カストロヴィッラリの家庭料理☆

旅行記のつづきです。

2011年9月15日木曜日
夕方からルチェッタとの料理が始まった。
この辺りの主婦が良く作るという簡単なニョッキを教わった。
じゃがいもを使わずセモリナ粉で作る・・・
a0154793_11521918.jpg

a0154793_11524480.jpg

ニョッキと言えばじゃがいものホロホロ感を残す仕上げに拘って作る
私には意外な材料だった。
もちもちしすぎて・・粘りもでるのでは?
と思っていたが、、、、その歯ごたえのあるもちもち感が面白く、
ブラチョーレのソースと絡まって美味しかった。
何より粉と水さえあればできるというところに、
やりくりするマンマ達の知恵を感じた。

豚肉のブラチョーレ・・
a0154793_121875.jpg

ソースをパスタに使い、お肉をセコンドにするのは
プーリア州などでも同じで・・・南イタリアの家庭料理の知恵として
定着しているようだ。

予め作っておいたペペロナータは食べる直前ににパン粉を振って、
オーブンで焼いた。
a0154793_15265215.jpg


ドルチェは新鮮で美味しいフルーツがたくさんあるので・・
a0154793_15371687.jpg

クロスタータと同様の生地に
クレーマ・パスティッチェリア(カスタードクリーム)を広げて、
フルーツを飾った。
a0154793_1153105.jpg

今夜もまた心地良い外での美味しい食事。
オランダ人ご夫妻(B&Bのお客さま)が加わって賑やかな食事となった。
(話せない英語がますます話せなくなっている自分に気づいて焦る)
とてもフレンドリーで感じのよい二人はバカンスでカラブリアに旅行中で
前日はトロペアにも行って泳いできたらしく、
トロペアの海がきれいだったと言っていた。
イタリア語と英語が入り混ざって、ブロークンな所がまた面白く、
よく笑った。

この日異なる国の人々をリラックスさせてくれた、
カストロヴィッラリの家庭料理の功績は大きいと思うな~☆

カラブリア州、カストロヴィッラリ・・・短い滞在だったが
マンマの料理もどれも美味しく、
出会った人々の温かいおもてなしの心に包まれて、
本当に居心地の良い場所だった。
Grazie di cuore!


明日は朝早く、アマルフィーに出発。
その様子はまた次回に・・・

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2011-10-12 13:57 | カラブリア州2011 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/13794790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。