「もっとゆっくりしゃべらないと、だめよ」とマヌエラ先生が、
わざと気難しい口調で注意した。
そしてチャーミングな笑顔で片目をつぶる。
先生2人はとても仲が良くて楽しい。

この日に作った料理
☆JOTA ヨータ
a0154793_0471354.jpg


☆GULASCH グーラッシュ
a0154793_22181527.jpg


☆PRESNITZ プレスニッツ
a0154793_0551753.jpg


次には、ウディネのマヌエラ先生が主導となった・・・
それまで余裕のある感じで冗談を言って笑っていたのに、
自身の番になると、急に真面目な顔になって、
声を大にして教えてくださった。
糸を引くチーズを使うことが、大事と力説した・・
☆FURICO CON PATATE じゃがいものフリコ
a0154793_22471957.jpg

☆CJALZONS チャルソンス
a0154793_22511359.jpg


日本でもまだ知名度の低いフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の・・・
珍しいお料理に心惹かれた。
すべて、美味しかった。
上記の料理は勿論すべてイゾラーラ料理教室のレッスンで還元したい。

伝統料理の核の部分は変えず、
私なりの工夫を加え、メニューバランスを考えて
レッスンで紹介していこう。

2日分の料理レッスンは夕方終わった。
ワインを少しいただきながら立ったま試食した。
a0154793_115044.jpg

プレスニッツはグラッパといっしょに食べなきゃ!と言うことで、
グラッパを少しだけ飲んだ。
最後にフリウリの郷土料理について語った。
この州のたどってきた歴史的背景・・
やはり歴史と食文化は密接に絡まっている。

歴史文化が異なる日本において、
この地の郷土料理を珍しい料理として
そのまま紹介することも興味深いことだろう。
しかし、私の場合は、日本で毎日の食生活に
組み入れられるイタリアンとして、考えたいのである。
そうなると、使う食材、調理法などに工夫が必要になってくる。
その場合、ただ無意識にアレンジをするのではなく、
イタリアの伝統料理に敬意を表した上で工夫をしていきたいのである。
その郷土料理が生まれた土地で料理をしていると、
アレンジしてはいけない核の部分についての私なりの
目安がはっきりしてくるのである。

1日ずっとお料理をして、友達みたいになった・・
真面目で、情熱的で、楽しい
・モニカ先生(左側)とマヌエラ先生
a0154793_22551895.jpg

写真を撮る時、下を向いたり、斜め上を見たり、いろいろな
ポーズをとってくださった・・・上のものは、そのうちの1枚。
2人の先生と料理をして過ごした時間は本当に充実した時間だった。

Grazie mille!
[PR]

by isolala | 2013-11-28 01:31 | フリウリ・V・J州’13 | Trackback

2013年トリエステにて・・・①

旅行記

2013年11月1日 金曜日
フィレンツェ、S・M・N駅から、北イタリアの
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州に移動した。
トリエステ駅のホームを出たところで待っていた私と、
駅前で待っていた、今回の先生シニョーラ・モニカと
お互いに、20分位、会えずに気を揉んだ後、
会えた時には抱き合って挨拶をした。
駅から車で15分位走って、小高いカーブの多い坂道を上った。
アパートの一室が料理学校になっている。
(宿泊は彼女のお宅か、この学校かはあいまいだったが、
とにかく現地入りした私だった)
今回習う料理の打ち合わせをした。
モニカ先生は、トリエステの町中に出るための道、
観光箇所、おすすめのトラットリア、カフェ等々、
地図や資料を用意してくださっていた。
今回の宿泊地はこの教室であることも判明。
ガスや電気の使い方等々、
てきぱきした説明が終わると彼女は、
「一人で自由を楽しんでね~
困ったことがあったらいつでも電話してね。
明日10時半にくるからね」
と言って帰っていった。
彼女には3人の小さな子供がいるので、
とにかく忙しそうだった。
一番下はまだ4歳になったばっかりと言っていた・・・
それは大変だし忙しい・・容易に想像できた。

学校はアパートの一室なので、鍵を掛ければ安全だし、
住宅街で環境の良い場所だということだった・・・
本当に静かだった。
ちょっとだけでも外を探索しようかと思ったが
小雨が降っていて、5時半なのに既に真っ暗だった。
今から徒歩で町まで歩いても、
帰って来るにはタクシーを呼ばなければならない。
明るいうちに近所を散歩して、このマンションの周囲の状況を
把握して、自分の居る場所を確認してからでないと、
タクシーに乗るのも不安だ。
覚悟を決めて、長い夜をこの部屋にこもって過ごすことにした。

教室にあるものは何でも使ってよいということだったので、
リゾットを作り、冷蔵庫にあったパルミッジャーノを
たっぷりかけて夕食にした。
明日からの料理教室に備えて、軽めの夕食で体調管理もできた。
その後お風呂に入り、快適な部屋で、本棚にあった料理本を
読だりして、のんびり過ごした。

さあ、いよいよ明日から待望のフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアの
料理が習える・・期待が膨らんで・・心細さが小さくなった。
・・安心して就寝した。

翌朝、雨が降っていたが朝8時頃散歩した。
山の上から、清々しい空気を胸いっぱいに吸い込みながら歩いた。
霧雨の中、区画整理された住宅街を坂下へ降りていく時、
この静けさや清涼な空気を心地よく感じた。

カフェに座って、雨を眺めながらブリオッケと
美味しいカフェで朝食とした。
a0154793_1316516.jpg

運動になるので徒歩で戻った。下るときは20分弱、帰りは急な上り坂なので、
25分位かかった。
a0154793_12312383.jpg

上の写真は滞在先から5分位下った場所から見下ろした風景
[PR]

by isolala | 2013-11-26 13:36 | フリウリ・V・J州’13 | Trackback