’17夏 モリーゼ州にて① アグリツーリズモの夕食☆

旅行記:

2017年7月30日

夕方、モリーゼ州のチェルチェマッジョーレという地域にある
アグリツーリズモ(農家体験型宿泊施設)に着いた。
主要都市のカンポバッソ県から約20キロ南に位置する。

これまでイタリアの田舎に滞在したことは
何度かあるが、ここまでの田舎は初めてである。
BSテレビ番組の「小さな村の物語」に
出てきそうな・・とにかく
丘陵地帯にポツンと存在するアグリに着いた。


今夜はアグリの厨房で、
何か1品モリーゼ州の郷土料理を教えていただきたいという
希望を事前のメールのやり取りで伝えていた。

この家族経営のアグリは、
環境に配慮しながら優良食材を生産していて、
この地域の代表農家として、
バンディエラ ヴェルデBandiera Verde 
という賞をもらっているということだった。


今日は、アグリの裏手にある会場で、
小さな結婚披露宴があり、
マンマはその準備で忙しそう。

パーティーのメイン料理は羊肉などの
炭火焼き料理ということだった。

私は、夕方からアグリの階下にあるバール兼オステリアの
厨房に入り、見学させていただいた。
途中、マンマがラビオリを運んできた。


a0154793_00331055.jpg

「朝、ラビオリを仕込んだから、宿泊客の
夕食用に・・・」など、息子さんのピノ氏と打ち合わせ。

そして、私には「今夜は、広い台所が結婚パーティでごったがえしているから、
よかったら、こちらの厨房で、チーズのポルペッティーネをピノといっしょに作る?
モリーゼの料理だから」と言ってくださったので、すぐに手伝い始めた。
ピノさんとスタッフの女性はとても手際よく親切だった。

自家菜園のきゅうりは、大きいので大味かと思いきや、濃い味で甘みがある。


a0154793_01465771.jpg
・きゅうりとトマトのサラダ・・



a0154793_02055664.jpg
シンプルなサラダが美味しい。



チーズのポルペッティーネは・・


a0154793_00301184.jpg

・・炒めた後、トマトソースで煮込む。

この料理は、イタリアの料理学校で、
アブルッツォ州の郷土料理として習ったものだった。

モリーゼ州の北西に位置するアブルッツォ州とは1964年以前は
同じ州だったのだから、似た料理もあるようだ。


アグリの宿泊客(3組)の料理を作り終わったので、
私もお料理を運んで食卓についた。

☆自家製生ハムなどの前菜

a0154793_02121744.jpg

☆ラグーのラビオリ  
a0154793_00345411.jpg
特別に、サマートリュフがかかっていた。


そして、マンマが結婚披露宴会場の台所で焼いて運んでくださった
☆羊の串焼き

a0154793_00363837.jpg


☆食後の自家製フルーツ


a0154793_02491355.jpg

モリーゼ州の食にふれ、楽しい時をすごした。

食後、このアグリのパパの70歳の誕生日祝いをするからいっしょに
飲もうとのお誘い・・・
1日の疲れが出たからか、時差の影響か
椅子に坐わっているのもつらくなってきたので、
折角だったけれど、部屋に戻り就寝。


旅行記つづく・・・





[PR]

by isolala | 2017-09-15 03:49 | イタリア旅行’17 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/237751693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。