'17夏 モリーゼ州にて② アグリツーリズモ周辺を散歩☆

旅行記:

2017年7月31日

アグリの朝食は、甘いパンやお菓子がカウンターに
並んでいる。
自家製のチーズケーキ、ヨーグルトケーキ、トルタデッラノンナ
を少しづつ、カッフエ、フレッシュいちじくも取り分けた。
a0154793_13052728.jpg
気温が上昇しないうちに
アグリの裏手にある農園を見学。


a0154793_13082850.jpg

小さなりんごがたくさん実った木
a0154793_13080156.jpg

収穫されたきゅうりやズッキーニ

a0154793_13065259.jpg


・ローズマリー、フィノッキオが野性的に広がっている。
a0154793_13074304.jpg


山羊小屋や牛舎


a0154793_13091163.jpg



鶏舎、その前を横切るアヒル・・・
ひろ~いところで、のびのびと育っている。

a0154793_13063589.jpg
あちこち、
見学している間に陽射しが強くなってきた。
だだっぴろ~い土地には、
遮る建物がほとんどないので
真夏の太陽が容赦なく照り付けてくる。

見学から戻ったら、だれもいない・・
一人だけ掃除番の女性を発見。
彼女の話によると、
パパは畑のどこかに、
マンマは郵便局へ、ピノはお供運転。

バス停が遠く、タクシーなんてものはない。
掃除番の女性がバス停まで親切に、送ってくださるというが、
バス亭に着いたとしても、スーツケースもあるし、
時刻表が分からないので炎天下、バスを待つのも大変そうだ。

彼女がピノにTEL・・
「用事が終わらないので、すみませんが、
友達を代わりに行かせるので、30分位
待っていてください」とのこと。

その間、陽射しを遮るぶどう棚の下に行ってみたり、
a0154793_13061699.jpg
ロビーで、地図を見たりしながら待った。

ピノに頼まれたという青年がやってきた。

タクシーのように値段を相談して決めて、
カンポバッソまで送っていただいた。

日本に旅行したことがあるということで、
田舎の舗装されていないでこぼこ道を走りながら、
サッカーの本田選手を応援していることや、
京都の話など、楽しく話しているうちにカンポバッソに着いた。


この後、街を散策。
そして、郷土料理の夕食など・・その様子は、
次回に~


つづく・・・



[PR]

by isolala | 2017-09-15 14:36 | イタリア旅行’17 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/237753257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。