'17夏 モリーゼ州④ トラットリアで夕食☆

旅行記:

2017年7月31日

夕食は郷土料理のお店に行った。
家族経営なためか、メニューの品数がとても少ないので、
ちょっと物足りない感じがしたが、
代表的な家庭料理しか置いていないということだった。

とりあえずビールを飲みたいSさんがビールを飲んでる間、
メニューをゆっくりリサーチして、親切なカメリエレと
相談しながら注文を決めた。

アンティパストは、軽いものにしたかったが、
ハム・サラミ類が主だった。
唐辛子を練りこんだサラミ(ベントリチーナ)を
すすめられたが、少し胃に重そう・・・
(それにベントリチーナはアブルッツォ州の料理と認識していたが・・)
とにかく、
メイン料理はお肉しかないので、そこまでたどり着けるように
アンティの注文を見送った。

地元の赤ワイン
’ティンティリア’とともに、
最初に食したものは・・・

☆ピッツァのミネストラ Pizza e minestra

a0154793_14525030.jpg

これだけでお腹がいっぱいになるような
具だくさん・・・材料は、とうもろこし風味のプレーンな
ピッツァ?とほうれんそう、トマト、玉ねぎ、にんじんなどの入った
ミネストラが混ざったような料理。
いろいろな野菜の入ったパン粥のような味で、滋味深く美味しい。
そして、仕上げにかかっているオリーブオイルも美味しい。

メイン料理は、
☆3種の肉(仔牛、豚肉、仔羊)のロースト

a0154793_16321575.jpg

昨日のアグリの夕食でも、羊の串焼きが出てきた・・
これもアブルッツォ州の郷土料理として認識していたが、
モリーゼ州の料理でもあるのだろうか・・
やはり、1964年まで同一の州だったからか、
似た料理が多いようだ。

モリーゼ州を代表するブドウ品種ティンティリア100%の
赤ワインはやはり郷土料理とも好相性☆

最後に、
カンポバッソ産のフィノッキエット(野生のフェンネル)で
作ったという食後酒をサービスしてくださった。


a0154793_17081856.jpg
これがほんとうにびっくりするほど
美味しかった。
「もういっぱいどうぞ」と言ってくださったが、
アルコール度が強そうだったので、
勇気をもって?断った・・・
明日も朝早く、アブルッツォ州への移動があるのだった。

翌朝はいよいよ、尊敬するペッピーノシェフに会いに
アブルッツォ州マイエッラへ・・・

その様子は次回に~

旅行記つづく・・・



[PR]

by isolala | 2017-09-23 17:36 | イタリア旅行’17 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/237785363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。