高橋忠之氏の料理本をとりだして・・・ひとりごと。

先日の連休に訪れた志摩観光ホテル
「ラ・メール クラシック」でのランチのことは、
既に記したのですが、旅行後、書棚から高橋忠之氏の
料理本を多分25年ぶり位に引っ張り出してみました。
自分なりにちょっといろいろなことを思い出したので
ひとりごとのように記しておきます。

~~~~~
なつかしい本をめくってみると・・
a0154793_19272510.jpg

やはり、どの料理にも料理家の食材へのこだわりを強く感じた・・・
料理名も凝って想像力をあおる。
調理法の大まかな説明あるが、
すべてフランス料理用語で書かれていて、
近寄りがたい・・・
でも、その美しく美味しそうな料理の写真が
当時の私を魅了したことは間違いない。
a0154793_1955421.jpg

すっかり忘れていたが・・・付箋などが貼ってあり、
真面目にフォンドボーを作ったり、煮詰めて「グラスド・ビアンド」を
作っていたりした頃を思い出した。

高橋氏の素晴らしい本に出会い、
そんなにも感動したのなら、彼の現役時代に
レストランを訪れるべき・・・
なのになぜそれをしなかったのだろう・・?
思い出せば理由はいろいろあるが、
やはり、いつか行けると漠然と思っている間に、
月日が確実に過ぎていったということだろう。
そうこうしているうちにイタリア料理に自分のベクトルが
どんどん向かっていったのだと思う。

とにかく、フランス料理にしろイタリア料理にしろ、
当時からくいしんぼうであったことに間違いない(笑)

~~~~~

2015年5月の「ラ・メール」訪問から帰って来て、
高橋氏が現役だった頃の勢いのあるお料理を
食してみたかったという思いも確かにありましたが、
今、その思いは消えています。
そんな思い以上に、今回の旅行が実現できたこと、
美味しい海の幸が並ぶテーブルを
囲めたことに感謝の気持ちが湧いてきます。

そして今現在、料理家としての道を、
歩いていられることをしみじみ
ありがたいと思います。

これからも、食の探求続けます☆
[PR]

by isolala | 2015-05-24 20:18 | 旅行(国内) | Trackback

賢島での豪華なランチ☆

長年訪れたいと思っていた志摩観光ホテルの
フレンチレストラン「ラ・メール」に行ってきました。
かつて、このレストランのお料理を有名にした
高橋忠之シェフのお料理・・・特に鮑のお料理にあこがれて、
いつか訪れてみたいと思っていたのです。
気が付けば25年以上も過ぎていたなんて・・・!
(高橋シェフは地元の賢島に住んでいらっしゃるそうですが、
今は引退なさっています)

5月ゴールデンウィーク初日に、
東京を午前9時過ぎに発ち名古屋まで新幹線で、
そこから近鉄特急で、賢島へ。
目的地の志摩観光ホテル内のレストランに着いたのは、
14時少し前でした。
予約時間に何とか間に合いました;

広々としたレストランの一番奥の景色の良い席
でランチが始まりました♪

4名で各々、鮑のステーキコース、
伊勢エビのアメリカンソースコース、
スプリングランチコース、
シーフードカレーコースを
お願いしました。

それぞれ、鮑のスープ、伊勢エビのスープ、ガスパチョ、
ミネストローネを美味しくいただいた後、
私に運ばれてきたメイン料理は、
・鮑のステーキ ノワゼットソース
a0154793_22192995.jpg

蒸した鮑が柔らかく、鮑自体は思ったより淡白だったので、
バターソースをよ~く絡めながらいただきました。

そして、夫の頼んだコースのメインは
・伊勢海老のアメリカンソース
a0154793_22201815.jpg

(食べかけの画像で失礼します;)

