サルデーニャのポルケッドゥ 

回想記
2008年11月22日
サルデーニャ名物料理の昼食が始まった。
乳飲み子豚の丸焼きのポルケッドゥを待つ間に、いくつかのアンティパストを注文。
a0154793_0481412.jpg

上の写真、白いものはほんのり甘い、羊チーズリコッタで、
パンに塗って食べると止まらない美味しさだった。
他のものは、レバーのソテーのオリーブオイル漬けのようなものや、
玉ねぎのアグロドルチェやペコリーノチーズをハムで
巻いたもの等々だった。

そして、サルデーニャにしかないパスタ
ピンボケでごめんなさいの
☆ロリギッタス 猪のラグーソース
a0154793_0483493.jpg

三つ編みみたいにねじったものにラグーソースが絡んで、とびっきり美味しい。

そして、
☆Porcheddu ポルケッドゥ
a0154793_0485769.jpg

皮がパリパリに焼けていた・・野菜スティックをかじりながらいただいた。
思いの外、野性的な香りがした。
これは好みが分かれるかもしれない。
食べる人も野生的な気持ちになって?地元のワインなどを飲みながら、
豪快に食べられる人には、美味しいお料理だと思う。

サルデーニャの伝統料理・・・日本では馴染のないものも多くて、ひとつひとつの
お料理が刺激的に私の食のアンテナに引っかかってくる・・・

つづく・・・
[PR]

by isolala | 2010-01-12 22:42 | サルデーニャ2008 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/13270974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。