パルミッジャーノ・レッジャーノ×パルマハムのセミナー☆

先週、パルマ在住のNさんにお誘いいただき、
表参道にあるリヴァ デリ エトゥルスキという
リストランテで行われたセミナーに行ってきましたよ~
まずは席についてしばらくすると、生ハムの盛り合わせが運ばれてきました。

a0154793_19193753.jpg

パルマ食のオーソリティーである西村明美さんの説明を聞きながら、
厳選されたワインとともに、24か月と30か月の
熟成期間の異なる生ハムの違いを・・・
感覚を研ぎ澄まして味わいましたよ~

後半はイタリアのパルマにあるプロ向けの料理学校
「アルマインターナショナル」のソムリエコースの講師である
マッテオ・ペッシーナ先生の説明を聞きながら・・・
24か月と36か月熟成のパルミッジャーノ・レッジャーノを味わうという、
何とも贅沢なセミナーでした。
a0154793_20215113.jpg

添加物をいっさい使わず、昔ながらの伝統製法を守り続けている
パルミッジャーノ・レッジャーノ チーズ、パルマハムの熟成した味わいと
厳選されたワインとの組み合わせは楽しくて、興味深いものでした。
中でも印象的だったのは、白ワイン・・・
少し果皮の味わいも感じる味わいの中に、すっきりとしたミネラルを感じる
ピノ・グリッジョと24か月熟成の生ハムの中に感じるかすかな酸味や薫香
が相まって、予想以上に美味しくて、新鮮な驚きでした。

そのあとのランブルスコは間違いのない美味しさでしたが、
バローロに30か月のハムや36か月のチーズを合わせるというのも
熟成の旨味が増して、とても美味しい組み合わせでした。
a0154793_20234324.jpg

パルマ特産品の底力を再確認しながら、ほろ酔い気分になりながらも;
「美味しい~」「合う~」で楽しく終わるわけにもいかず、
懸命にメモしてきました・・セミナーですからね。
後で何とか判読もできました^^

セミナーが終わり、お二人の講師を記念撮影~パルミッジャーノ・レッジャーノの上に
本日試飲したワインをのせて~
a0154793_19591989.jpg

楽しくて有意義なセミナーでした☆


この後は、翌日の「よみうりカルチャー」での料理講座の
準備があったため、足早に南青山を後にしたのでした。
[PR]

by isolala | 2014-06-23 22:17 | 料理・食材 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/19929310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。