スプリングランチコースのメイン料理は
・すずきの海藻蒸し
a0154793_22233394.jpg

・牛肉のミニステーキ イタリア風
a0154793_20113228.jpg


そして、シーフードカレーコースは
海老や鮑などが入ったカレーでした。
(写真を撮りそびれました;)
デザートは全コースとも、下のいずれかが付きました。
a0154793_2050555.jpg

a0154793_22501929.jpg


上記の鮑のステーキや伊勢エビのアメリケーヌは
高橋シェフの時代のレシピを受け継いで
つくられているということでした。

食後はホテルの周りを散歩したりして、
のんびり過ごし、
夕方、賢島駅から在来線に乗り、列車の中から時折見えてくる海や新緑
を眺めたりしながら、宿泊先の鳥羽へ向かいました。

追記:食の日記とは言え、食べ物以外の画像もアップしておきます^^
鳥羽の宿泊先ホテルの窓越しからの風景
a0154793_14113595.jpg

夕焼けも心洗われる風景でした☆

翌朝は、伊勢神宮へ・・
宇治橋は連休で混雑していましたが
橋から眺めた五十鈴川・・
a0154793_1335266.jpg

りんとした静謐さをたたえていました。

伊勢神宮内の美しい新緑の中を
観光客とぞろぞろ歩くのも、良い気分でした。

ご参拝を終え、おかげ横丁に向かうと、
ランドマーク?の赤福の前も混雑・・
a0154793_13465642.jpg

連休の人混みを覚悟して強行した旅でしたが、
賢島、鳥羽、伊勢神宮・・・本当に良い空気が
流れていて、おかげさまで
心にのこる良い旅ができました☆
[PR]

by isolala | 2015-05-09 23:58 | 旅行(国内) | Trackback

小豆島 「なかよし屋」農園見学☆

小豆島旅行記の続きです。

早速、オリーブ農園に行きました。
昨日も今朝もオリーブの木はたくさん目にしているのですが、
元気なオリーブの木を見る度、嬉しくなって、近寄って葉っぱや実を
見ているだけで、幸せを感じます。
いつから、こんなにオリーブのことが好きになったのでしょうか・・・
a0154793_17303532.jpg

というわけで、またまた農園見学です♪
a0154793_15174516.jpg

小豆島がオリーブを栽培することになったいきさつや
オリーブの実が健康に育つために
気を付けている事柄などを
堤さまが説明してくださいました。

今から約100年前、ツナなどの魚を保存するための
オリーブオイルを自給する目的で、当時の農商務省が
三重、鹿児島、そして小豆島を候補にしました。
三つの中で小豆島だけが、栽培に成功し、現在に至っています。
詳しくは「なかよし屋」をクリックしてみてくださいね~
楽天市場のサイトですがページ中頃に
小豆島のオリーブオイルについて分かり易い説明があります。

a0154793_16591594.jpg

上の写真は小豆島の主要品種「ミッション」です。

レモン畑も見せていただきました。
a0154793_1784528.jpg

レモンが可愛く育っています~
青いレモンも人気があるそうです。
a0154793_16542117.jpg


この後、オリーブ牛を見に連れて行ってくださいました。
その途中で見た絶景です。
a0154793_17121838.jpg

a0154793_1713510.jpg


牛舎に到着。
a0154793_15543115.jpg

オリーブ牛とは、オリーブオイルを絞った後のオリーブを食べて
育つ牛のことだそうです。
「なかよし屋」のオリーブ農園のオリーブを食べている牛との対面でした。
a0154793_1554272.jpg


農園見学の後、堤さまが時間がまだあるのなら・・・とエンジェルロードに
連れて行ってくださいました。

満潮の時には海に沈み、干潮の時だけ島につながる道が現れる・・
このつながった道の上で手をつなぐと願いが叶う・・とか。
ロマンチックですね~
a0154793_15255399.jpg

