バーニャカウダ☆

4~5年前くらい前だったでしょうか・・
日本で、ピエモンテ州の郷土料理であるバーニャカウダが大ブレイクしして・・・
今では、おしゃれなイタリアンとして、
定着しているように思います。
バーニャカウダソースにつける野菜としては、
赤、黄のピーマンやセロリ等の生野菜のスティックも美味しいとは思いますが、
お芋や花野菜(ブロッコリー、カリフラワーなど)、かぶなどの
温野菜がソースと絡まりやすく、より美味しいと思うのです。

本場のピエモンテ州では、バーニャカウダ用の野菜には、
トピナンブル(菊芋)とカルドが有名です。
ピエモンテの人達にとっては
バーニャカウダの野菜として真っ先に思い浮かぶ野菜のようです。
トピナンブルはサトイモに似ています。
先日、菊芋を見つけたので、バーニャカウダソースを絡めて見ました・・
菊芋のバーニャカウダ☆
a0154793_0395761.jpg

菊芋は、見つけ易いサトイモで充分代用できます・・お薦めデス!

昨年秋、北イタリアのブラというスローフード協会がある町の名店、
「ボッコン・デ・ヴィーノ」というオステリアのメニューの中に
カルドのバーニャカウダがあったので注文してみました。
カルドのバーニャカウダ☆
a0154793_0252989.jpg

見た目は地味ですが・・美味しいんです・・・カルドというのは
(そのままではえぐみがあるので、レモンを入れた水で煮て、下処理をする)
程良い苦みがあり、美味しくて印象的な味でした。

日本に帰ってきてから、菊芋やカルドに代用できそうな野菜を
見つけるとバーニャカウダにしてみたりしてました~
最近試した野菜はうど、蕗などです。

下の写真・・うど、菊芋、蕗などの野菜を敢えて選んで下処理中。
a0154793_161982.jpg

うどのバーニャカウダ☆
a0154793_194281.jpg

ふきのバーニャカウダ☆
a0154793_1103568.jpg

上の写真のどれもが新しい味との出会いでした。
バーニャカウダが楽しく味わえますよ~お薦めです!

イゾラーラ料理教室でもまた、次の秋・冬あたりに登場させたいと
思っているバーニャカウダですが
5月の「鎌倉deオリーブオイル」のプチイベントで
バーニャカウダソースをご紹介します。
鎌倉野菜との組み合わせが楽しみです♪

下の写真は最近、我が家の食卓にのぼった
バーニャカウダです。
a0154793_1243442.jpg

イモ類、花野菜など、美味しい野菜を3~4種類揃えて、バーニャカウダソースを
組み合わせると、野菜をたくさん美味しくいただけますよ~☆
[PR]

by isolala | 2011-04-28 23:31 | 料理・食材 | Trackback

トラックバックURL : http://isolala.exblog.jp/tb/12485064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。