ヨータ という名のスープ☆

今月の教室メニューのプリモには、
イタリアの北東に位置するフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の
郷土料理、ヨータを作ります。
☆Jota(ヨータ)
a0154793_22234144.jpg

ザワークラウトやいんげん豆など具だくさん・・・
厳しい寒さで冷えた体を芯から温めてくれるズッパ(スープ)です^^

この郷土料理ヨータを作るにはザワークラウトの缶詰、
あるいは瓶詰が必須です・・・
現地ではどこのスーパーにも必ず置いているという位
ポピュラーなものです。
日本ではドイツ料理として知られていますね・・
フリウリ・V・J州では、
地理的要因や歴史的背景も重なって、
東ヨーロッパ料理を想像させる
独特な食文化が形成されています。

さて、日本では、見つけにくいかもしれないザワークラウト・・・
自分であれこれ作って、自家製で「ヨータ」を試作しました。
上品な酸味のある仕上がりで、それはそれで美味しいのですが・・・
トリエステで習ったあのインパクトのある味にはならず;

このお料理に使うザワークラウトは、自家製(写真左側)
よりもここはやはり、既成の瓶詰めを使うことにしました^^
a0154793_22421498.jpg

脂肪分をかなり減らすなどのアレンジを加えていますが、
複雑な味わいの中に、酸味も効いている・・
トリエステで習ったあの「ヨータ」を思い出す味に
なっています^^

今月はコース料理の段取り上、通常はアンティパストになる
テリーヌをセコンド料理とします。
予め用意したものと当日に作るものを
味わってみましょう☆

田舎風テリーヌの仕上がり時間の合間に、
簡単なソットアチェート(ピクルス)を試食したり♪
a0154793_22581371.jpg

菜園風パスタサラダにオリオノヴェッロ(新オイル)を
たっぷり掛けて、新オリーブオイルの味と香りを確かめたり♪
待ち時間を有効に使う予定です~☆
[PR]

by isolala | 2014-01-16 14:25 | 教室の様子・メニュー | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/19348627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。