ナルホド、ハートの絵馬がたくさんありました~縁結びロードですね。
a0154793_15274466.jpg

堤さまは、暑い中、私たちを待っていてくださり、ありがたいことに
土庄港まで送ってくださいました。


高速艇の待ち時間に、港前にあった
ニ十四の瞳、「平和の群像」のブロンズ像を観ました。
a0154793_15294435.jpg


高速艇で、高松駅に着くと、1時間位の待ち時間がありました。
まだ、5時前で夕食には早いけど・・・讃岐うどんはハズセナイね(笑)
となり、いつのまにか、Iさんが、リムジンバスの切符売り場の
お姉さんに、近くに美味しい讃岐うどんのお店がないか
聞いていたのでした~

この讃岐うどんが大当たり♪
大根おろし、ネギ、天ぷら数種をセルフサービスで盛り付けます。
私のは天ぷらなしのもの・・既に食べかけだったので;
Iさんのもの(+レンコンの揚げ物)を撮影。
a0154793_16403585.jpg

最後の最後まで、ラッキーな旅でした。

小豆島の景色やオリーブたち、人情厚い方々との出会い・・・
皆さま、本当にお世話になり、ありがとうございました。

小豆島はまたいつか訪れたい場所です☆
[PR]

by isolala | 2012-09-03 15:15 | 旅行(国内) | Trackback

小豆島 中山千枚田周辺を散策☆

小豆島の旅の続きです~

この日は、午後1時から、土庄(とのしょう)にある農園を
訪問予定だったので、その前に、タクシーの運転手さんおすすめの
「こまめ食堂」で早めのランチをしました。
a0154793_2371648.jpg

今朝は、バイキングの朝食だったので、お腹は空いていなかったのですが、
メニューにソーメンを見つけ・・・これはハズセナイ~1人前を2人でシェアしました。
この何気ないソーメンが美味しかったんです~
やはり本場だからでしょうか?
小豆島産のソーメンは東京でもポピュラーなものだと思いますが
少しだけ太めのソーメンは、程よい歯ごたえがあり、麺自体が美味しい☆
思わず写真撮影・・・食べかけで失礼します;
a0154793_23141663.jpg

そして小豆島の観光名所ともなっている中山の千枚田(傾斜地にある稲作地)
が目の前に。
a0154793_23164462.jpg

この景色を眺め、外気を感じながらのソーメンでした・・・♪

直ぐ近くの名所をサクサクっと観て・・・
・農村歌舞伎舞台
a0154793_23335540.jpg

・中山千枚田のヴューポイント
a0154793_2335731.jpg

タクシーで、土庄の町役場へ向かいました。

町役場のすぐそばにある土渕海峡・・
小豆島本島と前島の間を流れる全長2.5キロの
世界一狭い海峡だそうです。
a0154793_2335316.jpg


町役場前で、午後から訪問させていただくオリーブ農園の
堤さまが、車で、迎えに来てくださいました。

国産のオリーブオイルの生産地の小豆島で、
最後の最後まで、オリーブ農園見学です☆


その様子は次回に~

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2012-09-03 08:35 | 旅行(国内) | Trackback

小豆島に行ってきました☆

小豆島には、美味しいものがたくさんあるんですね!

以前から、オリーブオイル関連で、小豆島に行きたいと思ってはいたものの、
なかなか訪れる機会もないままになっていたのですが、
ありがたいことに、今回、いろいろなご縁が重なり、
1泊2日の短い旅でしたが、充実した食材の研修旅行になりました。

高松空港に出迎えてくださったYさんが30分位の高速艇の待ち時間を利用して
素敵な景色のところに案内してくださいました☆
a0154793_16134819.jpg

高速艇で小豆島入りし、
まずは、お醤油の香りが漂っている「醤の郷」と呼ばれる地域にある
「マルキン醤油記念館」を訪問しました♪
1時間以上も大野常務さまに、醤油の製造工程などの説明とともに、
丁寧に案内していただきました。
製造工程のパネルや道具の展示などもあり、
下の写真の樽には・・・何となく記憶の底に眠っている
懐かしさのようなものを感じました。
a0154793_16141169.jpg

