ヴィンチスグラッシ☆

今月の教室レッスンのメイン料理に作った
ヴィンチスグラッシは、
マルケ州の郷土料理です。

イタリア語らしくないこの料理名について、
いろいろな説があるらしいのですが、
その1つとして、
18世紀に書かれた、マルケ州伝統料理の本で
紹介しているヴィンディッシュグレーツ
のことであるという説。
他には、やはり18世紀にオーストリア軍の
ヴィンディッシュグレーツ将軍のために
作られたものが定着した
という説などがあるようです。

いずれにしてもマルケ州独特のラザニア料理です。
☆ヴィンチスグラッシ Vincisgrassi
a0154793_1443277.jpg

ラザニアといえば、日本で知られているものは、
エミリアロマーニャ州発祥のもので、平麺にボローニャソース、
ベシャメルソースなどを重ねて焼くタイプですが、
マルケ州のものは、お肉の臓物系のソースを入れます。

6年前に習って以来、日本でも見つけやすい鶏レバーを使い、
アレンジを加えた郷土料理・・「案外あっさりしていて美味しい」
という意見多数・・レバー嫌いな方も
おかわりした方数名^^

イゾラーラ料理教室では、あまり臓物系の
食材は使わないのですが、このお料理は
レバーなどの奥深い味が効果的に出せる・・
お料理なのです。

今月はメインにもドルチェにもマルケ州の郷土料理が、
満を持しての初登場でした☆
[PR]

by isolala | 2016-01-29 15:08 | 教室の様子・メニュー | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/22312078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。