下の醤油差しは、万博記念に特注したという、岡本太郎氏の作品だそうです。
やはり、オリジナリティーがあって、楽しいですね。
a0154793_16143285.jpg

創業1907年・・・約100年の歴史は、日本の食文化の歴史とも通じるもので
興味深いものでした。
お醤油やお味噌作りは、正に日本が世界に誇れる食文化です。
子供や若い世代に、この素晴らしい食文化をお料理を通して、
継承していかなければ・・・という思いが湧いてきました。

醤油記念館の見学後は、工場をぐるっと周りました・・・
内海に面しているんですよね・・・
a0154793_1615611.jpg

敷地が広々としていて、ちょうどお昼休みで、
何人かで楽しそうに体操をしていたり・・・
和やかな雰囲気でした。
a0154793_16152689.jpg

a0154793_16154557.jpg

重要文化財の建物のの扉の向こうにある・・・
a0154793_1616622.jpg

310個あるという貴重な天然醸造蔵の一部を拝見させていただきました。
a0154793_16162250.jpg

創業時から守られ維持されているこの桶は圧巻でした。
美味しい醤油ができないはずはないと納得しました。
詳しい様子は→マルキン醤油記念館

見学の後、売店で、知る人ぞ知る?
しょうゆソフトクリームを試食♪ 
a0154793_2252422.jpg

ちょっぴりしょっぱくて、とっても美味しい~!
おススメです☆

この後は、オリーブ公園や「東洋オリーブ」を訪れました~

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2012-08-30 14:37 | 旅行(国内) | Trackback

アマルフィの太陽を求めて・・・クリック?

毎日寒いですね~
朝、ストーブの前で「春よこい♪早く来い♪」と思わず口ずさんでみました・・

さて、「トリップアドバイザー」ってご存知ですか?
旅行の情報サイトで、私も旅行前などに何度かクリックしたことが
あったのですが・・・
そのサイトのおすすめ現地情報としてイゾラーラブログが掲載されてます。
私もクリックしてみたら、太陽がいっぱいだったアマルフィにトリップできました♪
もしよかったら、昨年の9月に訪れたカンパーニャ州 アマルフィー海岸のブログをクリックして、しばし暖をおとりくださ~い(笑)

2月のイゾラーラ料理教室のドルチェには、先月の
「あんずのクロスタータ」に使ったトルタ生地のレシピの応用で、
「レモンのトルタ」を作ります。
(そのまた応用の?レモンのデリッツィアは
夏頃に予定してますのでね~・・)
アマルフィのリモンチェッロを隠し味に使います。
近日中にアップ予定デス~☆
[PR]

by isolala | 2012-01-31 21:46 | 旅行(国内) | Trackback

京都 和久傳

前回のプチ旅行記の続きです。
帰りの新幹線に乗る前に、向かう先は京都駅伊勢丹11Fにある和久傳です。
コース料理ですが、予約時に新幹線の出発時間を伝えておくと
時間に合わせてお料理が出てきますので、安心してゆっくり
賞味できます~♪
この日は18時から19時30分までの1時間半、
ゆっくり食事ができました。

・しま鯵の刺身
a0154793_12502725.jpg

  
・蓮根まんじゅうとつまみ湯葉のすりながし
a0154793_12512233.jpg

  
・鮎の塩焼き
a0154793_12514649.jpg

 
・鱧のおこわ蒸し
a0154793_134892.jpg
 
 
・丸茄子の冷やし田楽
a0154793_12522913.jpg

 
・鯛のお寿司
a0154793_1301270.jpg

 
・小玉すいか1切れ(写真撮り忘れデス;)

京都、伏見のお酒を盃にちょこっとだけいただきながらの夕飯は・・・
すべて美味しかったんです。
板前さんが、丁寧にきちんと仕事をしている
というような印象の和食でした。
美味しくて・・気取りのない・・どこか懐かしい味・・でした。

今回、1泊だけの旅行でしたが、心に残る思い出になりました。
明日からまた、がんばろうって気持ちになりましたよ~☆
[PR]

by isolala | 2010-08-12 15:54 | 旅行(国内) | Trackback

夏の京都、天龍寺の庭園

前回の関西、プチ旅行の続きです~
大阪から京都に移動して一泊した朝、渡月橋に行きました。
今回の旅は大阪に用事があったため用事を済ませたら
直ぐに東京へ戻る予定だったんですが急に京都1泊を盛り込んだんです・・
a0154793_202359.jpg

人出もさほどでもなく、
桂川から眺めた、嵐山の緑が美しく、何だか元気が出てきて、
天龍寺まで歩きました。
こちらが平成6年に世界文化遺産に登録された庭園です。
a0154793_20275794.jpg

回廊に座ってゆっくり庭園(曹源池)を眺めながら、のんびりと過ごしました。
確かに暑かったのですが、春や秋の美しい京都をタイムリーに訪れるのは、
なかなか難しく、またいつになるか分からない・・
家族のシチュエーションも様々に変わる中で、あっという間に月日は流れて
いってしまうのです・・・
「たった1日でもいい、思いきって来て良かったなあ・・」
美しい庭園を眺めながら
しみじみと、そんなことを思ったりしました。
天龍寺から大河内山荘に抜ける、優美な竹林の小路を歩きながら
時どき、吹き抜ける風に立ち止まって涼をとったり・・
少しなまあたたかい風ではあるんですけれども(笑)
a0154793_20452447.jpg

水分補給を言い訳に(笑)甘味処にも寄って
こんなものもいただきました♪
☆自家製桜餅
a0154793_12491764.jpg

☆くずきり
a0154793_12495155.jpg

☆フルーツあんみつ
a0154793_1250465.jpg

(以上、銘々、美味しくいただきましたが、お店の名前が分かりません;
天龍寺の近くにあって、店頭のショウケースに自家製桜餅を並べてるお店です;)

エネルギーを充電して、嵯峨野を後にしました。
紅葉の頃を頭に思い描いたり・・
桜の美しい風景を想像したり・・余韻が残るのも京都の魅力なんでしょうね☆

「紅葉の頃にまた来たいね・・」と話しながらこの後は、祇園に向かいました。
バスから夏らしい鴨川が見えましたのでパチリ。
a0154793_214359.jpg

祇園に着いて、また、ふらふらと水分補給♪
京都には甘味処がたくさんあって、楽しいデス♪
祇園界隈をぶらついた後、京都駅へ。
この日の夕食は、新幹線で東京に戻る前に、
美味しい京料理で締めくくりました☆
その様子は次回アップしますね~♪
[PR]

by isolala | 2010-08-11 23:05 | 旅行(国内) | Trackback

夏の大阪、パワフルな街

ブログにお立ち寄りいただいた皆さま、

暑中お見舞い申し上げます。

週末、1泊だけですが関西方面に行って来ました。
大阪、京都も暑かったです・・
が、今年の東京の暑さに慣れていたので、
さほど・・耐えられないと言うほどではありませんでした。。

淀川の花火大会の日だったせいか、
たくさんの人でいっぱいだったので・・
カメラをちょっと上にずらして撮影してみました。
a0154793_11204820.jpg

a0154793_11211767.jpg
a0154793_1121489.jpg

食べ物関係の看板などが、暑い夏にも負けてない
エネルギッシュな印象を与えるのかも知れませんね~
パワフルな街、難波シティーをぶらりと歩いた後は
京都に移動しました。。。
その様子は次回、アップしますね~☆
[PR]

by isolala | 2010-08-08 22:48 | 旅行(国内) | Trackback